青森県「津軽地域医療圏」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

津軽地域医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
津軽地域医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

青森県の二次医療圏「津軽地域」の現状と未来

1はじめに

〈青森県の津軽医療圏の概要〉
青森県の二次医療圏である津軽医療圏は、青森県の北東部に存在する医療圏で、弘前市、黒石市、平川市、西目屋村、藤崎町、大鰐町、田舎館村、板柳町の8つの自治体から構成されています。
圏内の総面積は約1600平方キロメートル、人口は平成22年国勢調査でおよそ30万5千人です。
本医療圏内は青森県南西部の内陸部にあり、南部を白神山地や奥羽山脈に囲まれた津軽平野の岩木川流域に面した地域にあります。

2津軽医療圏の特徴

〈日本でも有数の稲とリンゴの生産量を誇る、農業が主要産業である医療圏〉
津軽医療圏では、主産業は農業と観光業です。農業では、本医療圏には日本でも有数の穀倉地帯として知られる津軽平野があり、広大な稲作地域となっています。また津軽地方は気候・風土がリンゴの栽培に適していることから、日本のリンゴの半数程度を生産する主要産地となっています。一方で観光業では、津軽富士と呼ばれて山岳信仰の対象となりその一方で登山やスキー場などで有名な岩木山や、大鰐温泉を代表として各自治体に湧出している温泉街、そして江戸時代に現在の弘前市を中心として津軽藩が支配していた時代の歴史遺構など、観光資源も数多くあります。
公共交通の点では、本医療圏内にJR東日本のJR奥羽本線、及び弘南鉄道の大鰐線と弘南線が通っています。鉄道沿線以外はバスの便になりますが、鉄道やバスの路線毎に運行本数に差がありますので、医療圏内の移動には自家用車を考慮したほうが良いでしょう。
道路の点では、自動車専用道では東北自動車道が医療圏内を南北方向に縦断して、医療圏内に2ヶ所のICを持っています。県庁所在地の青森市方面や盛岡市、仙台市方面への交通の足は良いです。また一般道も本医療圏内を南北方向に縦断する国道7号線を軸として、医療圏の内外に国道や県道が伸びています。奥羽山脈や白神山地の山岳部分を除けば道路網は整っていると言えます。

3津軽医療圏の病院の現状

〈救急医療体制を守るために、医療機関毎の具体的分担の設定と連携の明確化が必要〉
津軽医療圏の中核病院は、弘前大学医学部附属病院や国立病院機構弘前病院、弘前市立病院等が疾病や事業毎に役割を分担していて、本医療圏内には2014年7月現在で22の病院と201の一般診療所が存在します。
本医療圏の課題として、救急医療の問題があります。本医療圏には高度救命救急センターが弘前大学医学部附属病院に設置されていますが、救命救急センター以外で対応する本医療圏内の一次救急や二次救急の医療体制については、特に二次救急の分野で医師不足や勤務医の高齢化に伴う当直による常勤医への過重な負担、及び自治体など病院設立母体の経費負担の増加などの要因から、現状の救急医療体制を維持することが困難になりつつあります。
更に二次救急の維持が困難な場合に三次救急の高度救命救急センターへの二次救急相当の患者の搬送が行われることになり、高度救命救急センターの機能が十分に発揮できなくなる問題もあります。
このような点を青森県も重要な課題と考えていて、救急搬送の面、救急医療体制の面とで対策を立案しています。救急搬送の面では、救急搬送体制の効率化のため、救急搬送の約30%を占める軽症者等の一次救急医療は開業医や診療所での対応を行うこと、疾病の急性期医療を担当する病院と後方支援を行う病院との役割分担を明確にして、二次救急医療を提供している病院への重点的な医療資源の投入を行うことが施策とされています。
また救急医療体制の面では、三次救急医療体制は高度救急救命センターが担当し、二次救急医療体制は弘前市並びに本医療圏西部を国立病院機構弘前病院、弘前市立病院等の二次救急輪番病院群が担い、本医療圏東部と青森市浪岡地区については黒石病院が担い、大鰐病院と板柳中央病院は自らが立地する自治体とその近隣地区の二次救急を担う、一次救急は弘前市急患診療所と開業医とがその役割を果たし、大鰐病院は本医療圏の三次救急と二次救急の各病院の後方支援のための体制整備を行うことが施策とされています。
将来的には、救急医療体制並びに医師派遣の中心として、弘前大学医学部附属病院との連携及び役割の分担を行いつつ、医療圏内の住民に対しての救急医療を提供する方針での施策を立案しています。

4津軽医療圏の医師数の現状と未来

〈脳卒中の急性期医療から回復のリハビリ医療における、各病院の役割分担の設定が必要〉
青森県では慢性的に「医師数不足」という問題があり、平成22年12月31日現在での人口10万人あたりの医師数は、青森県は182.4人と全国平均の219.0人を下回り、全国の中でも少ない方から6位、東北・北海道地区に限ればワースト2位という深刻な数字となっています。しかし津軽医療圏の人口10万人あたりの医師数は283.9人と青森県内でも飛び抜けて多く、青森県の平均値を押し上げています。ただしこれは、医師養成機関である弘前大学医学部並びに医学部附属病院が存在することが考えられるため、本病院を除いた状況での医師数の再確認が必要です。
また本医療圏の医師の問題として脳卒中の医療提供体制への問題があります。本医療圏での脳卒中の急性期医療の中心病院としては、弘前脳卒中センターと脳外科手術も可能である黒石病院がありますが、両施設間での基本的な役割分担が十分に行われていない現状があります。またSCU は本医療圏内で弘前脳卒中センターに2室設置されていますが、それだけでは医療資源として不足しているために黒石病院への設置が求められています。
青森県としてもこの状況を重点課題としていて、あらためて本医療圏での脳卒中の急性期病院を弘前脳卒中センターと黒石病院が、回復期のリハビリ病院としての機能は弘前脳卒中センター中心として健生病院をはじめとする弘前市二次救急輪番病院が果たすように役割分担を明確にすること、また手術が必要と考えられる脳卒中患者は黒石病院が担うが、弘前大学医学部附属病院との連携を十分に行い適切な手術が実行可能なこと、黒石病院にSCUを開設すること、そして急性期病院から回復期のリハビリ病院への円滑な転院を可能とするため、本医療圏での脳卒中連携用のクリティカルパスを更に推進することなどが今後行われる施策として挙げられています。

青森県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		青森県のコンサルタントに求人紹介を依頼する