岩手県「両磐医療圏」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

両磐医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
両磐医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

岩手県の二次医療圏「両磐」の現状と課題

1両磐医療圏の概要

〈岩手県最南部にあり、岩手県の人口第2の都市を抱える北上川流域の医療圏〉
岩手県の二次医療圏である両磐(りょうばん)医療圏は、岩手県最南部に位置する医療圏です。西側を奥羽山脈、東側を北上山地の山々に挟まれて、南北に流れる北上川とその流域の北上盆地に存在する医療圏で、現在は旧一関市、旧花泉町、旧大東町、旧千厩町、旧東山町、旧室根村、旧川崎村の7市町村が合併して発足した岩手県第二の都市である一関市と平泉町との2つの自治体からなります。
古代から磐井郡と呼ばれていた地区を、明治時代に北上川の西岸を西磐井郡、東岸を東磐井郡と命名し直しましたが、その呼称が現在まで続き両者を合わせて地区名とした際に、「西と東の両方の磐井」という意味で両磐という地域名で呼ばれるようになりました。
本医療圏は、面積が約1300平方キロメートル、平成24 年10 月1日現在の岩手県毎月人口推計は約13万3千人です。年齢三区分では、年少人口が12.1%、生産年齢人口が57.1%、老年人口が30.9%です。

2両磐医療圏の特徴

〈世界文化遺産登録で世界的に有名になった地域で、平地を活かした農業が盛んな医療圏〉
両磐医療圏は、先年世界文化遺産に登録された「平泉」を含む地域で、11世紀に最盛期を迎えた奥州藤原氏の本拠地として栄えた地域です。現在でも中尊寺や毛越寺という構成資産が現存していて、日本でも有数の観光地となっています。
当医療圏の主産業は農業です。北上川流域の平地が多い本医療圏西部の地域では、稲を中心に肥育牛や野菜、花き等が、また、緩やかな丘陵地が続く本医療圏東部の北上山地の地域では、野菜や花き等を中心に、稲、酪農、繁殖牛等が農産物として生産されています。
公共交通は、JR東日本の東北新幹線一ノ関駅があり、県庁所在地の盛岡市や東北随一の都市仙台市の中間点付近として交通は至便です。また北上川に沿ってJR東北本線が本医療圏内を、太平洋岸に向かってJR大船渡線が走っています。鉄道沿線以外はバスの便になりますが鉄道、バスとも観光地に向かう一部の路線を除き便数に限りがあり、本医療圏内では自家用車を利用するのが有効と言えます。
一方で道路網は、自動車専用道として東北自動車道が本医療圏内を南北に走り、隣接医療圏との境部分にあるICを含めて2つのICを本医療圏内に持ちます。一般道では国道4号線を中心に、本医療圏の内外に向けて国道や県道が整備されているので、山岳部分以外では道路網はある程度整備されて通行しやすいです。

3両磐医療圏の具体的医療体制の現状

〈救急医療の充分な住民への周知徹底と、救急医療の情報システムの効果的な運用が課題〉
両磐医療圏では中核病院の役割を岩手県立磐井病院が担っています。厚生労働省の平成23 年10月1日現在の医療施設調査によれば、本医療圏内には10の病院と88の一般診療所があります。
本医療圏の問題は救急医療に関する点です。「夜間救急当番医」や「休日当番医」等、初期救急を担う制度はある程度確立されているものの、まだまだ利用者が少ない現状があり、 逆に軽症者が夜間や休日に直接二次救急医療機関で受診している状況や、急性期医療を担っている磐井病院への搬送のうち、県外である宮城県からの救急患者の搬送が相当数となっています。
また本医療圏で救急搬送者の中での軽症者の割合は県全体と比較して低くなっていて、その点の啓発活動は進んでいるものと考えられますが、その一方で約40年前に導入された「岩手県広域災害・救急医療情報システム」の運営については十分な活用がされておらず、特に本医療圏での応需情報入力更新が少ないという実態もあります。このような現状を踏まえた上で、岩手県としても「夜間救急当番医/休日当番医」については、適切な利用が図られるよう住民の救急医療に対する理解を深めるための取組みを行うとともに、住民が利用しやすい仕組みを検討する施策を行っています。
また本医療圏から宮城県の医療機関への救急搬送の実態を踏まえて、宮城県の行政や医療機関との協議を進める施策を検討しています。更に一部の医療機関に負担がかかり過ぎないよう、二次救急医療輪番制のあり方について検討を行うとともに、岩手県広域災害・救急医療情報システムの運営についても再検証をするべく方策に織り込んでいます。
このような行政施策が行われて救急医療の体制が充実する方向に向かうことで、本医療圏はより医師にとって働きやすい医療圏になるでしょう。

4両磐医療圏の医師の現状

〈医師数の増と、糖尿病治療を医療機関相互の情報交換にて医療圏全体で治療する体制を〉
厚生労働省の平成22 年医師・歯科医師・薬剤師調査によれば、両磐医療圏の人口10万人あたりの医師数は150.7人で、全国での230.4人はもとより岩手県全体での193.7人との比較でも低い値となっています。とは言っても岩手県内で比較すると医療圏内では第三位の数となっていて、盛岡医療圏に医師が集中している分他の二次医療圏に医師が不足している実状があります。
また本医療圏の問題として、糖尿病医療への課題があります。糖尿病を予防面、合併症による疾病管理の面、慢性合併症の早期発見・治療の面から、糖尿病に関する各診療科目間にて医療機関同士が連携した治療が求められています。特に医療連携体制の整備を十分に確立する等、地域限定クリティカルパスの導入に取組むなどして、本医療圏全体で糖尿病患者を治療できる体制の確立が求められています。
このような体制を確立するための施策が実施されている最中で、今後は例えば専門医を有する医療機関や人工透析の実施可能な医療機関との連携による治療体制の整備が進み、働きやすく医療に掛かりやすい医療圏となっていくでしょう。

岩手県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		岩手県のコンサルタントに求人紹介を依頼する