宮城県「仙台医療圏」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

仙台医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
仙台医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

宮城県の仙台医療圏

宮城県の二次医療圏「仙台」の現状と将来

1宮城県の二次医療圏の統合について

〈東日本大震災の影響で、二次医療圏は5次医療計画の7個から4個に統合〉
平成20年4月公示の第5次宮城県地域医療計画では、宮城県の二次医療圏を仙南、仙台、大崎、栗原、登米、石巻、気仙沼の7ヶ所に分けて、医療圏毎に医療サービスの整備を行ってきました。
しかし平成23年の東日本大震災で宮城県内が大きく被災し、またその後の被災からの復興過程での平成23年度宮城県患者調査の結果から各医療圏内の人口と人口の流入率/流出率に大きな変動が見られました。それによって平成25年度に作成された第6次宮城県地域医療計画以降は、第5次宮城県地域医療計画での二次医療圏のうち大崎と栗原を統合して大崎・栗原医療圏とし、石巻、登米、気仙沼を統合して石巻・登米・気仙沼医療圏として、圏内を4つの二次医療圏に再編して行政施策を行うことにしました。

2二次医療圏「仙台」とは

〈東北地方最大の人口を有する都市を含む医療圏〉
宮城県の二次医療圏である仙台医療圏は、宮城県中部の仙台平野中心部から奥羽山脈地帯からなる医療圏です。平成の大合併による自治体の整理が行われ、現在では人口で東北随一を誇る政令指定都市仙台市をはじめ、仙台市の行政区を別とすると青葉区、宮城野区、若林区、太白区、泉区、塩竈市、名取市、多賀城市、岩沼市、亘理町、山本町、七ヶ浜町、松島町、利府町、大和町、大郷町、富谷町、大衡村の18自治体で構成されています。本医療圏の平成22年国勢調査時点の人口は約149万人、面積は約1650万平方キロメートルです。本医療圏の人口構成割合は、年少人口が13.5%、生産年齢人口が66.4%、老年人口が19.1%で(他に不詳あり)、宮城県と比較して老年人口が少ない分生産年齢人口と年少人口が多くなっています。

3仙台医療圏の特徴

〈大都市と観光地を抱えた、第二次、第三次産業が盛んな医療圏で、交通至便〉
仙台医療圏は、仙台市都市圏の持つ第二次、第三次の各産業が目立っている医療圏です。
第二次産業は工業が主で、仙台港臨海部や仙台市の北部自治体に工業団地が造成されていて、近年主に製造業の拠点が整いつつあります。特に自動車産業やIT機器産業などに使用する部品を製造する工場が数多く集まり、次第に大きな工業地帯を形成しつつあります。また第三次産業は、仙台市の奥座敷である秋保や作並などの温泉や、塩竈市、松島町を中心とする「日本三景・陸前の松島」を中心とした観光地を抱え、仙台市自身も観光地としての資産を持っています。
交通の面では、本医療圏内に東北新幹線の仙台駅があり、首都圏や東北地方各地から直結しています。また在来線はJR東日本のJR東北本線が医療圏内を南北に通じ、他にJR仙石線、JR仙山線、JR常磐線、仙台市営地下鉄などの公共交通機関が医療圏内を網羅しています。鉄道路線が無い自治体もありますが、仙台市を中心としてバスの便が頻繁運転していますので、医療圏内の公共交通は至便と言えます。
一方で道路網は、自動車専用道として東北自動車道が医療圏内を貫いて6ヶ所のICを持ち、更に仙台東部道路、仙台南部道路などが医療圏内を網の目のように張り巡らされていて、国道4号線を幹とする一般道と合わせて道路の面でも非常にアクセスが良い医療圏です。

4仙台医療圏の医療の実状と今後の課題

〈感染症の予防対策、特に第一種感染症指定医療機関の早期指定が課題〉
仙台医療圏の中核病院は仙台市民病院が担っていて、平成22年本医療圏内に81の病院と1103の一般診療所があります。同年での本医療圏の人口10万人あたりの医師数は269.9人と宮城県全体での222.9人や全国での230.4人を大きく上回っています。ただし仙台市内に大病院や大学病院が多いという実状もあるので、その点を加味した医師数の調査が必要です。
また本医療圏の問題として、感染症対策が挙げられます。インフルエンザや麻疹、そして結核などの感染症は、大都市のエリアで人口が多いことが感染症の大流行に繋がるというリスクがあります。特に大腸菌O-157を原因とした腸管出血性大腸菌感染症やノロウィルスによる感染性胃腸炎、そしてインフルエンザの感染症は、毎年一定数の患者を出している実状があります。
宮城県や仙台市としても各感染症において、感染症予防対策を行政施策として推進していますが、平成23年度時点で本来各三次医療圏(都府県)に1ヶ所は指定しなければならない第一種感染症指定医療機関が、本医療圏のみならず宮城県全体で未だ指定がされていない現状があります。宮城県としても行政施策として、平成29年度末までに本医療圏内に第一種感染症指定医療機関を1ヶ所2床指定する目標を立てて実行整備を行っています。

宮城県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		宮城県のコンサルタントに求人紹介を依頼する