福岡県「田川」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

福岡県田川医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
田川医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

福岡県の二次医療圏「田川」の概要と特徴

1はじめに

〈福岡県南東部、旧筑豊炭田東部の地域〉
福岡県の二次医療圏である田川は、福岡県南東部の旧筑豊炭田東部に存在した地区に設定された医療圏です。 田川医療圏に含まれる自治体は、田川市と、田川郡に属する香春町、添田町、糸田町、川崎町、大任町、赤村、福智町の1市6町1村で構成されています。
田川医療圏の面積は363.65平方キロメートルで、平成24年8月1日現在の圏域内の人口は13万人余りです。

2田川医療圏の特徴

〈かつての筑豊炭田の中心として賑わった地区も、現在は生まれ変わりを模索中〉
田川医療圏は北を北九州市小倉南区、西を飯塚市、東を行橋市、南を大分県と接していて、 周囲を大都市や新興都市に囲まれた地域です。
中世からこの地区に石炭の炭田があることが知られ、明治期以降石炭の炭鉱が国策として開発、生産されるようになりました。 以後この地区は、明治、大正、昭和の約100年間に渡り日本のエネルギー政策の中心を担う地域のひとつとして盛況を博しました。 現在では炭鉱はすべて閉山して、炭鉱労働者で賑わった田川医療圏内も基幹産業の切り替えを余儀なくされ、気候を活かした農業、修験道の山である九州の霊峰・英彦山などの観光産業、 そして石炭採掘以前から存在する漆喰や陶芸などの伝統工芸品製造業を中心として、かつての石炭に依存した産業構造からの転換を模索しています。
交通の面では、石炭産業が華やかな頃に網の目のように引かれていた鉄道線も炭鉱閉山後に順次整理・廃止され、現在の田川医療圏内には、北九州市と大分県日田市とを結ぶJR日田彦山線が南北方向に、 行橋市と直方市を結ぶ平成筑豊鉄道が東西方向に通っています。更に医療圏内の田川市からJR後藤寺線により飯塚市と結ばれ、医療圏内に平成筑豊鉄道の支線も存在して、 田川医療圏内はほぼ鉄道で結ばれています。
また道路では、圏内に自動車道こそ無いものの、北九州市方面へは国道322号が、飯塚市や行橋市方面へは国道201号があり、交通の便も良好です。

3田川医療圏の医療体制

〈産業構造切り替え時の産みの苦しみからようやく脱却中〉
田川医療圏の中核病院は田川市立病院ですが、石炭産業の衰退での田川市の人口減により、一時期は経営難に陥る事態も発生しました。 現在田川市立病院は再生して医療圏全体の中核を担う役割を取り戻しています。圏内には総合病院が6ヶ所存在しています。

4田川医療圏の医師数の現状と未来

〈医師数の不足と圏外へ向かう患者の多さが課題〉
平成22年12月31日時点での田川医療圏の人口10万人あたりの医師数は176.1人で、全国平均の219.0人を大きく下回って県内でも最低に近いレベルです。 福岡県全体では274.2人と全国平均を大きく上回っていることから、福岡県内での医師の偏在が大きく見られること、及び石炭産業の衰退での産業構造の変革による圏内人口の減少など、 地域再生の産みの苦しみが今まだ尾を引いているものと考えられます。
また、田川医療地域内に在住して入院している患者の約33%が、田川医療地域外の病院に入院しているという現実もあります。 この点も地域再生の中での医療機関不足により、やむをえず他の医療圏の病院に入院せざるを得なかった事情が生じた結果と考えられます。
田川医療圏では現在、田川市立病院を中心として「医療圏内で医療が完結する医療サービスの提供」を目指して、地域医療の取り組みを始めています。 その点からも、今後新しい医療形態が構築され、医師にとっても働きやすい医療圏となりつつあります。

福岡県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		福岡県のコンサルタントに求人紹介を依頼する