岐阜県「西濃」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

岐阜県西濃の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
西濃での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

岐阜県の二次医療圏「西濃」の概要と特徴

1はじめに

〈大垣市を擁する、酷暑、酷寒を特徴とした医療圏〉
西濃二次医療圏は、大垣市、海津市、養老町、垂井町、関ヶ原町、神戸町、輪之内町、安八町、揖斐川町、大野町、池田町の2市9町から成り立っています。 岐阜県の最も西部に存在し、滋賀県と福井県、三重県に面し、岐阜県内で岐阜市に次いで人口の多い大垣市を中心とした医療圏です。
日本全体から見た地理的には西濃二次医療圏は、日本列島のほぼ中央に位置しています。 そして西濃二次医療圏の気候は太平洋側気候であり、夏場は気温と湿気が高く蒸し暑く、夜は寝苦しい熱帯夜となる頻度も高くなります。 逆に冬は伊吹山の方向から吹く季節風である伊吹おろしが吹き、乾燥し、寒冷な気候状態となります。 夏は暑く、冬は寒い、一年を通して見ると気温の差の激しい地域と言えるでしょう。

2西濃二次医療圏の交通

〈三種の鉄道が走り、大垣駅から医療圏内の種々な場所へのアクセスが可能〉
西濃二次医療圏には大垣市の代表駅である大垣駅を中心とした鉄道網が伸びています。 鉄道は、養老鉄道が南北に池田町から海津市にかけて路線が走り、JR東海道本線が岐阜駅から大垣、そして関が原町方面へと続いています。 また、樽見鉄道が大垣駅を出発点として、本巣市を通過し、樽見を終点として路線が張られています。
中心となる大垣駅周辺には、大型ショッピングモールであるアクアウォーク大垣、大垣徳洲会病院などが近年建設されており、岐阜県内でも発展した地域となっています。 また大垣駅からは名阪近鉄バスのバスターミナルがあり、大垣市北部や垂井町、養老町方面など、西濃地域の様々な地点にバスで向かうことが可能となっています。

3西濃二次医療圏の医療

〈県平均より低い老年人口、医療従事者の確保〉
西濃二次医療圏の年齢層は、0歳から14歳までの年少人口が、5.4万人、65歳以上の老年人口がおよそ9万人となっていて、 年少人口は県平均と同程度、老年人口の割合は県平均をやや下回っています。
また県民に対して行った医療に関する意識調査により、「在宅ケア」「医療従事者の確保」「救急医療体制の整備」の順に県民が関心を持ち、 これらの需要が高まっている状況となっています。
救急医療の分野では、軽症患者が、救急医療機関に受診に訪れることにより本来の救急医療ができていない現状があり、 県民に向けて、救急医療の適切な利用を呼びかける啓発活動を推進しています。

4西濃二次医療圏の医師

〈医師は増加傾向にあるが、岐阜二次医療圏への集中が激しい〉
西濃二次医療圏は人口約38万5000人を抱え、面積が14万ヘクタールほどとなっています。 病院数は17施設、診療所数は265施設ほどあり、医療従事者数はおよそ600人となっています。
西濃二次医療圏の医師数を見ると、その数は年々増加傾向となっています。 しかし、岐阜県内で最も医療活動が活発な岐阜二次医療圏内では県平均を上回る医師数を確保していますが、岐阜西濃二次医療圏を含む他の医療圏では、 県平均を下回っていることから、岐阜二次医療圏に医師が集中している現状が伺えます。
また、西濃二次医療圏で、中心となる大垣市民病院で、救急救命センター小児初期救急センターエイズ治療拠点病院などが併設され、 救急医療、脳卒中、悪性新生物、重篤な症状の治療のために医療圏内で非常に重要な役割を果たしています。

岐阜県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		岐阜県のコンサルタントに求人紹介を依頼する