神奈川県「湘南西部医療圏」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

湘南西部医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
湘南西部医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

神奈川県の二次医療圏「湘南西部」の概要と特徴

1はじめに

〈神奈川県の湘南西部医療圏の概要〉
神奈川県の二次医療圏である湘南西部医療圏は、神奈川県南部の平野部及び丘陵地からなる地区で、平塚市、秦野市、伊勢原市、大磯町、二宮町の5の自治体から構成されています。
圏内の総面積はおよそ635平方キロメートル、人口は平成24年1月1日現在でおよそ59万4千人です。
医療圏内の地質は、相模川と金目川流域地域は三角州性低地、相模湾に面した地域は砂丘や砂堆、内陸部の盆地や丘陵地は火山性台地、そして北部と北西部は山岳地帯となっています。

2湘南西部医療圏の特徴

〈交通至便で、首都圏への通勤住民と圏内への企業や大学の移転により人口が増加傾向〉
湘南西部医療圏の東部は関東平野の最西南部であり、北部と西部は丘陵地と盆地を挟み丹沢山系の山地につながり、南部は相模湾に接しています。
相模湾に接した海岸部分は海水浴を中心とした首都圏の観光地として、また山岳部分は江戸時代から「大山」という江戸近郊からの観光地として現在も有名です。内陸部はかつてタバコの葉の産地として有名でしたが、現在はタバコの葉の栽培に代わり、花きや野菜、果実などを産物とする農業が盛んに行われています。さらに東京や横浜への通勤圏の拡大により、湘南西部医療圏内でも首都圏のベッドタウン化が広がり、逆に医療圏内の環境を求めて都心部の大学のキャンパスや大企業の工場や研究所が移転してくるなど、産業もバランスが良く人口も増加傾向にあります。
交通の点では、湘南西部医療圏内にJR東日本のJR東海道本線と小田急電鉄の小田急小田原本線が通り、公共交通は鉄道沿線では至便です。ただしエリア内に山岳地帯等を含むため、場所により交通の便には差があります。

3湘南西部医療圏の病院の実状

〈高齢化と生活習慣病対策、住民への健康意識改革への啓発活動がまず必要な医療圏〉
湘南西部医療圏の中核病院は、東海大学医学部付属病院が担っていて、圏内には平成22年10月1日時点で22の病院と386の一般診療所が存在します。
湘南西部医療圏の課題の中で大きなものは、急速に進む住民の高齢化とそれに伴いがんや心疾患など生活習慣病由来による死亡者が増加している点です。更に、高齢化による認知症患者及び寝たきり等の要介護高齢者の増加から、疾病構造の急激な変化や多種多様な健康状態の細分化も課題となっています。そのため神奈川県は湘南西部医療圏の行政方針として、住民一人ひとりが自身の健康を自覚し、問題時での的確な対応と必要な情報提供を行う方針を立てています。
具体的には生活習慣病の予防や早期の発見と治療のため、特定健康診査、がん検診など普段の医療機関での検診や検査の受診率の向上を行うように指導を行っています。更には地域住民が医療機関を適切に選択できるように、分かりやすい医療機能情報の提供や相談体制の充実に努める一方、日頃から住民本人の身近なところで健康管理を行うかかりつけ医の普及啓発を行うなどの行政施策を実施しています。

4湘南西部医療圏の医師数の実状と今後の課題

〈医師数は多いが、今後は医療サービスの平等な提供が医療行政としての課題〉
神奈川県には「慢性的な医師数不足」という課題があり、平成22年12月31日現在での人口10万人あたりの医師数は、神奈川県は195.4人と全国の219.0人を大きく下回っています。ただし湘南西部医療圏では233.1人と、神奈川県はもとより全国での値をも上回っています。
このように人口比で医師が多い湘南西部医療圏ですが、今後の課題として医療圏内の住民が「皆平等に良質かつ適切な医療サービスを受けられる」という点を基本として、保健医療の提供体制を更に整備する必要があります。
神奈川県では、5大疾病(がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病及び精神疾患を指す)及び在宅医療に係る医療体制を病病連携や病診連携を通じて整備し充実させ、湘南西部医療圏の住民一人ひとりの症状に合致した医療を提供する体制作りを課題と捉えています。その中でも近年増加している、認知症や脳卒中などで要介護状態となった患者を支援していく地域の取組を強化するために、行政施策として医療関係職種の連携による地域包括ケアシステムの構築に取り組んでいく予定です。

神奈川県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		神奈川県のコンサルタントに求人紹介を依頼する