岐阜県「岐阜」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

岐阜県岐阜医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
岐阜医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

岐阜県の二次医療圏「岐阜」の概要と特徴

1はじめに

〈岐阜最大の医療圏〉
岐阜二次医療圏は岐阜県の中で80万人と、もっとも人口を多く抱え(全体の39%)、県庁所在地である岐阜市を含む岐阜県最大の二次医療圏です。 岐阜二次医療圏は岐阜市、羽島市、各務原市、山県市、瑞穂市、本巣市、岐南町、笠松町、北方町の6つの市と3つの町から編成されています。
岐阜市、各務原市、羽鳥市は愛知県と南に接する形で面しており、山県市、瑞穂市、本巣市は岐阜市を挟んで愛知県とは反対側の位置にあります。 そして、その他の町はそれらの市の間に点在しています。 岐阜二次医療圏は岐阜県のその他の二次医療圏と比べた時、10万人あたりの医師数が全国平均を超えている唯一の医療圏です。

2公共交通機関と高級住宅街

〈岐阜二次医療圏の交通と住環境〉
岐阜二次医療圏には公共交通機関である鉄道が存在しており、中心となる岐阜駅から東海道本線が各方面に伸びている形です。 東海道本線は、岐阜駅から南へ名古屋に向かう路線が走っており、また岐阜駅の東西への路線は各務原市、大垣市に向かうことができます。
また、名鉄線も岐阜には整備されていて、名鉄岐阜駅から羽島市、各務原市に向かうことができます。 さらに羽島市には東海道新幹線の駅である岐阜羽島駅があり、そこから新幹線に乗ることで東京や大阪などの大都市圏への移動を短時間で行うことができます。
住環境は岐阜市周辺が発達しており、医師などの高所得者層が多く住んでいるのは長良東校区、バロー長良店周辺だと言われています。 その二箇所は坪当たりの評価も高く、高級住宅が立ち並んでいます。

3岐阜二次医療圏の医療

〈子供に対する医療費負担の助成と中心となる病院〉
岐阜市では子供に対する医療費負担の助成が行われています。 平成22年9月30日までは0歳~小学校入学までは、入院、外来ともに助成の対象となり、小学校入学~中学校卒業までは入院のみが助成の対象となっていました。 しかし、制度が変更され、同年10月1日からは小学校入学~中学校卒業までも入院、外来ともに助成の対象となっています。 この助成制度からもわかるように、岐阜市は子供を育てやすい環境にあると言えるでしょう。
岐阜二次医療圏は医療機関や医療設備が集中していますが、それでもまだまだ既存病床数が基準病床数を下回っています。 岐阜二次医療圏の病院のうち重要となっている病院は「岐阜大学医学部附属病院」「岐阜県総合医療センター」「岐阜市民病院」「長良医療センター」などで、 どの病院も病床数500を超える岐阜二次医療圏の中心となる病院です。

4岐阜二次医療圏の医師数

〈盛んな医療活動と全国的に見ても多い医師数〉
岐阜二次医療圏は病院数、医師数もともに最も多く(それぞれ全体の42%、28%)、その打ち分けは病院数が44、診療所数817、病院勤務医師1290名、診療所医師数873名となっています。 10万人対の医師数で見ると10万人あたりの医師数は約270人と、全国平均との230人とくらべても十分に高い割合となっています。 この事から岐阜二次医療圏は岐阜県の二次医療圏の中で最も医療活動が活発な医療圏と言えるでしょう。
岐阜二次医療圏には他の岐阜県の二次医療圏には無い大学病院を3つ抱えており、がん診療拠点病院、救急救命センター、地域医療支援病院も配備し、医療環境の水準を高めているので、 他の医療圏からの患者の流入が多く、流入患者数が流出患者数を上回っている状態です。

岐阜県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		岐阜県のコンサルタントに求人紹介を依頼する