千葉県「東葛北部医療圏」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

東葛北部医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
東葛北部医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

千葉県の二次医療圏「東葛北部」の概要と特徴

1東葛北部医療圏とは

〈千葉県の北西部に飛び出した部分、関東平野の真ん中にある医療圏〉
千葉県の二次医療圏のひとつである東葛北部医療圏は、千葉県の北西部、利根川と江戸川の流域の平野部に設置された医療圏で、千葉県から北西方向に飛び出した角のような形状をしています。自治体では、松戸市、柏市、我孫子市、流山市、野田市が該当します。利根川と江戸川に沿った地域以外は、ほぼ地形は火山灰台地の平地です。

2東葛北部医療圏の持つ特徴

〈県庁のある千葉市よりも隣の東京都に向けたベッドタウンが中心〉
東葛北部医療圏は、北側と東部は利根川をはさんで茨城県、西側は江戸川をはさんで埼玉県、南側は印旛医療圏や東葛南部医療圏と接しています。東葛北部医療圏全体の面積は約360平方キロメートル、平成24年4月時点での医療圏内人口は135万弱です。
交通の点では、東葛北部医療圏内の南部をJR東日本のJR常磐線が、中央部をつくばエクスプレス線が東西方向に通っていて、沿線は東京方面への交通至便な地域として利用されています。また南北方向へは東武鉄道の東武アーバンパークラインやJR武蔵野線が通り、更には圏内を流鉄線や新京成線、北総鉄道線などが走っていて、公共交通の足は至便です。
また、医療圏内を国道6号線と国道16号線が通り、また常磐自動車道には流山ICと柏ICが設けられていて、各地からの車でのアクセスも容易に行えます。
東葛北部医療圏は元々東京向けの農産物の耕作や地場産業である醤油製造で賑わった地域ですが、現在では県庁所在地の千葉市方面よりも東京方面へのベットタウンが中心となっていて、更に近年は大学や研究所を備えた文教地区や交通の便を生かした工業団地が整備されるなど、「東京のベッドタウンを基に、多様な人々が在住する医療圏」と言えます。

3東葛北部医療圏の病院の実状

〈病院資源は多いが身体合併症の治療が可能な精神科病床の充実が最重要の課題〉
東葛北部医療圏の中核病院は主に国保松戸市立病院が担っていて、一部機能を東京慈恵医科大学附属柏病院が受け持っているという形を取っています。圏内には平成24年4月1日時点で57の病院があり、地域医療を受け持っています。
東葛北部医療圏の問題としては、人口に比べて精神科急性医療病床が少なく、身体合併症治療が可能な精神科病床を有する総合病院が圏内に不在という問題が挙げられます。特に今後治療に繋がる患者数が増え続けるであろう「アルコール依存症の治療」のような、身体合併症と精神科の治療とを同時に行える総合病院や病床の整備が求められていて、県の保健医療計画でも特に東葛北部医療圏の重要な課題とされています。

4東葛北部医療圏の実状と今後の見込み

〈医師不足への対応及び医療圏内で多い死因への対応が可能な医師が必要〉
平成22年12月31日時点での東葛北部医療圏の人口10万人あたりの医師数は151.0人で、県内平均の168.9人、全国平均の219.0人には及ばす、医師の数は不足しています。
このため東葛北部医療圏においても、医師の受け入れを推し進めるとともに、圏内での医療提供体制の整備を行い、医療機関相互の約悪の分担や業務の連携などの医療提供体制を更に構築していく方針です。その体制が構築されることで、医師にとっても働きやすい環境となるでしょう。
また、東葛北部医療圏の特徴として、死亡の原因として男性/女性ともに「肺がん」が、女性での「大腸がん」「クモ膜下出血」「自殺」が、県内の他の医療圏と比較して比較的高いという傾向があります。具体的な理由は不明ですが、東葛北部医療圏ではこれらの傷病治療のための医師増のみならず、予防医療に携わる医師の受け入れや、医療機関と自治体が連携することで傷病を早期発見するための行政施策が不可欠で、現在そのための施策の実行が為されています。

千葉県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		千葉県のコンサルタントに求人紹介を依頼する