静岡県「西部」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

静岡県西部医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
西部医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

静岡県の二次医療圏「西部」の概要と特徴

1西部医療圏の概要

〈静岡県の西部、遠州灘に面した海岸線から長野県との県境までまたがる医療圏〉
静岡県の西部医療圏は、政令指定都市に昇格した浜松市と、県内の最西端にある湖西市の2つの自治体で構成されています。 医療圏の南側は遠州灘面して中田島砂丘が広がり、北は南アルプスの山々を福含めつつ長野県と、西は愛知県と、東は中東遠医療圏と接しています。

2西部医療圏の特徴

〈浜松市の政令都市化により医療圏面積が増大した一方で過疎地域も含むことに〉
西部医療圏は、面積が約634平方キロメートル、人口が85万6千人弱(平成24年10月1日時点の静岡県推定人口)です。 西部医療圏には静岡県最大の人口を持つ工業都市の浜松市を含み、古くから生産業の拠点として発達してきました。 首都圏と関西圏という日本の2大経済圏の中間に位置することで、近隣の名古屋圏を含めて東西の流通が行いやすいという地理的条件が発達の大きな理由です。
更に平成の大合併によって周辺の自治体を吸収合併した浜松市は、農業や水産業分野においても生産地と流通拠点としての一面を持つことになりました。 浜松市北部の山間部はお茶やシイタケ、北西部の丘陵部はみかんなどの柑橘類やジャガイモ、東部は水稲やメロン、西部は葉野菜や菊などの生産地としても名を馳せるようになりました。
交通は、東海道新幹線の浜松駅が西部医療圏内にあり、その他医療圏内南部を東西方向にJR東海のJR東海道線と天竜浜名湖鉄道線が、南北方向に遠州鉄道が走っています。 また西部医療圏の中南部を東名高速道路と新東名高速道路が東西方向に通り、公共交通での移動、自家用車での移動とも行いやすくなりました。 ただし一方で西部医療圏北部の浜松市天竜区では、南部を天竜浜名湖鉄道が、北西部をJR飯田線がかすめるのみで、天竜区内のバス便の本数も限られているため、自家用車の利用が必須です。
このように西部医療圏は、浜松市が広域合併したことで「市街地」と「過疎地」とが共存するような型となっています。

3西部医療圏の具体的医療体制の現状

〈圏内の医療格差があり無医地区も多く、へき地医療体制のさらなる充実が必要〉
西部医療圏では中核病院の役割を浜松医科大学医学部附属病院、浜松医療センター、聖隷浜松病院、聖隷三方原病院の4つの病院が担い、人口の多さをカバーしています。 西部医療圏内には40の病院と681の一般診療所(いずれも平成24年4月1日時点)があります。
西部医療圏の医療体制としての現状として、「医療圏内の医療提供の格差」があり、元々平成の大合併によって現在の浜松市天竜区になった地域は、 南アルプスの裾野の山村として過疎化が進行していた地域でした。 そのため西部医療圏内には、12の無医地区があり、すべて浜松市天竜区内に集中しています。
この点については静岡県も現在の対策として、同じ浜松市天竜区内の浜松市国民健康保険佐久間病院と国立病院機構天竜病院とを「へき地医療拠点病院」に指定して、 無医地区への巡回診療やへき地診療所への代診派遣などの対策を行い、更に聖隷三方原病院にドクターヘリを配備するなどして救急機能のカバーを行っていますが、 更にこれらの無医地区に対するへき地医療支援機構を充実・強化を行い、医師がへき地に勤務しやすい環境を行うなどの計画を持って実行中です。

4西部医療圏の医師数の状況

〈数字上の医師数は足りているが、医療圏内での偏在や需要に合わせた医療供給が必要〉
平成22年12月末現在の厚生労働省の調査によれば、西部医療圏の人口10万人あたりの医師数は228.1人で、静岡県全体の平均182.8人や全国平均219.0人と比較でも高い値となっています。
ただし圏域内での医師の偏在があり、更に医療圏内で専門性の高い医療機関がある程度整備できてはいても、救急医療など各種医療需要の高まりに対して、 医師の絶対数が必ずしも十分とは言い切れない状況でもあります。
行政としても今後医師の偏在の解消と、医療需要に合致した医療の供給とを目指すべく方策を立案して実行しています。 このため西部医療圏においては医療需要に合致した技術を持つ医師を求めています。

静岡県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		静岡県のコンサルタントに求人紹介を依頼する