静岡県「志太榛原」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

静岡県志太榛原医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
志太榛原医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

静岡県の二次医療圏「志太榛原」の概要と特徴

1志太榛原医療圏の概要

〈静岡県の中部、駿河湾沿岸部分から長野県との県境にまで広がる医療圏〉
静岡県の志太榛原医療圏は、島田市、焼津市、藤枝市、牧之原市、吉田町、川根本町の6つの自治体で構成されています。
医療圏の南側は駿河湾に面して、北は南アルプスの山々へ、西は中東遠医療圏、東は静岡医療圏に接しています。 医療圏は旧駿河国、旧遠江国の両方にまたがっていますが、おおよそ大井川の流域とその周辺にあたる地域の医療圏です。

2志太榛原医療圏の特徴

〈水産関連業と日本茶製茶業の日本でも有数の生産拠点を抱え、交通も便利な医療圏〉
志太榛原医療圏は、面積が約1210平方キロメートル、人口が46万9千人弱(平成24年10月1日時点の静岡県推定人口)です。
志太榛原医療圏には日本でもトップクラスの産業が2つあります。ひとつは医療圏内の焼津漁港を中心とする水産関連業で、 もうひとつは医療圏内のエリア全域で生産されている日本茶生産業です。 水産関連業では、特に焼津漁港が遠洋漁業の拠点基地として日本でもトップクラスの水揚げ高を誇り、 他の駿河湾岸にある沿岸漁業の漁港と合わせて水産業や水産加工業が医療圏内の経済のひとつ目の柱となっています。
一方で日本茶の生産も、医療圏内全域で栽培されている茶葉の栽培から、その茶葉を加工して日本茶にして出荷するまでの一連の産業が地域に根付いていて、 県別の日本茶生産高では1位を誇る静岡県の茶葉生産の中心地域となっています。更には「川根茶」という日本茶では最高級と称されるブランド茶を生産するなどして、 医療圏内の経済のもうひとつの柱となっています。
交通では、医療圏内南部を東西方向にJR東海のJR東海道本線が、南北方向に大井川鉄道の大井川本線が走っています。 また志太榛原医療圏南部を東名高速道路と新東名高速道路が東西方向に通り、医療圏内に5つのICを有していて、公共交通や自家用車での移動も便利です。

3志太榛原医療圏の具体的医療体制の現状

〈医療体制の連携が確保されている医療圏だが、救命救急医療の脆弱さが問題点〉
志太榛原医療圏では中核病院の役割を藤枝市立総合病院、市立島田市民病院、焼津市立総合病院、榛原総合病院の4つの病院が、それぞれ地域と機能を分けて担っています。 志太榛原医療圏内には、13の病院と305の一般診療所(いずれも平成24年4月1日時点)があります。
志太榛原医療圏では、主要な疾患については医療圏内の中核病院を中心として、病病連携及び病診連携により医療体制が確保されているという現状がありますが、 その一方で医療圏内に救命救急センターを持っていない点が現状での課題点となっています。
現在は2次救急医療を担う前出の中核病院が中心となり、圏内医療体制の連携により初期救急医療と2次救急医療を行っていますが、 内科系を中心とする診療所医師の減少や医師の高齢化等による体制の維持確保が課題となっていて、 不足している医師を隣接医療圏の病院による応援を得ながら救急医療体制を確保している現状があります。
さらに「患者側の安易な高度救急医療の利用」という社会問題が静岡県でも起こっていて、それが医師等の疲弊の要因となっていることから、 住民への適切な救急医療の利用の啓発が課題となっています。静岡県もこの現状に対して医療行政の方策を打ち出しています。 志太榛原医療圏での逼迫した救急医療体制を支え、救護活動の充実・強化を図るための医師側への研修等の開催のみならず、 住民が圏域内の医療体制の現状を正しく理解して適切な受療行動を取ることができるようにするための啓発活動を強化するとともに、 将来的には志太榛原医療圏内の藤枝市立総合病院での小児救急医療を中心とした救急医療体制の拡充と及び焼津市立総合病院における患者増と 合併症妊婦の分娩に対応するための整備を実施するなどして、医療圏内で3次救急医療の役割を持たせるような方策を行っていく方針です。

4志太榛原医療圏の医師数の状況

〈不足気味の医師の確保と、医療圏内に多い糖尿病患者への対策が重要な課題〉
平成22年12月末現在の厚生労働省の調査によれば、志太榛原医療圏の人口10万人あたりの医師数は136.5人で、全国平均219.0人、 及び静岡県全体の平均182.8人との比較でも大きく下回り静岡県内の二次医療圏では低い方から4番目です。 特に医療圏内では、内科系を中心に医師の退職による診療体制の縮小等が相次いでいて、それが原因で診療体制の縮小の規模が大きな病院もあり、 医療圏内の医師の確保が重要な行政課題となっています。
さらに志太榛原医療圏の問題として、5疾患のうちの糖尿病患者の多さがあります。志太榛原医療圏の糖尿病予備群は、 静岡県を100とした標準化該当比で比較した場合に男性117.7、女性128.8であり、県内でも志太榛原医療圏の高さが目立つ状況があります。 静岡県としても住民の糖尿病からくる合併症治療に膨大な医療費予算を必要とすることから、この点を重要な行政課題として認識していて、 保健事業や各医療保険者が実施する特定健康診査や特定保健指導の実施等を通じて糖尿病等の生活習慣病の現状や課題の分析等を行っていく施策を立案しています。 その結果を踏まえて自治体や関係機関との連携及び協働により、生活習慣の正しい知識の普及や改善、健診受診促進、 そして受診後のフォローアップ体制の充実等による早期発見・早期治療を推進する方針です。
また医療保険者や自治体、各医療機関等と連携を行い、糖尿病の悪化や合併症の発症の予防と合わせ、 進行を遅らせることができるような患者の治療/管理体制の整備に努めるべく、対応を行っています。

静岡県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		静岡県のコンサルタントに求人紹介を依頼する