鹿児島県「肝属」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

鹿児島県肝属医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
肝属医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

鹿児島肝属二次医療圏の概要と特徴

1はじめに

<大隈半島に属する二次医療圏、特産品として黒豚が有名>
鹿児島肝属二次医療圏は鹿屋市、垂水市、東串良町、錦江町、南大隅町、肝付町の2市4町からなる鹿児島県南東部に位置する二次医療圏です。
ほぼ圏域全体が大隅半島に位置しており、鹿児島県南大隈町の佐多岬は九州最南端となっている場所でもあります。また、桜島が1914年の噴火によって垂水市と地続きとなっていることも特徴の一つです。鹿児島肝属二次医療圏は農業、畜産が盛んとなっており、その中でも特にかごしま黒豚が特産品として有名となっています。
また、海に面する事から、水産業も盛んという特徴もあります。

2肝属二次医療圏の交通

<鉄道・高速道路は存在していない、フェリーの利用で鹿児島市まで向かうことが可能>
肝属二次医療圏には基本的に鉄道が存在せず、最寄り駅となっている志布志駅からJR日南線を利用することとなります。
鹿児島空港へは鹿屋市からバスが運行しており、そのバスに乗って空港へアクセスすることができます。 垂水市にある垂水港では旅客運搬のフェリーが運行しており、鹿児島湾を抜けて鹿児島市中心部に近い距離にある鹿児島港へ向かうことが可能となっています。
また、高速道路は肝属二次医療圏には全く存在しておらず、高速道路を利用するには志布志市の都城志布志道路を使う必要があります。そのため現在は肝属二次医療圏内で道路整備等の計画が進められている状況です。

3肝属二次医療圏の医療

<高齢者の割合の増加とそれに合わせた医療体制の強化>
肝属二次医療圏の面積は1322.96平方kmで人口約16万4千人となっており。そのうち、65歳以上の人口は48158人となっています。割合で見ると人口の30%近くの人口が高齢者となっている医療圏です。
地域医療情報システムのデータによると肝属二次医療圏の人口は年々減少傾向にあり、医療需要もそれに合わせ低下していくと予想されています。
肝属二次医療圏ではこれから高齢者はますます増えていくと予想され、それに合わせて増加すると予想されている心疾患、悪性新生物、糖尿病などの高齢者に多いとみられる疾患について圏域全体で力が入れられています。 また、肝属二次医療圏の救急医療体制については、午後7時~翌朝午前7時まで鹿屋町の大隈広域夜間急病センターが内科・小児科の夜間急病時に対応している状態となっています。

4肝属二次医療圏の医師

<県内では少ない医師数、かかりつけ医、難病に対する理解の増加を目標としている>
肝属二次医療圏の医師数は250人となっており、人口10万人対で換算すると152.3名となります。鹿児島県の平均値が219.3名となっているので、この値は平均よりかなり低めのデータとなっています。
圏域で医療に従事している医師は内科の専門医が最も多く、全体の28%を占めており、次いで外科の専門医が12.5%と続きます。その反面、呼吸器系を專門とする医師は1名、麻酔科を專門とする医師は3名、リハビリテーションを專門とする医師は1名と專門により医師がわずかとなっている科もあり、こういった分野の医師の需要は高まっていると言えるでしょう。
また肝属二次医療圏ではかかりつけ医を増やす政策を進めており、医師会などと連携をとってポスターや広報誌などのメディアを使った啓発活動を行っています。また、難病医療協力病院との連携も進められ、難病についての理解を進めるために難病医療協力以外の病院についても普及活動が行われています。

鹿児島県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		鹿児島県のコンサルタントに求人紹介を依頼する