千葉県「安房医療圏」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

安房医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
安房医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

千葉県の二次医療圏「安房」の現状と今後の概要と特徴

1安房医療圏とは

〈房総半島先端部分にある医療圏〉
千葉県の二次医療圏のひとつである安房医療圏は、千葉県の房総半島先端の旧・安房国部分に設置された医療圏です。現在の自治体では、館山市、鴨川市、南房総市、安房郡鋸南町が該当します。古代から江戸時代までは旧・安房国として、明治時代以降は千葉県安房郡とされていた地区のため、現在でも医療圏内の自治体間の人的交流は活発です。

2安房医療圏の持つ特徴

〈観光と第一次産業中心の温暖な地域で交通網も充実〉
安房医療圏は、千葉県の中でも房総半島先端部の最南端に位置しています。太平洋と相模灘に接して内陸まで平野が存在して、住民の多くはその平野部分に住んでいます。安房医療圏全体の面積は約577平方キロメートル、平成24年4月時点での医療圏内人口は14万7千人余りです。
交通の点では、千葉市からのJR外房線が鴨川市の安房鴨川駅まで、JR内房線が鋸南町、南房総市西側、館山市、そして南房総市東側を貫いて、鴨川市の安房鴨川駅まで通じています。また、各社バスがJRの駅と圏内各地を結び、圏内自体が房総半島の観光地の一翼を成していることもあり、公共交通機関の便は良いです。また、自動車専用道路では京葉道路や東関東自動車道、東京湾アクアライン、関央道と館山自動車道とが直接つながっていて、都心部からの交通アクセスも便利となりました。
安房医療圏の主な産業は、農業や漁業などの第一次産業と、観光資源を活用した第三次産業が主たるものです。
房総半島の南端部分にあるため、気候が年間を通して温暖で、暮らしやすい地域と言えます。

3安房医療圏の病院の実状

〈圏内医療が充実しているが故に他の医療圏の利用者が流入〉
安房医療圏の中核病院は、鴨川市にある亀田総合病院が担っています。それ以外にも館山市の安房地域医療センターや南房総市立富山国保病院、鋸南町国民健康保険鋸南病院などがそれぞれの自治体の中心的病院として存在し、安房医療圏内に病院16ヶ所と一般診療所90ヶ所(いずれも平成24年4月1日時点)を保有しています。ただし、2011年度の亀田総合病院への入院患者の半数以上は安房医療圏外の患者であったという実態もあり、この点は安房医療圏のみの問題ではなく千葉県の二次医療圏のあり方全体の問題となっています。
また、医療圏の面積の割に救急医療搬送に時間を要していて、平成20年の調査では医療搬送に要する時間が、「30分以内:35.9%」に対して「30分~1時間未満:52.5%」と半数を超えていて、救急救命医療に関するさらなる充実も求められています。

4安房医療圏の医師数の実状と今後の見込み

〈高齢者医療や特定の死因に対応する医療関係者が必要〉
平成22年12月31日時点での安房医療圏の人口10万人あたりの医師数は368.5人で、県内平均の168.9人をはるかに上回り、医師の数は十分に足りているようにも見えます。
しかしその一方で、安房医療圏での高齢化率は33.7%と「3人に1人が高齢者」という状況で、千葉県全体の高齢化率21.7%をおし上げているような状況です。このため、高齢者医療を専門に行う医師が更に必要です。
また安房医療圏の際立った特徴は、男性の死因の「不慮の事故による死(交通事故を除く)」と「自殺」とが、千葉県内の医療圏別で最大という傾向が挙げられます。特にどちらの死因も「男女間での差が大きく、女性ではむしろ県内でも低いレベル」という偏りがあります。これは「漁業などの第一次産業が中心」の産業構造に由来する点や、「一人暮らし高齢者の数が多い」ことでの高齢者への心のケアが必要な点などが考えられます。従って、医師を含めたこの分野の医療従事者を増やす必要があります。

千葉県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		千葉県のコンサルタントに求人紹介を依頼する