神奈川県「湘南東部医療圏」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

湘南東部医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
湘南東部医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

神奈川県の二次医療圏「湘南東部」の概要と特徴

1はじめに

〈湘南東部医療圏の概要〉
神奈川県の二次医療圏である湘南東部は、神奈川県中央部の相模湾沿いの地区で、藤沢市、茅ヶ崎市、寒川町の3つの自治体で構成されています。圏内の総面積はおよそ119平方キロメートル、人口は平成24年1月1日現在でおよそ70万人弱です。

2湘南東部医療圏の特徴

〈東京及び横浜圏のベッドタウンと共に有名観光地も有する〉
相模湾に面した温暖な地区で、住民の多くが東京都内や横浜地区への通勤を行う、大都市のベッドタウンの役割を果たしている地区です。医療圏内の藤沢市と茅ヶ崎市をJR東海道線が東西に貫き、横浜、東京方面へは乗り換えなく行くことができます。また藤沢市を南北に小田急江ノ島線が貫き、東京都内の新宿地区までも小田急で乗り換えなく行くこともできます。
また茅ヶ崎市から分岐するJR相模線が寒川町を南北に貫き、更に藤沢駅から鎌倉方面へ向かう江ノ島電鉄や、藤沢市北部の湘南台駅から直接横浜方面に向かう相模鉄道も走っていて、圏内の公共交通の便はとても良好です。更に現在、藤沢市北部と寒川町を通過する東海道新幹線にも通勤用の新駅が新設される構想があり、これが実現すれば湘南東部圏内と東京都心とのアクセスが格段に良くなります。
また一方で、湘南東部医療圏の相模湾岸は首都圏でも有名な海水浴場が並び、更に圏内最南端には日本でも有数な著名観光地の江の島があります。夏場を中心に観光客で賑わう観光地も、圏域内に持ち合わせています。

3湘南東部医療圏の病院の実状

〈10万人あたりの病院数は県の平均以下だが、診療所数は県の平均以上〉
湘南東部医療圏の中核病院は、藤沢市民病院がその役割を担っていて、茅ヶ崎市立病院が役割を補うという状態です。ただし、高度・専門・特殊な医療需要への対応を行う特定機能病院は湘南東部圏内にはなく、湘南西部医療圏内の伊勢原市にある東海大学病院、もしくは横浜南部医療圏内にある横浜市立大学医学部附属病院になります。(2つの特定機能病院のうちいずれが近いか、交通の便が良いかは、湘南東部圏内のどこに住んでいるかにより異なります。)
2つの公立病院を含む圏内の病院数は23、一般診療所数は535(いずれも平成22年10月1日現在)であり、人口10万人あたりの病院数は神奈川県の平均を下回るものの、一般診療所数は神奈川県の平均を上回っています。
ただし、平成24年1月の神奈川県の調査では、県内でいわゆる「『かかりつけ医』を持っていない」と答えた人の割合が50%を超えていて、一般診療所が有効に活用されていない実態が明らかにされています。湘南東部地域でも、かかりつけ医としての一般診療所を有効に活用するための医療行政の政策が必要です。

4湘南東部医療圏の医師数の実状と今後の課題

〈どの報告書にも登場する「神奈川県の医師数不足」を超える「湘南東部の医師数不足」〉
湘南東部医療圏に限ったことではないのですが、神奈川県内の医療圏全体で「医師数の不足」という問題が挙げられています。湘南東部医療圏においては問題が特に顕著で、平成22年12月31日現在での人口10万人あたりの医師数は、神奈川県全体では195.4人と全国の219.0人人を大きく下回っていますが、更に湘南東部医療圏では165.0人と更に県平均を大きく下回っています。
湘南東部医療圏の人口自体は現在でも増加しているので、人口増に医師の増加が追いつかない構図が見て取れます。
気候の面でも交通の便の面でも申し分のない湘南東部医療圏なので、ぜひとも人口増に応じて医師数の増加が可能な医療政策が望まれます。

神奈川県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		神奈川県のコンサルタントに求人紹介を依頼する