宮城県「気仙沼医療圏」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

気仙沼医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
気仙沼医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

宮城県の気仙沼医療圏

宮城県の二次医療圏「気仙沼」の現状と将来

1宮城県の二次医療圏の統合について

〈東日本大震災後の体制の見直しで、二次医療圏は7から4に統合〉
宮城県では、第5次宮城県地域医療計画迄は、二次医療圏を仙南、仙台、大崎、栗原、登米、石巻、気仙沼の7つとして、各医療圏内の医療サービス整備を行ってきました。しかし平成23年の東日本大震災にて宮城県内、特に沿岸地区が津波の影響で被災し、またその後の被災からの復興過程で各医療圏内の人口、人口の流入率/流出率に大きな変動あったことから、平成25年度に作成された第6次宮城県地域医療計画以降は、従来の医療圏の再編を行い、4つの医療圏で運営することにしました。

2二次医療圏「気仙沼」とは

〈宮城県北東部の、三陸海岸沿岸地域に位置する医療圏〉
ここでは第5次宮城県地域医療計画時点での二次医療圏である「気仙沼」について述べます。
宮城県の二次医療圏である気仙沼医療圏は、宮城県の北東部の太平洋沿岸地域と大島などの離島部分を含んだ医療圏です。平成の大合併による自治体の整理が行われ、現在では気仙沼市、南三陸町の2自治体で構成されています。気仙沼医療圏の平成23年10月の宮城県推定人口はおよそ8万4千人、面積は497平方キロメートル余りです。

3気仙沼医療圏の特徴

〈日本でも有数の水揚げ量を誇る水産業が基幹産業となっている医療圏〉
気仙沼医療圏は、圏内に国内でも有数の漁業の拠点港である気仙沼港があり、水産業が盛んです。特にはえ縄漁で獲れるマグロやカジキ、サメ、棒受網漁で獲れるサンマ、一本釣り漁で獲れるカツオなどの水揚げ港として有名で、更に高級食材のフカヒレの産地としても名を上げています。それ以外にも沿岸漁業で獲れる様々な魚を含めて通年水揚げされています。その上魚介類の養殖業や水揚げされた魚介類の加工業、そして漁船の製造や修理に係る造船業など、水産業とその関連産業が気仙沼医療圏での基幹産業となっています。
交通の面では、医療圏内にJR東日本のJR気仙沼線と、JR大船渡線が通っていますが、東日本大震災の影響でJR大船渡線の一ノ関駅と気仙沼駅間以外の区間はバスによる代行運転になっています。しかし、いずれも運行本数が限られているため、医療圏内の移動には自家用車が必要となります。医療圏内を国道45号線が南北方向に通り、医療圏内の貴重な足となっています。

4気仙沼医療圏の医療の実状と今後の課題

〈公立志津川病院の再建と気仙沼市立病院の移転新築が実施された後で更なる方針立案〉
気仙沼医療圏の中核病院としては気仙沼市立病院がその役割を担っています。気仙沼圏内には、現在震災により医療圏外に一時的に移転している公立志津川病院を含めて平成22年時点で7の病院と44の一般診療所があります。平成22年厚生労働省調査の人口10万人あたりの医師数は121.0人であり、全国の230.4人、宮城県全体の222.9人に対しても少ない数字となっていて、今後の医療行政の課題の一つになっています。
今後公立志津川病院が元々あった気仙沼医療圏内の南三陸町への再建と、気仙沼市立病院を防災や老朽化対策のために新築移転することが既に県の医療行政方策として決定しています。その後にこれら医療行政方策を踏まえた第7次宮城県地域医療計画において、気仙沼医療圏でのより緻密な宮城県の行政方針が立てられることになります。

宮城県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		宮城県のコンサルタントに求人紹介を依頼する