愛知県「尾張東部」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

愛知県尾張東部の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
尾張東部医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

愛知県の二次医療圏「尾張東部」の概要と特徴

1はじめに

〈尾張東部医療圏とは〉
愛知県の尾張東部医療圏は、瀬戸市、尾張旭市、豊明市、日進市、長久手市、東郷町の6つの自治体から成り立っています。 尾張東部医療圏は愛知県の中では中央部、名古屋市東部の丘陵地帯上の自治体で設定された医療圏です。

2尾張東部医療圏の生活状況

〈名古屋市のベッドタウンとして名古屋市とのつながりが強い半面、医療圏内のつながりが希薄〉
尾張東部医療圏は、穏やかな尾張丘陵の中の多少の高低差を持った地形の中に、面積約230平方キロメートル、 平成25年10月1日現在の最新調査での人口は約46万7千人を抱える、南北に細長い医療圏です。
医療圏内の瀬戸市では1000年以上前から良質の陶土が採掘され、江戸時代には陶磁器の通称を「せともの」と呼ばれるほど地場産業としての陶磁器生産業が盛んになり現在に至っています。 一方で瀬戸市以外の尾張東部医療圏内の自治体は高度経済成長期以降の名古屋市のベッドタウン化で急激に人口が増加した地域に位置していて、 瀬戸市と東郷町を除く他の4つの市はいずれも1970年以降の人口増加により市に昇格した自治体です。
圏内の公共交通網は、圏内北部の尾張旭市と瀬戸市に名古屋鉄道の名鉄瀬戸線、圏内北中部の長久手市には、「リニモ」と称される愛知高速交通東部丘陵線、 中部の日進市には名古屋地下鉄鶴舞線から直通する名鉄豊田線、南部の豊明市には名鉄名古屋本線がそれぞれ通じていて、名古屋市内方面との鉄道網は至便です。
また唯一鉄道が通っていない東郷町も、他の自治体の各駅からバスの便が相当数あり、公共交通での生活には不自由しないです。 ただし、いずれも交通網も名古屋市と各自治体をつなぐものとして設定されているため、尾張東部医療圏内の他の自治体への往来は、 瀬戸市と尾張旭市間以外は公共交通手段のみでは不便であると言えます。

3尾張東部医療圏の医療体制

〈医療圏内で地域ごとに複数の中核病院が存在し、共存している〉
尾張東部医療圏では、圏域内の往来が不便であるために地域ごとに中核病院の役割を持った病院が存在します。 圏域北部では瀬戸市の公立陶生病院、圏域中部では長久手市の愛知医大病院、圏域南部では豊明市の藤田保健衛生大病院がそれぞれ地域の中核病院の役割を持っています。
これらの病院を含め、尾張東部医療圏内には平成25年10月1日現在で、病院18ヶ所、一般診療所310ヶ所が存在します。

4尾張東部医療圏の医師数の現状

〈医師数は足りているようにも見えるが、中核病院への負荷を避けるための方策が必要〉
尾張東部医療圏で「医師数不足のため診療制限を行っている病院数」は平成24年6月末の時点で2ヶ所、割合で言えば11.2%と愛知県内で言えば少ない方から3番目であり、 愛知県全体では医師不足により21.5%の病院が診療制限を行っている点と比較すれば、数字自体は優秀と言えます。 これは尾張東医療圏自体のエリア設定により中核病院が生活圏内の異なる3つの地区にそれぞれ存在すること、また中核病院のうちの2つは医科大学付属病院で高度な医療の提供が可能な状況があり、 圏内各病院の医療内容と患者の医療ニーズとが一致した結果と考えられます。
ただし中核病院3ヶ所はさまざまな疾病の拠点病院となっていて、機能が集中することでの中核病院への負荷の増大もあり得ます。 そのため現状である程度中核病院の機能を分散して、一般の病院や診療所のレベルを上げて必要な医療の供給を行えるような医療体制作りが必要となっていて、行政もその方針で検討中です。
更に尾張東部医療圏特有の問題として、じん肺及びじん肺結核対策が必要です。 医療圏内瀬戸市、尾張旭市、長久手市は地場産業である陶磁器産業が盛んなことから、じん肺健康診断受診労働者の有所見率は全国に比べ高い現状があります。 じん肺は結核発病のリスクが高くなり、医療圏の結核患者のうちじん肺を合併している人の割合は、平成24年は15名(6.5%)に当たり、ほとんどが上記3市在住者です。
愛知県もこの問題を重要視していて、今後は各市役所、医療機関、労働基準監督署の関係機関等と連携を行い、じん肺の早期発見や進行防止、 合併症の予防のため、じん肺及び結核に関する知識を住民に対して普及に努める方策を立てています。

愛知県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		愛知県のコンサルタントに求人紹介を依頼する