埼玉県「南部医療圏」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

南部医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
南部医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

埼玉県の二次医療圏「南部」の概要と特徴

1はじめに

〈平成22年の行政圏変更に伴い、従来の医療圏を9から10に変更〉
平成21年度迄の埼玉県では県の行政の中期計画立案では、県内を9個の広域行政圏に分けて各々の圏ごとに計画を立てていました。二次医療圏も広域行政圏と同一の地区として設けていました。しかし平成22年度以降は地域特性の共通化や日常生活の一体性という視点で広域行政圏の見直しにて10個の広域行政圏に変更し、医療圏の数も広域行政圏と一致させて10個としました。
この二次医療圏の再設定により、今回取り上げる南部医療圏も、「旧・中央医療圏」から東京都北区の各駅と接続する路線沿線中の、さいたま市以南の自治体を独立して設定した二次医療圏になっています。

2埼玉県の二次医療圏「南部」とは

〈JR京浜東北線や埼京線、東京メトロ南北線に直結したエリアの自治体〉
埼玉県の南部医療圏は、さいたま市と東京都北区に挟まれた埼玉県南部に位置し、JR東北本線(京浜東北線)、JR埼京線、および埼玉高速鉄道(東京メトロ南北線と直通運転)の沿線の、川口市、蕨市、戸田市の3つの自治体で構成されています。南部医療圏の面積はおよそ85平方キロメートル、人口は平成22年国勢調査時で約76万人です。
医療圏内の地形は圏内西部から中央部が荒川やその支流による三角州性低地と自然堤防で、圏内北東部に火山灰台地があります。

3南部医療圏の特徴

〈以前は鋳物産業の中心だった地域も、現在は東京の典型的なベッドタウン〉
南部医療圏は南北方向に、中央部をJR京浜東北線、西部をJR埼京線、東部をすべての列車が東京メトロ南北線に直通する埼玉高速鉄道が通っていて、どの路線も東京都心部に直通しています。またJR京浜東北線と埼京線は赤羽駅で、JR京浜東北線と東京メトロ南北線は王子駅で、東京メトロ南北線と山手線が駒込駅で乗換が可能で、どの路線沿線からでも一度の乗り換えで東京の主要地区すべてに向かうことが可能です。
南部医療圏内を東西に通じる鉄道路線はありませんが、圏内全域を国際興業バスが運行エリアとしてカバーしていて、更に川口市、蕨市、戸田市の各自治体コミュニティーバスが、最寄り駅と市内各地に運行網を確保しているので、公共交通の便に不便はありません。
医療圏内の川口市は鋳物工場の街として江戸時代から約100年間日本の産業を支えてきまた。現在では市内各地に分散していた古くからの鋳物工場の多くを新しく開発した郊外の工業団地に移設新築して、工場の跡地をマンションなどの住居用に開発したことで、川口市も蕨市、戸田市と同じく「東京都内への通勤用ベッドタウン」として、医療圏内の人口密度が急増しています。

4南部医療圏の抱える問題と今後の対策

〈県全体の課題の医師不足解消と、人口密度の高さから感染症被害拡大の防止が急務〉
南部医療圏の中核病院は埼玉県済生会川口総合病院が担っていて、川口市立医療センターや戸田中央総合病院、蕨市立病院などがその補助的な役割を担っています。南部医療圏内には400ヶ所程度の病院及び一般診療所が存在します。
ただし三次医療圏である埼玉県全体でも、平成22年末統計で人口10万人あたりの医師数は142.6人と全国平均の219.0人を大きく下回り全国の都道府県では最下位となっています。
埼玉県自体では医師の増加実数は全国でもトップクラスでも、人口の増加率がそれ以上のために人口10万人あたりの医師数が増えないという実態があるようです。具体的に南部医療圏の人口10万人あたりの医師数を提示した統計資料は無いのですが、「人口10万人あたりの病院に勤務する医師数」の統計では南部医療圏では県全体の88.3%という数値で、県全体の値よりも低くなっています。そのために南部医療圏では医師数増を必要としています。
また、南部医療圏は埼玉県内でも特に人口密度が高い地域です。平成22年時点の統計では埼玉県全体に対して、面積比で2%を占めるにすぎない一方で人口比は11%を占め、人口密度は埼玉県内の二次医療圏では最多です。そのため自然災害由来の感染症や新型インフルエンザ等の新興感染症が発生した際に、より一層被害が拡散され大きくなる危険があります。
このため南部医療圏では、平常時から健康危機管理体制への取り組みとして地域内の関連部門の連携体制を機能させておく必要があり、市や保健所、介護保険事業者、医療機関、薬局などが連携して速やかに住民への対応が可能な健康危機管理体制を整備していく医療行政の方針が打ち出されています。そのために、住民に一番近いところにいる「かかりつけ医」の重要性が今後とも増し、医療圏内での医師の需要もますます増加しています。

埼玉県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		埼玉県のコンサルタントに求人紹介を依頼する