鹿児島県「出水」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

鹿児島県出水医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
出水医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

鹿児島出水二次医療圏の特徴と概要

1はじめに

〈離島群を含む、鹿児島県の北西にある医療圏〉
鹿児島出水二次医療圏は、阿久根市、出水市、出水郡長島町の2つの市とひとつの町から構成される過疎地域型の二次医療圏です。
鹿児島出水二次医療圏は鹿児島県の北西部に位置しており、阿久根市は東シナ海に接し、出水市は熊本県水俣市に面しています。 長島町は鹿児島県から北西にやや離れた位置に存在する長島、諸浦島、伊唐島、獅子島などの島の集合体です。
地形としては阿久根市の場合市の中心部は平坦となっていますが、全体としては山林や丘陵地が多くなっており、出水市の場合は北東部分には山脈が多く、山脈以外では出水平野がほとんどを占めた土地となっています。

2鹿児島出水二次医療圏の交通

〈九州新幹線の駅が開通、長島には橋を通って向かうことができる〉
鹿児島出水二次医療圏にはJR九州の九州旅客鉄道、肥薩おれんじ鉄道の路線が張り巡らされています。
JR九州の路線では、九州新幹線が停車する出水駅があり、他県や鹿児島中央駅へ向かう交通の要所となっています。
また、肥薩おれんじ鉄道が熊本県から出水市、阿久根市を通って川内駅まで開通しており、短い距離での移動も可能となっています。
九州から海を隔てた位置にある長島町に向かうには、以前は船舶を用いるしか方法がありませんでしたが、1974年に黒之瀬戸大橋が建設され、現在は車や自転車で長島と九州本土の間の行き来が可能となっています。

3鹿児島出水二次医療圏の医療

〈過疎化、人口減少が進む医療圏。ほぼ三人に一人が高齢者〉
出水二次医療圏の人口は2010年の国勢調査の時点で約9万人となっており、人口密度は約150人/k㎡と、全国平均地の343.40人/k㎡に比べ半分以下の数字となっています。この人口密度の数値からわかるように鹿児島出水二次医療圏は過疎化の激しい医療圏だと言えるでしょう。
また、15歳以下の若年層の割合が12.1%で、医療圏の65歳以上の高齢者は2万6千人と、高齢者の割合が人口全体の29.8%に達する高齢化の進んだ地域となっています。人口増減率は-5.33%で、年間千人ほどの人口が減少していくと予測されています。
地域医療情報システムの統計データによると、出水二次医療圏の診療所数57、病院数は8となっています。10万人対で換算すると病院数は全国平均をやや上回り、診療所数は平均以下の数値となっています。
なお出水二次医療圏で特筆すべきは在宅療養支援診療所の多さです。在宅支援診療所数は21件となっており、全国平均値の二倍の数値を誇っています。ここから在宅医療の需要が高まっている医療圏であることが伺えるデータとなっています。

4鹿児島出水二次医療圏の医師

〈医師不足が顕著となっている医療圏。特に専門医の不足が目立つ〉
地域医療情報システムデータによると出水二次医療圏の医師数(常勤換算人数)は人口10万人対に換算すると、154.9人となります。このデータは全国平均値とくらべかなり低くなっており、鹿児島県最大の医療圏である鹿児島医療圏とはおよそ二倍もの数値の開きがあります。この事から、出水二次医療圏は医師が不足している医療圏であると言えるでしょう。
その中でも産科医師、麻酔科医師、小児科医師など、專門科の医師がいずれも全国平均を大幅に下回っています。こういった專門の医師の需要は非常に高くなっています。
また、鹿児島県はドクターバンク事業を行っており、長島などへき地の診療所の情報や、総合医療センターなど各種の情報を鹿児島県のホームページで閲覧することが出来ます。ドクターバンクではへき地観察支援、無料職業紹介、女性医師の支援なども行われており、出水二次医療圏内でへき地医療を行いたいと考える方などは、ドクターバンクに登録するのもひとつの方法となることでしょう。

鹿児島県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		鹿児島県のコンサルタントに求人紹介を依頼する