宮崎県「日向入郷」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

日向入郷医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
日向入郷医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

日向入郷二次医療圏の特徴と概要

1はじめに

〈自然豊かな土地であり、温暖で雨が多く、台風の通り道でもある〉
日向入郷二次医療圏は日向市、門川町、美郷町、諸塚村、椎葉村の市がひとつ、町と村が2つずつからなる宮崎県の北東部に位置する二次医療圏です。日向入郷二次医療圏は宮崎県の二次医療圏の中で最も広く、1629.28km²の面積を持ちます。
しかし圏内には山岳地帯が多く、森林が面積のほとんどを占めています。そして、日向入郷二次医療圏は宮崎県のもっとも北部にある二次医療圏である宮崎県北部二次医療圏と隣接しています。
日向入郷二次医療圏は日向灘に面しており、全国的に見て、温暖かつ日照時間が長いのが特徴で熱帯性に近い気候であり、台風の発生源に近くその被害を受けやすい地域でもあります。

2日向入郷二次医療圏の交通事情

〈鉄道はあまり発達せず、移動はおもに自家用車〉
日向市には日豊本線の駅が4つほど存在しており、日向市駅がその中心となっています。日豊本線は門川町にも走っていますが、美郷町、諸塚村、椎葉村には鉄道は存在しません。
宮崎県入郷二次医療圏は公共交通機関があまり発展していないことから、自家用車が圏内で広く利用されており、延岡市や、宮崎市など、発展した地域に移動するための移動手段として、高速道路である東九州自動車道がおもに利用されています。

3日向入郷二次医療圏の医療

〈五疾病・五事業・在宅医療への取り組みと、急性的な病気に関わる医療機関〉
宮崎県では、いつでもどこでも必要な医療行為を受けられる体制の確立が目指されています。地域をまたいだ医療体制の構築、医療従事者の確保などが目標として掲げられています。
医療圏ごとに取り組みが目指されているものとして、がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病、精神病の五疾病、へき地医療、救急医療、小児医療、周産期医療、災害医療の5事業と在宅医療があります。日向入郷二次医療圏では、和田病院、宮崎済生会日向病院が脳卒中にかかる急性期医療を担う中心的な医療機関としての役割を担っています。
がんや、心筋梗塞の場合、入郷二次医療圏は、県を4つにわけた時の県北に分類され、延岡病院での急性期治療が行われることとなります。

4日向入郷二次医療圏の医師

〈面積は広いが、医師数、医療機関数は数が少ない〉
医療圏別で見た時、病院数は、宮崎県の他の医療圏と比べると少ない14棟となっています。病床数も1757床と、これも宮崎県の他の医療圏と比較すると少ない数字です。診療所等も少ない数値となっており、医療圏の面積が最も広いことを考えると、医療機関は過疎状態になっている二次医療圏であると言えるでしょう。
また、宮崎の二次医療圏では、宮崎東諸県に半数の医師が集中しており、日向入郷二次医療圏を含む宮崎県のその他の医療圏では医師が不足状態になっている現状があります。
專門分野別には、それらの医師の中でも特に産科医師と小児科医師が不足していると言われています。 日向入郷二次医療圏では圏内の患者は80.4%が同圏内で医療行為を受けていますが、5.4%が宮崎県北部二次医療圏、6.9%西都児湯日二次医療圏で医療行為を受けており、残りはその他の医療圏で医療行為を受けています。これらの数値から患者は日向入郷二次医療圏からやや流出傾向にあるといえるでしょう。

宮崎県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		宮崎県のコンサルタントに求人紹介を依頼する