福岡県「八女・筑後」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

福岡県八女・筑後医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
八女・筑後医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

福岡県の二次医療圏「八女・筑後」の概要と特徴

1はじめに

〈福岡県南東部で東は大分県、南は熊本県と境を接する内陸部〉
福岡県の二次医療圏である八女・筑後は、福岡県最東南部の内陸部に設定された医療圏です。 八女・筑後医療圏は、八女市、筑後市、広川町の2市1町で構成されていて、東側を大分県と、南側を熊本県と接しています。
八女・筑後医療圏の面積は560平方キロメートル余りで、平成24年8月1日現在の福岡県人口移動調査での圏域内人口は13万6千人余りです。

2八女・筑後医療圏の特徴

〈九州の中でも最も伝統産業が盛んな地域だが、圏内の公共交通網は今ひとつ〉
八女・筑後医療圏の代表的産業は、製茶農業及び茶葉加工業です。昔から茶葉の栽培と日本茶への加工が盛んだった福岡県南部地域は、 ブランド名を八女茶として以降は高級玉露の産地として全国にその名を轟かしています。 その製茶農業と茶葉加工業の中心地が、このブランド茶の名前にもなっている八女・筑後医療圏です。
また圏内の八女市は、現在も九州でナンバーワンの伝統工芸産業が盛んな街と称されていて、仏壇、提灯、和紙、竹細工、桶などの伝統工芸産業が、現代に合うように形を代えて残っていて、現在も盛んに行われています。
その一方で圏内の広川町には工業団地が2ヶ所に造成され、様々な製造業の工場が稼働しています。
交通の面では、八女・筑後医療圏内の筑後市に、九州新幹線の筑後船小屋駅及びJR九州のJR鹿児島本線が通っていて、鉄道が無い八女市や広川町には筑後市の最寄り駅からバスが通じています。 しかし、医療圏内での移動については、多くのバス路線では便数が限られている点からも、自家用車の利用が最適でしょう。

3八女・筑後医療圏の医療体制

〈二次医療圏内で医療が完結するような医療資源の確保が必要〉
八女・筑後医療圏には中核病院と呼ばれる病院が存在せず、公的病院である筑後市立病院と公立八女総合病院が分担して中核病院的な役割を持っていますが、 救命救急、災害時医療、地域支援医療などのいくつかの医療機能は、周辺の医療圏に多くの割合を依存しているのが現在の姿です。
このような実状があり、特に東部の大分県境側と南部の熊本県境側に茶畑に利用されている山岳地帯を持ち、面積が広大な八女・筑後医療圏にとっては、 中核病院の設置とそれに伴う圏内医療機関への補助や支援が、圏内医療を充実させるための重要な課題となっています。
まずは筑後市立病院と公立八女総合病院の機能を充実させ、二次医療圏内で医療が完結するような医療体制を構築することが喫緊の課題であり、福岡県もその方針で医療行政を行いつつあります。

4八女・筑後医療圏の医師数の現状と未来

〈医師不足に加え、へき地医療に対応した拠点病院を圏内に確保することが最重要課題〉
平成22年12月31日時点での八女・筑後医療圏の人口10万人あたりの医師数は183.6人で、福岡県全体の274.2人のみならず全国平均の219.0人をも下回っています。 医療圏内に在駐する医師の確保が重要な行政課題となっています。 さらに八女・筑後医療圏の中で最大の問題は、無医集落の問題です。
特に東部と南部に山岳地帯を抱える八女市では、平成24年4月1日時点で福岡県内の市町村でも最多の7地区が無医集落であり、 更に福岡県が定めるへき地医療拠点病院が八女・筑後医療圏内に無いことが、圏内のへき地医療に大きな障害となっています。
福岡県でもこの現状を見過ごすことはできず、行政方針として現在は「毎年自治医科大学卒業生をへき地の医療機関に派遣する」などの方策を取っていますが、 先々にはその地域の医療を担う医療機関の整備や患者輸送車の整備、巡回診療の実施など、具体的なへき地住民の医療確保の方針を実行中です。 このためにも、まずは「へき地医療拠点病院の八女・筑後医療圏内での設定と充実」が最優先に行われる必要があります。

福岡県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		福岡県のコンサルタントに求人紹介を依頼する