静岡県「静岡」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

静岡県静岡医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
静岡医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

静岡県の二次医療圏「静岡」の概要と特徴

1静岡医療圏の概要

〈静岡県中部で、政令指定都市の静岡市をエリアとする医療圏〉
静岡県の静岡医療圏は、旧・駿河国中部の駿河湾沿岸から南アルプスの中部域である山梨県と長野県との県境部分にまで達する医療圏です。 本医療圏は、政令指定都市の静岡市からなり、駿河区、清水区、葵区の3つの行政区で構成されています。
医療圏の東側は富士医療圏に、南側は駿河湾に、西側は志太榛原医療圏に面していて、北は山梨県長野県と南アルプスの山々を介して接しています。

2静岡医療圏の特徴

〈第一次~第三次の各産業が盛んで、北部山間部を除き交通の便はある程度至便〉
静岡医療圏は、面積が約1,400平方キロメートル、人口がおよそ71万人(平成24年10月1日時点の静岡県推定人口)です。 本医療圏は海に面した南側から標高3000級の山々が連なる北側の南アルプスまでエリアがあるため、産業も多岐にわたっています。
第一次産業としては、マグロ漁の水揚拠点である清水港をはじめとして、駿河湾の桜えびやしらすなどを主要産物とする水産業、及び茶葉やみかん、花きを中心とする農業が盛んです。 また第二次産業はかつて清水港に沿って貨物線の国鉄清水港線が引かれていたように清水港沿岸に沿って工業地帯となっていて、その他医療圏内各所に製茶業や水産加工業などの工場が点在しています。第三次産業は元々静岡市自体が消費都市であり商業が盛んであったのと合わせて、世界遺産に登録された「三保の松原」を始めとする観光地、 安倍川や大井川の源流近くに点在する温泉の数々、そして南アルプスの登山基地など、様々な資源を持っています。
公共交通は、JR東海道本線の静岡駅が静岡市中心部にあり、また医療圏南部をJR東海道線が東西方向に横断して、関東方面、名古屋・関西方面どちらにも交通の便は良いです。 また静岡市の官庁街地区と清水港地区を結ぶ静岡鉄道線もあり、旧・静岡市と旧・清水市の市街地間の交通は至便です。
ただし医療圏内中北部の足はバス及び葵区井川へ至る大井川鉄道井川線のみで、行先によっては頻繁に便数がある場所も便数に限りがある場所もあるので、注意が必要です。 道路の点では、静岡医療圏を東西方向に東名高速道路、新東名高速道路が貫き、5ヶ所のICがあります。 また一般道も国道1号線を幹として各方面に国道や県道が通り、医療圏北部の山間部以外は道路網も整備されています。

3静岡医療圏の具体的医療体制の現状

〈周産期医療機関の偏在化を減らし、現状の分娩対応医療機関の負担を下げる点が課題〉
静岡医療圏では中核病院の役割を、県立総合病院、静岡済生会総合病院、静岡市立静岡病院、静岡赤十字病院など複数の病院が分担しています。 本医療圏内には28の病院と556の一般診療所(いずれも平成24年4月1日時点)があります。
本医療圏の問題として周産期医療の減少の問題があります。本医療圏内には周産期医療に関し、静岡県中部地域の拠点病院として静岡県立こども病院があり 総合周産期母子医療センターにも指定されています。
しかし一方で本医療圏においても近年の産婦人科医不足の影響が及んでいて、特に清水区では分娩を取り扱う病院が区南部の静岡市立清水病院のみであり、 当病院以外に分娩を取り扱う助産所もないことから、清水区内の産科医療に偏在が生じていて当病院をはじめ区内にある産科診療所への負荷が大きく増している状態です。
この現状を静岡県も静岡市も認識していて、今後医療行政にて対応策を検討することとしていますが、 まず現状では国や県が定めた周産期医療関係の補助事業による各種施策を有効に活用すること、及び医療圏域内の周産期医療の現在の現状について 医療圏内の住民の理解を深めて適切な医療機関の利用を啓発することを施策としています。 今後次回の保健医療計画にて、より具体的な周産期医療の対策が予定です。

4静岡医療圏の医師数の状況

〈静岡県の全体としての医師の確保と医療連携のさらなる普及強化が課題〉
平成22年12月末現在の厚生労働省の調査によれば、静岡医療圏の人口10万人あたりの医師数は211.4人で、静岡県全体の平均182.8人よりは上回っているものの、 全国平均219.0人よりは少なく、全国の政令指定都市20市の中でも16番目となっています。 静岡県や静岡市としても、本医療圏での医師数の増加を行政施策の重要な課題と捉えています。
更に、本医療圏の課題として、「イーツーネット」という医療圏独自のネットワークの更なる普及が挙げられます。 イーツーネットとは「医(師)2(人)ネット」という意味から作成した造語で、かかりつけ医である診療所の医師と病院の主治医とが外来診療から在宅医療まで一人の患者に対して、 継続的に医療情報を共有して連携と役割分担しながら、効率的で質の高い地域医療を提供する医診連携ネットワークのことを指します。
ただし現状では病院との医療連携を行っている診療所数は疾病によって大きな差があり、脳卒中や虚血性心疾患については約40%程度となっていますが、 各種のがんについてはおおよそ20%台、喘息では11%程度と、必ずしもこのイーツーネットという医療連携が効果的に運用されているとは言い切れません。
このような点から静岡県や静岡市でもこの医療連携を更に効果的に行う目的で、現在行われているイーツーネットのネットワークを電子データ化した「イージーイーツーネット」、 及び患者の情報を共有するための「静岡県版在宅医療連携ネットワークシステム(仮称)」を開発運営して、この先さらに医療連携体制を普及させ強化する行政施策を立てています。 このため、医療連携システムが更に普及強化すれば、本医療圏における一般診療所、病院両方の医師の負担が減り、より働きやすい医療圏として認知されることになります。

静岡県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		静岡県のコンサルタントに求人紹介を依頼する