鹿児島県「曽於」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

鹿児島県曽於医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
曽於医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

鹿児島曽於二次医療圏の特徴と概要

1はじめに

<鹿児島県東部に位置する豊かな自然環境の医療圏>
鹿児島曽於二次医療圏は、曽於市、志布志市、大崎町の2市1町から構成される鹿児島県東部に位置する二次医療圏で、医療圏の東側は宮崎県に接しています。
曽於市は、市内にシラス台地を中心とした丘陵地が広がっており、農業の盛んな土地となっています。 また、北部は起伏が多くなっており、南部には菱田川が流れ、市街地が形成されています。一方、志布志は志布志湾に面しており、市内の志布志港は日本有数の港となっています。この志布志港には関東や関西からのカーフェリーや国内外から飼料などを輸入・輸出する船舶が多数発着しています。

2鹿児島曽於二次医療圏の交通

<曽於市には日豊本線、志布志市には日南線が走り、空港へのアクセスも>
鹿児島曽於二次医療圏にはJR九州の日豊本線と日南線が走っています。日豊本線は、宮崎県から曽於市を通過し、鹿児島中央駅に至る路線で、曽於市に三駅存在しています。
また、日南線は宮崎中央駅から志布志市へ至る路線で、志布志駅を終端駅として志布志市内に二駅存在しています。なお、大崎町には鉄道駅は存在しておらず、大崎町からの最寄り駅は志布志駅となっています。
鹿児島曽於二次医療圏からは鹿児島空港、宮崎空港にアクセスすることが可能となっていて、鹿児島空港へは東九州道を用いておよそ1時間弱~1時間30分、宮崎空港へは宮崎自動車道を用いて2時間~2時間30分ほどでたどり着くことができます。

3鹿児島曽於二次医療圏の医療

<高齢化が著しく、三人に一人が高齢者となっている>
地域医療情報システムのデータによると、曽於二次医療圏の総人口は2010年の時点で、約8万6千人で、そのうち65歳以上の高齢者の割合は28195人となっています。
65歳以上の高齢者の割合を示す高齢化率は32.6%となり、曽於二次医療圏内にはおよそ3人に1人の割合で高齢者が存在する計算になります。
また、人口は年々減少傾向にあり、5年で約6千人のペースで人口が減り続けています。そしてそれに並行してこれからますます高齢者の割合が高くなると予想されており、十年後には高齢者の割合は医療圏全体で40%を超えるとされています。
また、曽於二次医療圏の病院数10診療所数37となっており、鹿児島県内の二次医療圏の中でも一二を争うほど少ない施設数となっています。特に大崎町には病院はまったく存在しておらず、診療所が5施設存在するのみとなっています。

4鹿児島曽於二次医療圏の医師

<少ない医師数。鹿児島二次医療圏との差は三倍以上にも達する>
鹿児島曽於二次医療圏の規模は鹿児島県の二次医療圏の中で最小の規模となっており、人口10万人あたりの医師数を比べると、鹿児島県内最大の規模である鹿児島二次医療圏とおよそ3.5倍もの開きがあります(鹿児島二次医療圏359.6人、曽於二次医療圏102.0人)
また、産科医師の出生数千人あたりの医師数は鹿児島県内の医療圏の中で最も少なくなっており、最も産科医師の多い鹿児島医療圏とデータを比べると、鹿児島医療圏とおよそ9.2倍もの開きがあります。
さらに小児1万人あたりの小児科医師も鹿児島県内で最も少なくなっており、麻酔科医師については曽於二次医療圏には存在していません。10万人あたりの医師数を全国的な平均値とくらべても曽於二次医療圏は医師が少なく、医療資源の乏しくなっている二次医療圏と言えるでしょう。

鹿児島県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		鹿児島県のコンサルタントに求人紹介を依頼する