サイト内の現在位置
求人探しから転職ノウハウまで「東海エリア」の医師求人特集 医師転職ドットコムの強み

東海エリアの医師転職市場

近畿エリアの医師転職市場

岐阜県は人口10万人に対する病院、一般診療所数、病床数、医師数などがすべて全国平均を下回っているため、医師を求めている医療機関が多く、医師にとっては売り手市場となっています。
特に、医師の少ない地域ほど高給になるという傾向があります。

静岡県は、医学部を持つ大学が浜松医科大学しかない上、1974年設立と新設校であり、また地形が東西に長いことから、一つの大学で全域をカバーしきれず、関西・東海・関東の大学と関係の深い病院も多くありましたが、平成16年に新しい臨床医研修制度が導入され、大学から近いエリアに人員を集中させようとする力が働き、静岡県内の施設では医師の引き上げが数多く起こりました。

このような理由から、大学医局の影響力が比較的根強く残る東海エリアの中では、内科系・外科系を問わず、幅広い科目において大学を問わない転職が可能になってきています。

愛知県は名古屋大学、名古屋市立大学、愛知医科大学、藤田保健衛生大学と全国でも珍しい4つの医学部が共存する県です。
近年全国的に大学医局の影響力が弱まっている中、名大や名市大を中心に大学の色が強い医療機関が少なくありません。

三重県の医師転職市場ですが、科目でいうと内科医の募集が多くなっています。
専門的に診察や検査をするスペシャリストよりも、幅広く診察ができるジェネラリストが求められております。

東海医療行政の特徴

医療行政の特徴

現在岐阜県では、県レベルでの“患者情報の共有”を目指しており、県内6市の二次・三次医療機関8拠点で患者情報を共有し、転送等救急判断の迅速化・適正化を図っています。
また、岐阜県の医学生を対象にした修学資金の貸し付けも行っており、一定の条件を満たした場合には、この修学資金の返還を免除しています。

静岡県でも他の都道府県と同じように医学生や専門研修医を対象とした修学研修資金の貸与制度を整備するなど、医師確保に向けた対策を取っています。

愛知県は東海で一番人口の多い県ですが、それでも医師が不足している病院が少なくありません。
県と医師会が協力してドクターバンクを始めとした医師確保対策に取り組んでいます。
また、一定の条件を満たせば返済が免除される補助金制度が数多くあります。

三重県では医師確保のために幅広い層に対してサポートがあります。
医学生、研修医や若手の医師に対しても資金貸与制度が設けられており、条件を満たせば返還は免除されます。
また、地域医療を若手医師に知ってもらい将来の担い手を育成する「三重県地域医療研修センターMETCH」を平成21年に設置、3年間で90名を受け入れた人気の研修施設となっています。

居住地としての特徴

居住地としての特徴

岐阜県の気候や住環境、地域文化は大きく4つに分かれます。
夏は避暑地として、冬はスキーや温泉が楽しめる飛騨地方や、名古屋へのベットタウンとして岐阜駅を中心に栄える中濃地方など、地域によって様々な特色があります。

静岡県は大井川と富士川を境として西部、中部、東部の3地域に分類され、それぞれ文化も話し方も少しずつ異なります。
浜松、掛川、静岡、新富士、三島、熱海と新幹線の停車駅が6つもある都道府県は他にありません。
気候も山側を除いて全般的に温暖で、春、夏、秋、冬と四季がはっきりしているため、とても住みやすいエリアです。

愛知県には約742万人が暮らしており、そのうち3分の1弱の226万人が名古屋市民です。
以下、豊田市が約42万人、一宮市、豊橋市、岡崎市が約38万人と続きます。
この5都市に愛知県民の半分が住んでいることになります。
気候は典型的な太平洋側気候で、夏は高温多湿、冬は晴天の乾燥した日が続きます。

三重県は紀伊半島の東部に位置しており、約185万人が暮らしています。
県庁所在地は津市で世界一短い地名としてギネスに登録されています。
経済の中心地は四日市市で主要企業の工場が多く、三重県下では一番人口の多い町です。

地域担当より一言

地域担当より一言

岐阜県は認定施設を転職先として望まれる場合は選択肢が限られますが、売り手市場なのでそれを活かして条件交渉などを行うことも可能です。

静岡県は、都市部も大都市ほどゴミゴミと混み合っておらず、新幹線が整備されているため、東京、名古屋、大阪へのアクセスは抜群です。
大規模病院から中小規模病院、急性期病院からケアミックス、療養病院、精神科などの専門病院まで、幅広いご勤務先を選べます。

愛知県では、都市部で生活したいという方にはやはり名古屋市近辺でのお仕事をお探しします。
進学校も多いので、進学を控えたお子さんをお持ちの方にもおすすめです。

三重県は県を挙げて医師の確保に取り組んでいますので、医師に負担がかかりすぎないよう、働きやすいように相談に乗ってくれる地域です。 必要とされるところで自分の力を発揮したい、という医師にもってこいの場所です。

お住いの地域の求人動向

医師転職支援サービスお申し込みはこちら

▲TOPへ戻る