埼玉県「川越比企医療圏」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

川越比企医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
川越比企医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

埼玉県の二次医療圏「川越比企」の概要と特徴

1埼玉県の二次医療圏の再設定について

〈5ヶ年計画での広域行政圏変更のため、医療圏も従来の9から10に変更〉
埼玉県は、平成21年度迄は県の中期行政計画を作成する際に、圏内を9ヶ所の広域行政圏に分けて各々の圏について計画立案を行いました。二次医療圏も広域行政圏と一致した9ヶ所の医療圏にて対応を行ってきました。しかし平成22年度に広域行政圏の変更を実施し、医療圏も広域行政圏の数と同じ10ヶ所に変更しました。
変更の理由は公的には「地域特性の共通性や日常生活圏の一体性などに配慮」との記載ですが、変更理由を一般的な視野から推測すると、埼玉県は東西に細長く、各地区の人口流動や生活圏がすべて「東京都から伸びる鉄道沿線毎にある」という現状から、「鉄道沿線毎に医療圏を再設定した」こと、そして「政令指定都市となったさいたま市を広域行政圏として独立させた」という意図ではないかと考えられます。
この広域行政圏と同時に二次医療圏も設定し直され、今回取り上げる川越比企医療圏は、「旧・比企」医療圏に、「旧・西部第二」医療圏から飯能市と日高市を外したエリアと、「旧・西部第一」医療圏から川越市のみを合併させたものです。
ただし、現時点では医療圏の移行期間として業務手続きを維持する都合上、川越比企医療圏内に医療副次圏を置き「川越比企(北)医療圏」として旧・比企医療圏を、「川越比企(南)医療圏」として旧・西部第一と西部第二の両医療圏の該当部を充てています。

2埼玉県の二次医療圏「川越比企」とは

〈東武鉄道の東武東上線沿線と越生線の沿線及びその周辺地区で構成される医療圏〉
埼玉県の川越比企医療圏は東武鉄道の東武東上線の川越市以北の沿線と支線の東武越生線沿線、及びその周辺地域からなる医療圏で、川越市、東松山市、坂井戸市、鶴ヶ島市、毛呂山町、越生町、滑川町、嵐山町、小川町、川島町、吉見町、ときがわ町、鳩山町、東秩父村の4市9町1村で構成されています。このうち川越比企(北)医療圏は東松山市、滑川町、嵐山町、小川町、川島町、吉見町、ときがわ町、東秩父村が、北部(西)医療圏は川越市、坂井戸市、鶴ヶ島市、毛呂山町、越生町、鳩山町が該当します。
川越比企医療圏の面積は約630平方キロメートル、人口は平成22年国勢調査時で約 80万人です。
地形上はおおまかに言えば、川越比企医療圏の西部は外秩父山地等の山岳地帯で、医療圏の北部は「比企丘陵」と呼ばれる丘陵地、南部は「武蔵野台地」と呼ばれる火山灰台地になります。

3川越比企医療圏の特徴

〈東武東上線沿線の交通至便で、東京向けのベッドタウンと工業、農業が盛んな地域〉
川越比企医療圏内を南東から北西に向けて東武鉄道の東武東上線が貫き、医療圏内相互、及び中心的な公共交通手段となっています。また東武東上線の支線である東武越生線、そしてJR東日本のJR八高線が通り、エリア内の3町1村以外には鉄道の路線が通っています。
また、鉄道が通っていない3町には東武東上線最寄り駅からのバスの便がかなり多くあり、町内にニュータウンも建設されていて東京郊外のベッドタウンとなっています。
道路の面では、関越自動車道が医療圏内を南東から北西方向に縦断して、また首都圏中央連絡自動車道が医療圏南部を北東から南西方向に横断していて、圏内の各地にICがあり自家用車での移動も容易と言えます。
産業は、工業分野では川越市が化学工業、業務用機械器具など医療圏内の工業の中核的役割を果たし、自動車道のJCTが近隣にある立地条件から、東松山市に物流拠点が集中しているなど、医療圏のエリアが埼玉県中部地域の工業の拠点となっています。一方で農業も盛んに行われ、江戸時代から有名な川越のサツマイモをはじめ、水稲、いちごなどの施設園芸農作物、大豆、野菜、花きなど、医療圏内では多彩な農業が行われています。

4川越比企医療圏の抱える問題と今後の対策

〈埼玉県全体が抱える医師不足と、生活習慣病由来の疾病の発症や重症化の予防が課題〉

川越比企医療圏の中核病院は埼玉医科大学総合医療センターが担っていて、医療圏内に49ヶ所の病院(地方厚生局 平成24年11月)と458ヶ所の一般診療所(平成23年医療施設調査 厚生労働省)が存在します。
ただし、平成23年度時点で三次医療圏の埼玉県全体でも、平成22年末統計で人口10万人あたりの医師数は142.6人と全国平均の219.0人を大きく下回り全国の都道府県では最下位となっています。具体的に川越比企医療圏の人口10万人あたりの医師数を提示した資料は無いのですが、「人口10万人あたりの病院に勤務する医師数」の統計では川越比企医療圏では県全体の167.0%であり、川越比企医療圏は埼玉県の中では比較的医師が多い方と考えられますが、埼玉県自体の人口10万人あたりの医師数が全国最下位という実態や、川越比企医療圏内には埼玉医科大学附属病院や埼玉医科大学総合医療センター等の勤務医を多数抱えた病院が複数あることから、逆に一般診療所の医師数は多くないと推測できます。このような状況からも、川越比企医療圏でのさらなる医師の増加が必要です。
川越比企医療圏の年齢別人口比は、年少人口が13.3%、生産年齢が66.3%、老年人口が20.4%であり、高齢化率は埼玉県とほぼ同程度となっています。
更に川越比企医療圏が抱える現状の問題として、医療圏内の住民の中で疾病全体に占める「がん/心臓病/脳卒中/糖尿病」等の割合が増加している問題があります。いずれも生活習慣病の範疇に入る疾病で、県全体の人口の高齢化とも比例しています。
これについて埼玉県は「生活習慣の改善を含む健康増進対策の推進」の方針を掲げています。すなわち、医療圏において多様な健康の増進事業を展開して、栄養、運動、飲酒、休養、喫煙等の課題に関し、住民参加を基本にして住民が自ら生活習慣の改善に取り組める地域づくりを目指して、医療行政を行っています。具体的には「健康増進に関する知識の普及及び啓発や、生活習慣業の発症予防と重症化予防を目的にした効果的な特定保健指導などを施策として実施しています。

埼玉県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		埼玉県のコンサルタントに求人紹介を依頼する