埼玉県「西部医療圏」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

西部医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
西部医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

埼玉県の二次医療圏「西部」の概要と特徴

1埼玉県の二次医療圏の再設定

〈5ヶ年計画での行政圏変更に伴い、従来の9の医療圏から10の医療圏に変更〉
埼玉県では、平成21年度迄は県の中期計画を立案する際に、広域行政圏を9つの区分に分けて各々の圏ごとに計画を立てていて、二次医療圏も広域行政圏に一致して設けていました。しかし平成22年度からは広域行政圏の区割りの変更を行い、医療圏も広域行政圏の数に合わせて10としました。
これは埼玉県は東西に長い県であり、各々の地区の人口流動や生活圏のつながりが県内相互よりも東京都との方が近いことで、いわゆる「東京方面から伸びる鉄道沿線毎に広域行政圏を変更し直した」という現実的な意図、そして「政令指定都市たるさいたま市を広域行政圏として独立させた」という意図が考えられます。
この広域行政圏に合わせて二次医療圏も再設定され、今回取り上げる西部医療圏も、「旧・西部第一医療圏」と「旧・西部二次医療圏」の中の西武鉄道・西武新宿線と西武池袋線に沿った、もしくはJR八高線経由で西武池袋線と接続する自治体となっています。

2埼玉県の二次医療圏「西部」とは

〈西武鉄道沿線付近の自治体を旧・西部第一医療圏と西部二次医療圏から独立した医療圏〉
埼玉県の西部医療圏は西武鉄道の沿線の、所沢市、狭山市、入間市、飯能市と、JR八高線により東飯能駅で西武池袋線に接続する日高市の5市で構成されています。西部医療圏の面積はおよそ400平方キロメートル、人口は平成22年国勢調査時で約79万人です。
医療圏内の西地区の山岳地帯を除き、地形はほぼすべてが関東ローム層の火山灰台地上にあります。

3西部医療圏の特徴

〈新宿や池袋との交通の便が良い居住地区に加え、文教地区や農業地区も合わせ持つ〉
西部医療圏の中での居住地は主に医療圏内の東地区で、医療圏内を西武新宿線と西武池袋線が東西に通じ、新宿及び池袋方面への通勤目的の在住者が中心となっています。更に圏内をJR八高線が南北に通じて東飯能駅で西武池袋線と接続していて、沿線から新宿地区や池袋地区までの通勤エリアとなっています。また、県庁所在地のさいたま市方面には所沢市からJR武蔵野線が、日高市からはJR川越線が通じていて、通勤利用が可能となっています。
また医療圏内には大学が多く、武蔵野音大や大妻女子大、防衛医科大などの大学、短期大学が圏内に散在する文教地区にもなっています。
更に医療圏内では農業も盛んで、特に『狭山茶』ブランドの茶の栽培が県内全域で行われていて、県別で全国第10位の栽培面積と全国第13位の収穫量を持つ茶葉の一大生産地となっています。

4西部医療圏の抱える問題と今後の対策

〈県としての医師不足解消と、安心して子育てができる環境整備のための医師の需要〉
西部医療圏の中核病院は独立行政法人国立病院機構埼玉病院が担っていて、医療圏内に500ヶ所を超える病院及び一般診療所が存在します。
ただし平成23年度時点で三次医療圏である埼玉県全体でも、平成22年末統計で人口10万人あたりの医師数は142.6人と全国平均の219.0人を大きく下回り全国の都道府県では最下位となっています。埼玉県自体では医師の増加実数は全国でもトップクラスでも、人口の増加率がそれ以上のために人口10万人あたりの医師数が増えないという実態があるようです。
具体的に西部医療圏の人口10万人あたりの医師数を提示した統計資料は無いのですが、「人口10万人あたりの病院に勤務する医師数」の統計では西部医療圏では県全体の130.3%という数値になっていて、県内の他の二次医療圏との比較では上位第二位となっています。とは言え埼玉県自体の医師数が大幅に不足していることからも、西部医療圏もさらなる医師数増加を必要としています。
更に、平成22年度での西部医療圏内での低体重児出生率は10.2%と、埼玉県全体の9.5%を上回っているという実態があります。この点について埼玉県は、妊娠・出産期からの母親の相談や支援に努め、早期から支援を必要とする対象者を把握して、養育指定医療機関、圏内の各市、保健所と連携を取った上で支援を実施する医療行政の方策を打ち出しています。働きながら妊娠、出産、育児をする女性が増えて、結婚や出産の高齢化が進んでいることから、地域として安心して子育てができる環境整備が必要で、そのためにも家族に一番近い場所にいる「かかりつけ医」の存在が不可欠です。このような視点からも西部医療圏では、地域の子育て支援の環境整備の一環としての医師数増加を医療行政の施策としています。

埼玉県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		埼玉県のコンサルタントに求人紹介を依頼する