神奈川県「相模原医療圏」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

相模原医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
相模原医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

神奈川県の二次医療圏「相模原」の概要と特徴

1はじめに

〈神奈川県相模原医療圏の概要〉
神奈川県の二次医療圏である相模原は、神奈川県の政令指定都市、相模原市で構成されています。元々は旧・相模原市と津久井町、相模湖町、城山町、藤野町の5つの自治体で「二次医療圏:県北」と呼ばれていましたが、旧・相模原市が他の4つの町を吸収合併して新・相模原市となり、更に政令指定都市となったことで、その新・相模原市全体を二次医療圏「相模原」と名称を変更したものです。現在では相模原市の「中央区」「南区」「緑区」の各行政区を含みます。
圏内の総面積はおよそ329平方キロメートル、人口は平成24年1月1日現在でおよそ72万人弱です。
地質は医療圏内東部の平地部は火山灰台地、西部は山岳地帯となっています。

2相模原医療圏の特徴

〈昭和初期から軍事施設の街として栄え、現在は東京や横浜のベッドタウンで交通至便〉
相模原医療圏の東部は広大な丘陵台地の平地が広がっている地形から、昭和20年以前は旧日本陸軍の、20年以降は進駐アメリカ軍の基地施設が建設され、軍都として栄えた地域でした。その後一部の基地施設を除いて土地は民間に返還され、現在は東京や横浜方面への通勤のためのベッドタウンや大学施設等の文教地区として栄えています。
交通の面では、医療圏東部をJR東日本のJR横浜線とJR相模線が南北に通り、圏内を結んでいます。また南区には小田急電鉄の小田原本線が、緑区には京王電鉄の京王相模原線が通り、それぞれ東京都の新宿と結んでいます。このため圏内東側の旧・相模原市地区は鉄道が至便です。
一方で圏内西側は、旧・相模湖町、旧・藤野町にはJR東日本のJR中央本線が東西に通り、八王子、新宿方面への鉄道は至便ですが、同じ相模原医療圏の東部地区へは高尾駅と八王子駅での乗換を必要とします。旧・津久井町、旧・城山町には鉄道は通っていないものの、橋本駅からバスが頻繁に運行されています。
このように相模原医療圏内は、乗換の手間以外では医療圏内の移動が行いやすいと言えます。

3相模原医療圏の病院の実状

〈10万人あたりの病院数は県平均以上、一般診療所数は県平均以下〉
相模原医療圏の中核病院は、国立病院機構相模原病院や神奈川県厚生連相模原協同病院が分担して役割を担い、救急救命については北里大学病院が役割を担うという状態です。ただし、周産期救急医療に関しては従来の相模原医療圏に県央医療圏と秦野市とを加えた「北相県央」というブロックで、耳鼻咽喉科救急医療については従来の医療圏別に県央医療圏の東半分と寒川町とを加えた「相模・県央」というブロックで対応する仕組みになっています。
相模原医療圏内の平成22年10月1日時点の病院数は35、一般診療所数は385となっていますが、どちらも旧・相模原市に該当する医療圏東部に集中していて、相模原医療圏内での病院や診療所の偏在の傾向が見られます。また医療圏内の人口10万人あたりの一般診療所数は53.7件で、神奈川県全体の70.8件を大きく下回っている実状があり、一般診療所の数を増やしてより住民に寄り添った医療の提供が求められています。

4相模原医療圏の医師数の実状と今後の課題

〈医師の大病院への集中ではなく住民への身近な医療サービスの提供の必要性〉
神奈川県内の医療圏全体で「医師数の不足」という問題が挙げられていて、平成22年12月31日現在での人口10万人あたりの医師数は、神奈川県全体では195.4人と全国での219.0人を大きく下回っています。ただし相模原医療圏単独では、235.9人と全国での数値を上回っていて、一般診療所数の少なさと比較して考察すると、大病院への医師の集中が見て取れます。
このような状況を打開するために相模原医療圏では、身近な地域における医療体制を充実して、各医療機関の役割分担と情報共有を明確化する行政指針が出されています。行政の指導の元に、開業医の需要が求められている医療圏です。
療圏はより地域の医療連携が活発になり、その結果として医師の側としても働きやすい医療圏になることが見込まれます。

神奈川県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		神奈川県のコンサルタントに求人紹介を依頼する