千葉県「印旛医療圏」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

印旛医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
印旛医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

千葉県の二次医療圏「印旛」の概要と特徴

1印旛医療圏とは

〈房総半島つけ根部の、利根川や印旛沼の水利に恵まれた医療圏〉
千葉県の二次医療圏のひとつである印旛医療圏は、千葉県の北部、房総半島つけ根の内陸部に設置された医療圏で、ほぼ旧下総国印旛郡域に属していた地域です。
自治体では、成田市、佐倉市、四街道市、八街市、印西市、白井市、富里市、酒々井町、栄町が該当します。印旛医療圏は全域が下総台地上にあるほぼ平坦な地域で、地質は利根川やその支流による三角州性低地と火山灰台地、そして河川付近に存在する湖沼を干拓した人工地形から構成されています。

2印旛医療圏の持つ特徴

〈中世から栄えてきた地域で、更に新しい産業が加わり人口が増加中〉
印旛医療圏は、北側は利根川を挟んで茨城県、東側は香取海匝医療圏、南側は千葉/山武長生夷隅医療圏、西側は東葛北部/東葛南部医療圏に接しています。印旛医療圏全体の面積は約692平方キロメートル、平成24年4月時点での医療圏内人口は72万2千人弱です。
交通の点では、印旛医療圏内をJR東日本のJR房総本線とJR成田線が通り、また医療圏内の成田市の成田空港までは京成電鉄の京成本線と成田スカイアクセス線が東京都の上野や都営地下鉄経由で押上方面から通じています。さらに印旛医療圏内には東葉高速線を始めとする他の私鉄や、鉄道の主要駅からのバスの便も充実していて、圏内の移動での公共交通機関の利用が便利と言えます。
印旛医療圏は中世以来医療圏内の成田市に建立された成田山新勝寺の門前町として、そして佐倉市に築かれていた佐倉城の城下町として栄え、利根川流域や印旛沼の沿岸では稲作を中心に農業が盛んでした。現在の印旛医療圏はそれに加えて全域が東京都のベッドタウンとしてニュータウンが次々と建設され、更に圏内に建設された新東京国際空港の関連産業の拠点としての役割を持ち、医療圏内の住民も増えています。

3印旛医療圏の病院の実状

〈患者の搬送時間30分未満の割合が低く、行政で対策を実施中〉
印旛医療圏の中核病院は成田赤十字病院が担っていて、救急医療の分野で一部日本医科大学千葉北総病院が機能を分担している状況です。圏内には平成24年4月1日時点で18の病院と379の一般診療所があり、地域医療を受け持っています。
印旛医療圏の病院の実状で問題な点は、患者搬送に時間が要する点です。平成20年の千葉県の実態調査によれば、印旛医療圏での30分未満での搬送率は30.50%と、千葉県内でも下から2番目、ワーストが千葉県内でも過疎地域の多い山武長生夷隅医療圏であることからすれば、都市圏部同士での比較ではワーストとなってしまいます。
千葉県もこの点を重要視していて、行政方針として救急体制の充実を図るような方策、例えばドクターヘリやラピッドカー等の「医師がいち早く現場に駆け付ける」ことが可能な対策や、地域医療再生基金等を活用しての「病院群輪番制」を充実させるなど、印旛医療圏内の救急搬送時間の短縮を施策の一環として行っています。

4印旛医療圏の実状と今後の見込み

〈千葉県全体と同じ医師不足の問題と共に、医療圏に多い死因への予防対策を実行中〉
平成22年12月31日時点での印旛医療圏の人口10万人あたりの医師数は153.1人で、県内平均の168.9人、全国平均の219.0人には及ばす、医師の数は不足しています。
この実状から千葉県は印旛医療圏への医師受け入れの推進ととともに、圏内での医療提供体制のさらなる整備を行い、医療機関の役割分担の明確化、医療機関相互の業務連携など、医療圏内での医療提供体制を構築する行政施策を実施中です。これにより、医師にとっても働きやすい環境が整う方向に向かいます。
また、印旛医療圏の医療の実状として、死亡の原因は男性/女性ともに「くも膜下出血」、男性の「肺炎」と女性の「心疾患」が県内の他の医療圏と比べて高めの傾向があります。具体的な理由はまだ不明ですが、印旛医療圏では高めの死因となる病気の治療や、死因となる病気の早期発見に繋がる医師の受け入れ、医療機関と自治体との連携により病気発症の要因への行政施策が立案されて、そのための対策が実行されている最中です。

千葉県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		千葉県のコンサルタントに求人紹介を依頼する

参考資料