静岡県「中東遠」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

静岡県中東遠医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
中東遠医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

静岡県の二次医療圏「中東遠」の概要と特徴

1中東遠医療圏の概要

〈工業都市浜松市と県庁所在地静岡市に挟まれた地域の旧・遠州側の地域〉
静岡県の中東遠医療圏は、磐田市、袋井市、掛川市、菊川市、御前崎市、森町の6つの自治体で構成されています。 いずれも静岡県の遠江地方中部及び東部に位置する自治体です。
中東遠医療圏の南側は遠州灘に面し、北は南アルプスの山々、西は天竜川、東は大井川流域地区で、気候的にも温暖な土地という面を持ち合わせます。 屋外コンサートで有名な『つま恋リゾート』や、サッカーの国際試合の会場となる『エコパスタジアム』も、この医療圏内に存在します。

2中東遠医療圏の特徴

〈農業と工業がバランスよく発達した、交通の便の良い地域〉
中東遠医療圏は、面積が約832平方キロメートル、人口が478万人弱(平成21年10月1日時点の静岡県推定人口)で、圏内人口では県内第4位です。 圏内の主要産業は農業と工業です。農業は医療圏内一体が日本最大級の緑茶の産地となっていて、特に高級茶の産地として国内外に有名です。 緑茶以外では、メロンやイチゴなどの気候を生かした果物の生産が多く行われています。
一方で工業は、医療圏内の磐田市に『ヤマハ発動機』『スズキ』の大企業の本社を抱えていて、圏内各所に事業所や関連会社が多数存在します。 他にも大企業の生産拠点が圏内に存在するため、圏内全体の工業製造品出荷額は日本有数の工業都市である浜松市を上回るほどです。
医療圏内の交通は、東海道新幹線の掛川駅が圏内にあり、また東名高速道路、新東名高速道路のICが御前崎市以外の各自治体に存在していて、 東京方面、名古屋・大阪方面どちらからでも交通アクセスは至便です。
また圏内をJR東海道本線と天竜浜名湖鉄道が東西に通っていて、御前崎市以外では圏内の往来も簡単に行えます。 尚、御前崎市へは掛川、菊川の各駅からバスが運行されていて、1時間に2~3本程度の便は確保されています。

3中東遠医療圏の具体的医療体制の現状

〈現在は医療環境の効率化を目指した大改革を実施した直後〉
中東遠医療圏では各自治体に公立の総合病院が存在していて、中核病院の役割を各々の公立病院が分担して行うような方策を採ってきました。 しかし長いスパンで医療圏内の実態を調査すると、各市民病院の老朽化や病床利用率の低下、それにともなう圏内在住の入院者の約30%が圏外の病院に入院するという状況にあり、 また当初目的の公立病院間の役割分担や他の病院や診療所との連携も十分とは言い難い状況にありました。
中東遠医療圏のこれらの問題解決のための大改革として、新たに掛川市民病院と袋井市民病院を統合する形で『中東遠総合医療センター』が平成25年に設立され、 中東遠エリアの中核病院の立場に位置付けられています。
この中東遠総合医療センターを中心として、医療圏内各地域の病院や診療所との役割分担を明確にして、 圏内住民にとって質が高くより良い医療を提供できるような仕組みを現在構築している最中です。 県が先頭に立って行っている医療行政であり、今後圏内での医療のしくみの向上が見込まれます。

4中東遠医療圏の医師数の状況

〈現在は人口あたりの医師数が少ないが、医療環境の再構築で対策の真っ最中〉
平成22年12月末現在の厚生労働省の調査によれば、中東遠医療圏の人口10万人あたりの医師数は123.4人で、全国平均219.0人と比較しても90人以上少なく、 静岡県全体の平均182.8人との比較でも静岡県内ではワースト2位の少なさとなっています。原因は新規工場や生産拠点設立による人口増に医師数増が追いつかない状況と思われます。
幸いなことに中東遠医療圏はこのような状況から、厚生労働省が掲げる「地域医療再生計画」の対象地域となり、 地域医療再生基金を使用した圏内の地域医療体制の再構築に積極的に取り組むことになりました。
行政と病院に住民を含めて協働して地域の医療を活性化させる取り組みが為されていることで、今後この中東遠医療圏での医療環境が向上して 医師にとっても働きやすい医療圏になるための取り組みが進行しています。

静岡県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		静岡県のコンサルタントに求人紹介を依頼する