宮崎県「西都児湯」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

西都児湯医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
西都児湯医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

宮崎西都児湯二次医療圏の特徴と概要

1はじめに

〈宮崎県のほぼ中央部に位置する歴史的に貴重な古墳群が存在する医療圏〉
宮崎西都児湯二次医療圏は西都市、高鍋町、新富町、西米良村、木城町、川南町、都農町の1市5町1村から成り立つ宮崎県のほぼ中央部に位置する二次医療圏で、西側で熊本県に、南で宮崎県最大の規模を誇る市である宮崎市に接しています。
また山岳部が多く、内陸部は冬場に気温が低くなり九州南部に位置するにもかかわらず積雪が観測される事もありますがその反面、沿岸部では夏場にフェーン現象などのため、高温多湿になる気候状態となっています。
宮崎西都児湯二次医療には歴史的に貴重な古墳群が多く発見されており、考古学的な資料価値が豊富な土地となっています。

2宮崎西都児湯二次医療圏の交通

〈鉄道の走る自治体はおよそ半数、宮崎空港から一時間程度の距離〉
宮崎西都児湯二次医療圏にはJR日豊本線が海岸線沿いに南北に走っており、延岡市から都農町、川南町、高鍋町、新富町を通って宮崎市に向かいます。鉄道駅はこの4つの自治体にのみ存在し、都農町に二駅、残りの自治体に一駅ずつで、合計五駅となっていますが残りの自治体である西米良村、木城町、西都市には鉄道駅は一切存在していません。
車での移動では、東九州自動車道、宮崎東環状道路に接続する西都インターチェンジが西都市に存在し、またこの二次医療圏からは宮崎市にある宮崎空港が車でおよそ1時間程度の距離にあります。

3宮崎西都児湯二次医療圏の医療

〈少子高齢化の進む医療圏、一部地域は40%を超える高齢化率〉
宮崎西都児湯二次医療圏の面積は1,154.37平方キロメートル、人口は2010年の国勢調査の時点で約11万人となっていて、2005年の時点の人口から5年で1万人以上の人口が減少しています。そしてこれからも医療圏の人口は5年に1万人ペースで減り続けると予測されています。
またこの医療圏の15歳以下の幼年人口割合は14%、65歳以上は27.20%と比較的高くなっており、少子高齢化が進みつつある土地であると言えます。 その中でも特に西米良村の高齢者の割合は40%を越えており、全国的に見ても西米良村高齢化の激しい場所となっています。
また、西都児湯二次医療圏は宮崎県の医療圏見直しの対象となっていた地域でもあり、東諸県医療圏との統合で存続が危ぶまれていた医療圏でもあります。平成19年にはこの医療圏の救急病院の相続が危ぶまれていた経緯もあり、5万5千人の署名が集められ、救急病院の存続が決定しました。この事実からも分かるように、この医療圏の医療状況は厳しい状況に置かれていると言っていいでしょう。

4宮崎西都児湯二次医療圏の医師

〈医師不足が進んでおり、患者は宮崎市内で受療する傾向が強い〉
宮崎西都児湯二次医療圏の医療資源は乏しい状態となっていて、10万人あたりの医師数は145.6と宮崎県の医療圏の中でも最低となっています。この事から宮崎県の中で医師不足の進んだ地域だと言えるでしょう。
また病院数は11、診療所数62となっていてこれらのデータを10万人あたりに換算したときいずれも宮崎県の平均を下回るデータとなります。
この医療圏で中心となる病院は国立病院機構宮崎病院で、病床数180を持つ病院ですが、患者は隣の医療圏である宮崎東諸県二次医療圏で受療する傾向が強く、宮崎市内で医療行為を受ける割合が高くなっています。
また、生産年齢人口の医療需要が年々低下傾向にあり、総需要は2010年から2040年の間で10%低下すると予想されています。しかし高齢者の医療需要が増していくとされ、30年で75歳以上の医療需要は23%増加すると予想されています。

宮崎県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		宮崎県のコンサルタントに求人紹介を依頼する