熊本県「宇城」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

熊本県宇城医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
宇城医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

熊本県の二次医療圏「宇城」の概要と特徴

1はじめに

〈熊本県の宇城医療圏の概要〉
熊本県の二次医療圏である「宇城医療圏」は、宇土市、宇城市、美里町の2市1町からなる医療圏です。 本医療圏は熊本県の中央部の沿海部に位置し、西部の地形の変化に富む宇土半島部分や東部の九州山地に繋がる中山間地域、そしてその間に広がる熊本平野部分からなります。
本医療圏の面積は約400平方キロメートル、平成24年10月1日の熊本県推計人口は約11万人で、年齢3区分人口では年少人口が13.3%、生産年齢人口が58.1%、老年人口が28.6%で、 熊本県全県と比較して多少老年人口が多いものの、高齢化の進行がまだまだ遅い医療圏です。

2宇城医療圏の特徴

〈水稲やメロン、果実などの農業が基幹産業も、近年は熊本市のベッドタウンとしての役割〉
宇城医療圏の基幹産業は農業で、熊本平野部を中心として水稲やメロンのほか、医療圏内の九州山地の山間部や宇土半島などでは、梨、ぶどう、葉たばこなど、一年中さまざまな農作物が収穫されています。 また、有明海と八代海を分ける風光明媚な宇土半島は、熊本市から至近の観光名所でもあります。
更に近年の本医療圏地域は熊本市、八代市の両市からどちらも約20km程度の距離にあるため、両市の郊外型工業地帯や、両市に通勤する人々の住宅地としての開発もめざましいものがある医療圏です。
公共交通では、本医療圏内をJR九州のJR鹿児島本線が通っていて、沿線からは県庁所在地の熊本市方面や反対方向の八代市方面にも鉄道の便には恵まれています。 また本医療圏内の宇土駅からJR三角線が本医療圏内最西部に向かって伸びています。
鉄道沿線以外はバスの便になりますが、地域によってバスの便に差があるため、本医療圏内の移動手段には自家用車を含めての検討が必要です。 一方で道路網の点では、本医療圏内を南北方向に九州自動車道が通り、1ヶ所のICを持っていて熊本市や熊本県南部方面にもアクセスしやすいです。 一般道では、本医療圏を南北に貫く国道3号線を幹として、国道266号線や国道288号線をはじめ、他の国道や県道が本医療圏内外の各方向に通じています。 医療圏内東部の山岳地域以外では、道路網も整備されていると言えます。

3宇城医療圏の医療体制

〈本医療圏内にある難病拠点病院を中心とした難病対策が本医療圏の重要な課題〉
宇城医療圏では事業や疾病によって国民健康保険宇城市民病院と宇城総合病院が中核病院の役割を分担しています。 本医療圏内には平成24年4月1日現在の熊本県医療政策課の「病院台帳、診療所台帳、歯科診療所台帳」によれば、病院12ヶ所、一般診療所72ヶ所が存在します。
本医療圏の医療体制の課題として難病対策があります。本医療圏には難病拠点病院として国立病院機構熊本南病院があるのですが、 特定疾患治療研究事業において定められた特定疾患(難病)に該当する56疾患の医療受給者数は、平成21年から年々増加している実態があり、 疾患別では神経・筋系疾患の患者が27.7%、消化器系の患者が22.6%で、両者で約半数を占める状況です。難病患者の療養はその病期の特殊性から長期に渡るケースが多く、 また平成24年に治療研究事業医療受給者証の継続申請を行った患者のうちで60歳以上は約61%にのぼり、患者本人や家族の高齢化から在宅療養患者の家族の負担が大きくなっている状況があり、 さらに災害発生時の不安が生じています。
このような現状に熊本県としても行政にて対策を講じていて、治療の促進と医療費の助成による難病患者の経済的負担を軽くするために、特定疾患治療研究事業を継続すること、 難病患者やその家族の療養生活の支援を行うような事業関係者を対象にした研修会などを継続すること、そして保健医療福祉機関や難病拠点病院が連携を行い、 在宅の療養患者の把握や避難支援を含めた災害発生時の適切な避難等の対応が行えるような体制の整備をすることなどを施策として実施中です。

4宇城医療圏の医師数の現状と未来

〈政策としての医師増が必要で、また糖尿病患者への対策や予防医療が重要な行政課題〉
平成22年の厚生労働省の医師・歯科医師・薬剤師調査によれば、宇城医療圏の人口10万人あたりの医療施設従事医師数は159.4人で、全国平均219.0人や熊本県全体の平均257.5人との比較でも低い値となっています。 県の医療行政としての医師の不足解消が急務の課題となっています。
また本医療圏の現状として、糖尿病対策の問題があります。平成23年5月診療分の市町国保データによれば、本医療圏での糖尿病での受診率、糖尿病由来の腎不全の受診率、人工透析の件数割合とその診療費割合が、県の平均よりも高くなっている現状があります。 また同年の特定健診受診者の中で、医療機関受診勧奨者の約半数が未治療という点や、糖尿病の治療中でもコントロール不良者が1/3を占めるという状況があります。
このような状況を熊本県も重要視していて、糖尿病の発症と重症化や合併症の発症を防ぐために、糖尿病の診察や療養の指導にたずさわる人材を育成すること、そして医療機関のみならず多くの機関、 多くの職種の連携によって切れ目のない保健医療サービスの提供を行う体制の整備を推進する方策です。
「宇土圏域糖尿病保健医療連携会議」と「宇土地域糖尿病対策推進会議」の両機関が、連携を図りながら体制整備の推進を行います。 また、糖尿病の治療や療養指導に携わる人材の育成を行う目的で、「宇土地域糖尿病対策推進会議」による関係者への研修会や勉強会を行う計画です。

熊本県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		熊本県のコンサルタントに求人紹介を依頼する