埼玉県「秩父医療圏」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

秩父医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
秩父医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

埼玉県の二次医療圏「秩父」の概要と特徴

1埼玉県の二次医療圏の再設定について

〈行政の5ヶ年計画での行政圏変更と共に、医療圏も旧来の9から新規の10に変更〉
埼玉県は、平成21年度迄は県の行政中期計画を立てる際に、広域行政圏を9ヶ所に区分して広域行政圏毎に中期計画を立てていて、二次医療圏も広域行政圏毎に設定していました。しかし平成22年度の中期計画以降は広域行政圏の区割り変更を実施して、医療圏も広域行政圏に合わせて10ヶ所としています。
変更理由を記載した資料は無いのですが、埼玉県の各々の市町村の人口の流動、及び生活圏のつながりが、県内相互よりも東京都との方が密接という点から、いわゆる「東京方面から伸びる鉄道沿線毎に広域行政圏を再編成した」という意図、そして「政令指定都市となったさいたま市を広域行政圏として独立させた」という意図が読み取れます。
この広域行政圏に合わせて二次医療圏も再設定されましたが、今回取り上げる秩父医療圏はたまたま「旧・秩父医療圏」と同一で設定されています。

2埼玉県の二次医療圏「秩父」とは

〈埼玉県西部の秩父山地及び秩父盆地内の自治体に設定された医療圏〉
埼玉県の秩父医療圏は埼玉県の最西部、荒川が秩父山地内を流れる上流の流域部分で、秩父鉄道の沿線の、秩父市、皆野町、長瀞町と、西武鉄道の西武秩父線沿線の横瀬町、そして鉄道の無い小鹿野町の1市4町で構成されています。秩父医療圏の面積はおよそ890平方キロメートル、人口は平成22年国勢調査時で約10万8千人です。
医療圏内全域が高峻な秩父山地と荒川水系の秩父盆地内にあり、地形は盆地部が砂礫台地、他はほぼ山岳地帯の地形です。

3秩父医療圏の特徴

〈新宿や池袋との交通の便が良い居住地区に加え、文教地区や農業地区も合わせ持つ〉
秩父医療圏は中央部から西部にかけてはすべて山岳地帯で、埼玉県の最高峰である甲武信ヶ岳をはじめとして標高2000メートル級の山々が数多くあります。医療圏内の人々の主な人口密集地は医療圏内東部の荒川沿岸に沿って広がる秩父盆地内です。
鉄道は秩父盆地内を荒川に添って秩父鉄道が通り、埼玉県内の寄居市や熊谷市と結ばれています。また秩父市と横瀬町を南東方向に向かって西武池袋線が通り、飯能市や所沢市経由で東京都の池袋と結ばれています。鉄道沿線以外にはバスの便がありますが、決して利用しやすい便数が確保されているわけではないので、医療圏内の移動は自家用車を用いるのが安全です。
秩父医療圏内での中心となる産業はセメント生産業で、圏内各地にセメント生産や各種材料系、鉱業系の工場が点在しています。一方で秩父医療圏内は観光業も大きな割合を占め、首都圏の手軽な観光地である長瀞や三峰山など、観光資源にも富んでいます。

4秩父医療圏の抱える問題と今後の対策

〈首都圏ながら医師不足の問題が大きな医療圏で、医療行政改革が優先して行われる〉
秩父医療圏には中核病院と呼ばれる病院が存在せず、医療圏内の複数の自治立体病院、組合立病院、医療法人病院が役割を分担している状態です。秩父医療圏内には9ヶ所の病院(地方厚生局 平成24年11月調査)と87ヶ所の一般診療所(平成23年医療施設調査 厚生労働省)が存在します。
ただし平成23年度時点で埼玉県全体では、平成22年末統計で人口10万人あたりの医師数が142.6人と全国での219.0人を大きく下回り全国の都道府県では最下位となっています。その上「人口10万人あたりの病院に勤務する医師数」の統計では秩父医療圏では県全体の54.1%という数値になっていて、県内の他の二次医療圏と比較しても最低人数となっています。埼玉県自体の医師数が大幅に不足していることからも、秩父医療圏もさらなる医師数増加を必要としています。
その上、更なる問題があります。埼玉県といえば東京都に隣接する首都圏の一部とみなされ、医療もある程度充実しているものと思われがちですが、秩父医療圏は埼玉県の中でも特殊な過疎地域で、最新の地域医療再生計画や圏域別取組書においても「救急医療体制の確保」「産科医療の確保」「小児医療の確保」「在宅医療の充実」など、様々な問題が挙げられています。
しかし今後は埼玉県も、秩父医療圏の医療体制の再構築に行政主導で率先して関わっていく方針を立てていますので、この先は現状よりも医療体制の構築が十分に為され医師が働きやすい環境が整うものと考えられます。秩父医療圏の医師の需要はこの先に増加が見込まれるため、早めに医療体制の再構築に参加しておくのも、今後に有益な選択となるでしょう。体制を整備充実することなどが挙げられています。今後埼玉県としても、より具体的な施策の立案を行っていく方針です。

埼玉県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		埼玉県のコンサルタントに求人紹介を依頼する