青森県「西北五地域医療圏」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

西北五地域医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
西北五地域医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

青森県の二次医療圏「西北五地域」の現状と未来

1はじめに

〈青森県の西北五医療圏の概要〉
青森県の二次医療圏である西北五医療圏は、青森県の最西部に存在する医療圏で、五所川原市、つがる市、鯵ヶ沢町、深浦町、鶴田町、中泊町の6つの自治体から構成されていて、圏内の総面積は約144平方キロメートル、人口は平成22年国勢調査でおよそ、17万5千人です。
本医療圏内は津軽半島西北部の岩木川流域の津軽平野と、その南側の岩木山や白神山地を含む地域にあります。

2西北五医療圏の特徴

〈米やリンゴを中心とした農業、そしてマニアックな分野での観光業が盛んな医療圏〉
西北五医療圏の主産業は、農業・水産業と観光業です。農業の分野では、本医療圏が津軽平野の穀倉地帯の大部分を占める広大な稲作地域です。また津軽地方全体がリンゴの栽培に適していることから、日本有数のリンゴの産地の一角を担っています。
水産業では、日本海沿岸の深浦、鰺ヶ沢、十三湖等に漁港が点在し、特に沿岸漁業の水産物や十三湖のヤマトシジミが特産品となっています。一方で観光業では、古代遺跡の発掘が相次ぐ十三湖周辺や、通称「津軽富士」と呼ばれ、登山や山岳信仰、スキー場などで有名な岩木山、また「世界最大級の規模のブナ原生林」が世界自然遺産に登録された白神山地、「日本海に夕日が沈む景色が見られるローカル線」として有名なJR五能線、そして著名な作家「太宰治」の生家及び遺蹟など、ファン垂涎のマニアックな観光資源が数多くあります。
公共交通の点では、本医療圏内にJR東日本のJR五能線、津軽鉄道線が通っていますが、鉄道の便及び鉄道に接続するバスの便も必要最小限のため、医療圏内の移動には自家用車が不可欠です。
道路の点では、国道101号線が東西に、国道339号線が南北に本医療圏を通過していて、白神山地の山岳部分を除けば以外であればある程度道路網は整っていると言えます。

3西北五医療圏の病院の現状

〈周産期医療の医療資源が乏しい問題点があり、現在県の医療行政で抜本的対策検討中〉
西北五医療圏の中核病院は、各自治体の公立病院を整備した上で現在はつがる西北五広域連合西北中央病院が担っていて、圏内には2014年7月現在で8の病院と63の一般診療所が存在します。
本医療圏の課題として、周産期医療が挙げられます。本医療圏内には地域周産期母子医療センターが存在せず、つがる西北五広域連合西北中央病院が地域周産期医療協力施設として、隣接する二次医療圏の国立病院機構弘前病院及び青森市民病院の支援を受けている状況です。また本医療圏内6自治体のうち、産婦人科・助産師とも有する自治体が五所川原市のみで、鯵ケ沢町には助産所を有するものの、他の4自治体では産婦人科医・助産師とも不在地域となっていて、周産期医療に不安を抱える医療圏となっています。青森県も本件を医療行政の問題点として重要視していますが、現状では現在本医療圏内に存在する周産期医療資源への手厚い支援、並びに隣接医療圏に存在する地域周産期母子医療センター及び青森県の総合周産期母子医療センターである弘前大学医学部附属病院との連携で現状の周産期医療資源をバックアップしていく方策を立てています。
将来的には、二次医療圏の見直しやつがる西北五広域連合西北中央病院の周産期医療の機能の向上、及び医療面の行政のみならず国立病院機構弘前病院や弘前大学医学部附属病院へのアクセスの向上のための道路網の整備など、医療面のみならず総合的な行政施策にて、本医療圏の周産期医療をより良くしていく計画です。

4西北五医療圏の医師数の現状と未来

〈青森県内の中でも特に医師不足の解消と、がん医療の供給体制の充実が課題の医療圏〉
青森県では慢性的に「医師数不足」という問題があり、平成22年12月31日現在での人口10万人あたりの医師数は、青森県は182.4人と全国の219.0人を下回り、全国でもワースト6位、東北・北海道地区の道県でも下位から2番目という深刻な状況になっています。その上西北五医療圏人口10万人あたりの医師数は102.2人と青森県内でも最少で、県の医療行政として医師不足の解消が行政施策となっています。
また本医療圏の医師の問題として、がん医療の問題があります。平成24 年度現在で本医療圏はがん診療連携拠点病院が未整備となっているため、隣接二次医療圏のがん診療連携拠点病院等によりがん医療が補完されている現状があります。青森県としてもこの状況を重点課題としていて、本医療圏内への国が指定するがん診療連携拠点病院の整備推進と合わせて、がん診療連携拠点病院に準じる機能を有する病院を「がん診療連携推進病院」と指定して、本医療圏においても質の高いがん医療と在宅療養支援、緩和ケア、相談支援等が適切に受けられる医療提供体制の整備と連携体制の構築を図ることを目標指針としています。
この将来的な目標を見据えて、現時点では隣接二次医療圏に存在する弘前大学医学部附属病院や県立中央病院の医療連携のもとで補完・連携・バックアップを行い、本医療圏でのがん診療水準の維持と向上を行っていく施策を講じています。

青森県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		青森県のコンサルタントに求人紹介を依頼する