埼玉県「東部医療圏」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

東部医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
東部医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

埼玉県の二次医療圏「東部」の概要と特徴

1埼玉県の二次医療圏の再設定について

〈埼玉県の行政の5ヶ年計画において広域行政圏変更により、医療圏も合わせて変更〉
埼玉県では県の中期計画を立案する際に、当初は地域ごとに9つの広域行政圏に分けて各々の圏での行政計画を立てていました。二次医療圏も広域行政圏に一致して9医療圏で運営していましたが、平成22年度に県の行政改革の一環として広域行政圏の変更を行い、医療圏もそれにともなって10医療圏になりました。
この変更理由は「地域特性の共通性や日常生活圏の一体性などに配慮」となっていますが、埼玉県は東西方向に長い県であり、県内各地区の人口流動や生活圏がすべて「東京方面から伸びる鉄道沿線毎に存在する」という事情から、「鉄道沿線毎に医療圏を再設定した」という現実的な意図、そして「政令指定都市となったさいたま市を広域行政圏として独立させた」という差別化の意図が想像できます。
この広域行政圏と一致する二次医療圏も設定し直され、今回取り上げる東部医療圏は、「旧・東部医療圏」から蓮田市を利根医療圏に変更した地域です。ただし、現時点では医療圏エリアの人口数及び業務手続の継続性を維持する都合上、東部医療圏内に医療副次圏を置き、「東部(北)医療圏」として春日部市、越谷市、松伏町を、「東部(南)医療圏」として草加市、八潮市、三郷市、吉川市を充てています。

2埼玉県の二次医療圏「東部」とは

〈埼玉県の最南東部、東武スカイツリーライン沿線と江戸川東岸にまたがった医療圏〉
埼玉県の東部医療圏は東武鉄道の東武スカイツリーライン沿線、東武アーバンパークライン沿線及びその2つの路線に囲まれた東側の自治体からなり、春日部市、草加市、越谷市、八潮市、三郷市、吉川市、松伏町の6市1町で構成されています。このうち東部(北)医療圏は春日部市、越谷市、松伏町が、東部(南)医療圏は草加市、八潮市、三郷市、吉川市が該当します。
東部医療圏の面積はおよそ250平方キロメートル、人口は平成22年国勢調査時で約 111万8千人です。
地形上はほぼ全域が中川低地に含まれ、東部医療圏の東部を流れる江戸川、及び医療圏内を流れる中川、元荒川、綾瀬川によって形成された三角州性低地と自然堤防になります。

3東部医療圏の特徴

〈交通の便が至便で、東京方面のベッドタウンと農業・工業地域が混在する地域〉
東部医療圏内西側を東武鉄道の東武スカイツリーラインが南北方向に通り、東京メトロに乗り入れて都心部直通の電車が頻発しています。また医療圏南部の八潮市、三郷市にはつくばエクスプレス線が開通して、東京へのアクセクが改善されています。更に圏内を東武アーバンパークラインとJR東日本のJR武蔵野線が東西方向に走り、さいたま市とも交通至便です。
このため現在の東部医療圏エリアは、さいたま市や東京都方面のベットタウンとなっていますが、元々この圏域は古代以降「南北に奥州街道(日光街道)の通るエリア」として賑わっていて、江戸時代の頃には現在の草加市や春日部市では伝統工芸産業も盛んに行われていて、現在もその産業が引き継がれています。また土地の地形を生かした農業も盛んで、米、根菜、ネギ、葉物野菜などの近郊農業が行われています。
このように東部医療圏は、古い伝統と新しいベッドタウンとが共存している医療圏であり、東京都心やさいたま市へのアクセスが良好なことで、今後も人口増の傾向でしょう。

4東部医療圏の抱える問題と今後の対策

〈新規の住民が多い地域なので、地域医療体制の十分な構築を行う方針を実施中〉
東部医療圏の中核病院は春日部市立病院の他、救急医療分野においては獨協医科大学越谷病院が埼玉県の三次救急病院と位置付けられています。東部医療圏内に48ヶ所の病院(地方厚生局 平成24年11月)と540ヶ所の一般診療所(平成23年医療施設調査 厚生労働省)が存在します。
三次医療圏の埼玉県では、平成22年末統計で人口10万人あたりの医師数は142.6人と全国平均の219.0人を大きく下回り全国の都道府県では最下位となっています。具体的に東部医療圏の人口10万人あたりの医師数を提示した公的資料は無いのですが、「人口10万人あたりの病院に勤務する医師数」の統計では東部医療圏では県全体の95.4%で、他の医療圏ほどでは無いにせよ東部医療圏でも医師不足の傾向が見られます。実際には埼玉県の医師の増加数は全国でも最上位クラスの一方で、埼玉県の人口増数が更に多いためことで人口10万人あたりの医師数が増えないという課題が浮き彫りにされています。この状況からも埼玉県全体でのいっそうの医師増対策が必要です。
更に東部医療圏が抱える問題として、生活習慣病に関する病気での死亡比の高さがあります。平成18年~22年の平均値で比較した標準化死亡比によれば、埼玉県の平均を100とした場合、糖尿病での死亡比は八潮市の男性が120.0、八潮市の女性が166.3、三郷市の女性が125.2。心疾患での死亡比は松伏町の男性が124.5。脳血管疾患での死亡費は松伏町の男性が117.8、女性が125.0と、いずれも高い値を示しています。
生活習慣病により起きる病気は、長期間の偏った食事や運動不足等の生活習慣や、通院や投薬を始めても生活習慣の改善がないままでいることで疾患の重症化に至っていきます。東部医療圏内では人口の流入により年齢区分14歳以下の若い年代層が国や県と比較してやや多いという利点を活用し、学校や課程での幼少期からの食育を中心とした健康対策を行い、地域や街、自治体などが全体で健康づくりに取り組むことで、対策を行う施策を実行していて、今後ますます地元に密着した「かかりつけ医」が重要な役割を果たし需要が増える医療圏となるでしょう。

埼玉県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		埼玉県のコンサルタントに求人紹介を依頼する