青森県「八戸地域医療圏」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

八戸地域医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
八戸地域医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

青森県の二次医療圏「八戸地域」の現状と未来

1はじめに

〈青森県の八戸医療圏の概要〉
青森県の二次医療圏である八戸医療圏は、青森県の南東部に存在する医療圏で、八戸市、おいらせ町、三戸町、五戸町、田子町、南部町、階上町、新郷村の8つの自治体から構成されています。
圏内の総面積は約1300平方キロメートル、人口は平成22年国勢調査でおよそ33万5千人です。
本医療圏内は青森県では「三八上北地方」と称される地区の「三八地方」にあたり、馬淵川の流域部分で、太平洋の平野地区から奥羽山脈の山岳地帯を含む地域です。

2八戸医療圏の特徴

〈北東北地方随一の工業都市を持ち工業が盛んな一方で、農業や水産業も盛んな医療圏〉
八戸医療圏の主産業は工業と農業・水産業です。中心となる八戸市は工業港、商業港が整備されて、港の背後には工業地帯が形成されて、造船業、製紙業、精密機械製造業などの主要工場が建ち並んでいて、北東北地方随一の工業都市となっています。一方で農業では、主に平野部にて米をはじめとして、にんにく、枝豆、トマト等の野菜類やさくらんぼ、りんご等の果実類、食用菊のような特産物などが農産品として出荷されています。また水産業では、八戸港が漁港としての面も持つ他、太平洋沿岸に幾つもの漁港があり、水揚げ量日本一を誇るイカをはじめとして、サバやスケトウダラなどが高い漁獲量を誇っています。
公共交通の点では、本医療圏内に東北新幹線の八戸駅が本医療圏内に存在して、東京をはじめとして関東圏との往来は至便です。またJR東日本のJR八戸線や、JR東北本線から転換した「第三セクター青い森鉄道」が本医療圏内を通っていますが、鉄道の便と鉄道に接続するバスの便には地域により大きな偏りがあるため、医療圏内の移動には自家用車の利用も念頭に置いた方が良いでしょう。
道路の点では、東北自動車道から分岐する八戸自動車道が本医療圏内を南北に縦断していて、本医療圏内に5ヶ所のICを持ち、東北各地や関東方面への自動車での足は良いと言えます。また一般道も、国道4号線や、国道45号線が南北に本医療圏を通過している他、国道104号線をはじめとして他の国道や県道が本医療圏内外に伸びています。奥羽山脈の山岳部分を除けばある程度道路網は整っています。

3八戸医療圏の病院の現状

〈本圏内に救命救急センターを持つが、圏内全体で救急医療の向上や搬送方法の整備が必要〉
八戸医療圏の中核病院は八戸市立市民病院が担っていて、圏内には2014年7月現在で27の病院と165の一般診療所が存在します。
本医療圏の課題として、救急医療の問題があります。「青森県地域医療再生計画(三次医療圏)」での記載を引用すると、平成17年都道府県別生命表による、青森県の平均寿命は男性では76.27才で、都道府県単位では昭和50年の調査以来全国最下位が続き、女性では84.80才で、平成12年の調査から全国最下位が続いている状況にあり、「平均寿命が短い県」と青森県自体も認めざるをえない状況になっています。
本医療圏には八戸市立市民病院に救命救急センターが置かれていて、他の医療圏よりも救命救急の分野では有利と思われがちですが、実際には八戸市以外の各町村での二次救急医療については救急告知病院で対応をしているものの、例えば脳卒中や急性心筋梗塞等の重症もしくは重篤な患者は救急告知病院では医療設備的に対応できていない現実があり、そのため三次救急を担う救命救急センターを持つ八戸市立市民病院への搬送の必要があります。しかし地理的に救急車での搬送ではアクセスに時間を要する地域が多く、それが救命率の低下につながり平均寿命を下げている原因になっています。
このような問題を青森県も重要な課題と考えていて、救急搬送において救急車以上の効果を持つ「ドクターヘリ」2機の運航を平成21年3月25日に、また「ドクターカー」の運行を平成22年3月29日に開始して、より短時間での救命救急センターへの搬送を可能とする施策を行いました。ドクターヘリのうち1機の基地を八戸市立八戸市民病院としたことで、本医療圏での救命率の向上に繋がっていて、現在は青森県のみならず秋田県や岩手県の北東北に位置する3県において広域連携運航を行うようになりました。ただし現状では消防本部の判断にて他県ドクターヘリの出動要請を行える体制が構築されていない状況があり、今後は施策として他県のドクターへリの出動要請を消防本部判断で行えるような体制の構築が必要で、そのためには各県のみならず国が主導となったドクターヘリの県境を越えた連携体制の構築が必要であるため、県から政府及び国会に働き掛けて、県境を超えるドクターヘリについての関係法の整備を行うよう求めていく計画です。

4八戸医療圏の医師数の現状と未来

〈青森県での医師不足の解消と、本医療圏内の医師の偏在の解消と具体的な対策が必要
青森県には「医師数不足」という問題があり、平成22年12月31日現在での人口10万人あたりの青森県の医師数は182.4人と、全国の219.0人を大きく下回り全国でもワースト6位、東北・北海道地区に限ればワースト2位という深刻な現状があります。さらに八戸医療圏の人口10万人あたりの医師数は168.1人と青森県の数値よりも少なく、県としても医師不足の解消が医療行政の重要な問題となっています。
ただし、この八戸医療圏の人口10万人あたりの医師数168.1人というのは、本医療圏内の青森県臨床研修病院である八戸市立市民病院、八戸赤十字病院、青森労災病院の八戸市内に存在する3病院を含んだ数値であり、本医療圏での医師不足は八戸市の中心地から離れている医療機関ほど顕著に見られている現状が有ります。具体的な数字が記載されている資料は無いですが、本医療圏での臨床研修医を除いた医師数にて人口10万人あたりの医師数を比較すると、極端に少ない値となりより医師不足が深刻になると考えられます。
この点を青森県としても重要な問題と考えていて、県全体での医師不足の解消の問題と同時に本医療圏の医師不足の問題も対策を立案中です。現在のところは現状の医療資源で本医療圏の医師不足を補うより他なく、例えば本医療圏内の定住自立圏内の連携病院を対象として医師充足率に応じて、本医療圏の中核病院である八戸市立市民病院から医師を派遣するなどの施策にて対応を行っています。平成25年12月現在での実際の派遣状況は、五戸総合病院に対して内科医1名を週3回派遣、三戸中央病院に対して整形外科医1名を週1回派遣するなどしています。このような医師の派遣を継続して行うことで、本医療圏内の各病院間の診療レベルの均一化を図るとともに、医師不足解消への効果的な施策実行までの処置として対策していく計画です。

青森県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		青森県のコンサルタントに求人紹介を依頼する