サイト内の現在位置
求人探しから転職ノウハウまで「首都圏エリア」の医師求人特集 医師転職ドットコムの強み

首都圏エリアの医師転職市場

首都圏エリアの医師転職市場

首都圏(ここでは東京都・神奈川・埼玉・千葉を指します)の人口は、約3.560万に達し、日本の人口のおよそ3分の1を占めます。
東京には、病院が約650施設、クリニックが約12,500施設あります。
都内の病院のうち、約65%が23区内に位置しています。一方、都下のエリアは大学関連病院も少なく、23区と比べると、医師の募集充足率に格差があり厳しい採用状況を余儀なくされている病院も多々あります。

埼玉県は全国で最も医師が不足している地域で、人口10万人あたりの医師数を見ても「約108 人」となっております。
また、人口10万対病院数は、約5施設であり、これを全国平均約7施設と比較すると約2施設少なく、全国第40位です。
人口10万対クリニックは、約55施設であり、これを全国平均約77施設と比較すると、約22施設少なくなっており、全国第47位となっております。
また、一都三県の中でも最も大学医局色が薄いエリアという特徴があります。

神奈川県には、病院が約350施設、クリニックが約6000施設あります。
とりわけ、クリニック数については東京都、大阪府に次ぐ数になっており、同じ首都圏の埼玉県や千葉県と比べて、病院数はさほど変わらないものの、クリニック数は約1.5倍から2倍弱の数を誇ります。
大学医局とのつながりが深く、一般公募が一部の診療科目に限られている公立・公的病院を除いては、300床規模の急性期病院から、ケアミックス、療養型に至るまで、またクリニックも含めて、求人数は多いです。

千葉県には病院が約280施設、クリニックが約3700施設あります。
東京以外の3県(神奈川/病院約350:クリニック約6500、埼玉/病院約350:クリニック約4000)で比較すると千葉の施設数は一番少なく、 人口10万対比医師数が45位(ワースト3位)であるということが挙げられます。

首都圏に近い北西部に関しては人口、医療機関とも多く、医師の不足感はあまり強くないですが、それ以外の地域に於いては不足感が強く、その度合いに比例して年収が高くなる傾向があります。

大学病院は、東京に20施設あるのに対し、千葉は1施設、埼玉と神奈川は4施設となっており、地域による医師数の偏在が問題となっています。

首都圏医療行政の特徴

医療行政の特徴

東京都の医療行政の特徴として、『東京都保健医療計画』の策定が挙げられます。
この計画は、東京の保健医療に関する総合的・基本的な計画が5ヶ年計画で立てられています。
また、『救急医療の東京ルール』、『東京都地域医療支援ドクター事業』、『東京医師アカデミー』など、救急体制の整備、地域医療の支援、若手医師の支援にも力を入れています。

神奈川県の医療行政の特徴として、「神奈川県保健医療計画」の策定が挙げられます。

2008年から5年計画でスタートした神奈川県保健医療計画は、現在では第5次計画が策定されており、(1)疾患別の医療連携体制の構築、(2)総合的な救急医療体制の整備・充実、(3)医療従事者の確保対策の推進、(4)医療機能情報の提供の推進、(5)総合的な医療安全対策の推進の5施策が挙げられています。

埼玉県では、県民が安心して暮らせるように、県が提供する医療に対する、信頼の確保、質の高い医療を効率的に提供する体制の確保などを目指した保健医療に関する総合的な計画、「埼玉県地域保健医療計画」を策定しました。
また、主に医師確保の為の施策として、「埼玉県医師育成奨学金制度」を設けたり、災害医療に関する取り組みとして県内13の災害拠点病院に埼玉DMAT(災害派遣医療チーム)を置いています。

千葉県では、県内で働く専門医の養成及びその確保に関する事業を行うことで、質の高い医療の提供体制の構築を図り、それによって地域住民の健康の維持・増進に資することを目的に、県や大学、全ての研修病院等(36医療機関・病院群)が参加する千葉県医師臨床研修制度等連絡協議会のもと、NPO法人 千葉医師研修支援ネットワークが平成20年に設立されました。
さらに、平成24年10月に「千葉県地域医療支援センター」が設置され、医師の地域偏在を解消するため、県内の医師不足の状況等を把握・分析し、医師のキャリア形成支援と一体的に医師不足病院の医師確保の支援等を行うとともに、県内の医師確保に関する情報発信や相談対応の強化などをしています。

居住地としての特徴

居住地としての特徴

首都圏(ここでは東京都・神奈川・埼玉・千葉を指します)には多くの魅力が存在します。
誰もが知っているとおり、東京は日本の首都であり経済機能の中枢でもある大都市です。
時代の流行もこの大都市から生まれ、時にはその流行が海外にまでも広がることもあります。
人口の多くは東京に集中していますが、埼玉、千葉、神奈川の都心に近い地域は、東京都のベットタウンとして発展し、人口が増加しています。

一方、東京都から離れると人口密度は低く、海、山など豊かな自然が広がっています。
都心からわずかの場所にある鎌倉市は、古都鎌倉と称されるよう、県内でも特異な雰囲気の街並みです。
鶴岡八幡宮から長谷寺、高徳院、銭新井弁天と歴史的建造物が多数ある地域です。
観光地としても人気があり、外国人観光客の姿も多く見られます。

地域担当より一言

地域担当より一言

都心部に近いエリアは、大学とのつながりが深く一般公募が一部の診療科目に限られている公立・公的病院を除いては、300床規模の急性期病院から、ケアミックス、療養型に至るまで、また、クリニックも含めて、求人数は多く、募集している診療科目も多種多様です。
人気のあるエリアだけに求人が決まるスピードも比較的早く、活気のある転職市場と言えます。
また、都心より少し離れると給与は相談でき、それ以上に当直免除や時短勤務など、融通性も効く施設が多いのが特徴です。
都心に近い場所でありながら条件の良い勤務先をお考えの先生や、QOL重視の先生には、おススメの医療機関が多くあります。

お住いの地域の求人動向

医師転職支援サービスお申し込みはこちら

▲TOPへ戻る