静岡県「駿東田方」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

静岡県駿東田方医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
駿東田方医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

静岡県の二次医療圏「駿東田方」の概要と特徴

1駿東田方医療圏の概要

〈静岡県東部で、伊豆半島中西部から駿河湾岸、箱根西部、富士山麓に至る医療圏〉
静岡県の駿東田方医療圏は、旧・駿河国東部と伊豆国西部に該当する、伊豆半島中西部、駿東地区、神奈川県に接する箱根山の西部及び山梨県に接する富士山麓東部に至る医療圏です。 駿東田方医療圏は、沼津市、三島市、裾野市、伊豆市、伊豆の国市、御殿場市、函南町、清水町、長泉町、小山町の10自治体で構成されています。
医療圏の西部は駿河湾と富士医療圏に面し、南側は賀茂医療圏に、東側は熱海伊東医療圏と神奈川県に、北は山梨県に接しています。

2駿東田方医療圏の特徴

〈観光地に囲まれた中に工業地帯や農業、漁業など様々な面を抱える医療圏〉
駿東田方医療圏は、面積が約1,280平方キロメートル、人口が66万8千人弱(平成24年10月1日時点の静岡県推定人口)です。 駿東田方医療圏は様々な面を抱えた医療圏です。 医療圏南部の及び南西部は伊豆半島の温泉や海のレジャーなどの観光地の一部としての機能を持ち、医療圏北部及び北東部は富士山、箱根の観光地の入り口としての機能を持っています。
一方で医療圏中央部の三島市や沼津市、裾野市などは、電子機器、繊維素材、自動車産業の主要事業所を抱えた工業都市の役割と同時に、古代からの寺社仏閣から宿場町、 世界規格のサーキット場など時代をまたいだ観光地としての側面も持っています。
さらにエリア内は第一次産業も盛んで、農業では豊富な富士・箱根地区の湧水を利用した水稲、ワサビをはじめとして根菜、茶葉、みかんなど多種多様な農産物が栽培されていて、 漁業では伊豆半島西海岸の沼津港などの駿河湾の近海漁業基地として主要な漁港を数多く持っています。
公共交通は、東海道新幹線の三島駅が駿東田方医療圏内にあり、その他医療圏内中央部を東西方向にJR東海のJR東海道線、北部をJR御殿場線、南部を伊豆箱根鉄道駿豆線が走っています。 またエリア内に観光地が多く、最寄り駅から医療圏内各方面にバスの便がかなりの本数あり、公共交通には恵まれていると言えます。
道路の点では、駿東田方医療圏の北部に東名高速道路と新東名高速道路が東西方向に通り、また観光道路としてですが自動車専用道として医療圏北部には芦ノ湖スカイラインが、 医療圏南部には伊豆スカイラインが通っていて、観光の繁忙期を除けば自家用車での移動も行いやすいです。

3駿東田方医療圏の具体的医療体制の現状

〈静岡県東部エリアの救命救急分野の拠点病院を抱える分、救急医療体制の構築が必要〉
駿東田方医療圏では中核病院の役割を沼津市立病院、順天堂大学医学部付属静岡病院の2つの病院が担い、地域や疾病/事業で役割分担しています。 駿東田方医療圏内には48の病院と464の一般診療所(いずれも平成24年4月1日時点)があります。 駿東田方医療圏の医療体制としての問題として、救急医療体制のさらなる構築が必要となっている点があります。
多くの他の医療圏と同じで、駿東田方医療圏においても軽症者が第2次救急医療機関を利用するケースが多く、第2次救急医療機関の負担が大きくなっている現状があります。 また、医療圏内に第3次救急医療を担う「救命救急センター」は、沼津市立病院、順天堂大学医学部付属静岡病院の2つの病院がありますが、 どちらも駿東田方医療圏のみならず県東部地域全体(富士、熱海伊東、賀茂の各医療圏)の患者の受け入れも担当しています。
さらに順天堂大学医学部附属静岡病院は東部ドクターヘリの運航拠点となっており、広域的な救急医療体制の確保を図っています。 このような状況で第2次救急医療機関の負担が大きくなっていることから、そのしわ寄せが第3次救急医療機関にも及んでいて、救急医療体制の負担の増加につながっています。 このような現状を静岡県も重く視ていて、初期救急の役割の明確化と初期救急医療体制の充実が必要です。
そのために各市町、各消防組合、救急関係医療機関、各医師会とともに、初期救急、第2次救急及び第3次救急の機能分担を明確にして、 段階を追った救急医療体制の体系的な整備に努める方針を立案しています。
特に緊急対応が必要とされる脳卒中と急性心筋梗塞については対応病院の機能強化を図り、救急救命率の向上を目指す方策です。 また救急医療体制の円滑な運営のため、症状に応じた適切な受療行動についての住民への啓発活動を実施して、各段階の救急医療の負担を軽減することを目標にしています。

4駿東田方医療圏の医師数の状況

〈特定機能病院を除いた医師数の増加と、周産期医療施設の偏在の解消と連携の構築が必要〉
平成22年12月末現在の厚生労働省の調査によれば、駿東田方医療圏の人口10万人あたりの医師数は199.7人で、全国平均219.0人との比較では少なくなっていますが、 静岡県全体の平均182.8人よりは多くなっています。
ただし医療圏内の長泉町にある「静岡県立静岡がんセンター」は、がん医療に特化して駿東田方医療圏のみならず静岡県全体への対応を行っているので、 仮に静岡県立静岡がんセンターに常勤する医師数を医療圏医師数から除いた場合、駿東田方医療圏の人口10万人あたりの医師数は181.5人となり、 静岡県の平均医師数を下回ることになります。そのため、静岡県としても医師数の増加を行政施策に挙げています。
また、駿東田方医療圏の問題として、医療圏内の周産期医療施設の偏在があります。 駿東田方医療圏全体としては正常分娩を行っている病院、診療所、助産所を合計すると18ヶ所あり、医療圏内の平成23年度中の出産数は医療圏内の分娩可能数を下回っているため、 圏内全体としては分娩の需要に対応可能と言えます。
しかし医療圏内の伊豆市にある伊豆赤十字病院は、伊豆半島地域における産婦人科の病院としての役割を担ってきたものの、 平成21年に産婦人科医が退職した後は新たな産婦人科医の確保ができず休診状態で、伊豆市内、及び伊豆半島の正常分娩を担う医療施設が現在助産所1ヶ所のみとなっています。 しかしその一方で、医療圏内三島市の三島社会保険病院では周産期病棟の新設を計画しており、平成26年度中の診療開始を目指して整備を行っています。
このように駿東田方医療圏内でも地域により周産期医療の体制に偏在が生じているため、静岡県としては周産期医療に携わる医師の確保と定着を行政方針に置きつつも、 現状の医療資源での対策としては順天堂大学医学部附属静岡病院に置かれている総合周産期母子医療センターを中心とした医療圏内の産科医療体制の充実に努め、 周産期を担う診療所の産科への対応として病診及び診診での連携体制の構築に努めるとともに、各市町、消防組合及び医師会とともに、 沼津市立病院に指定されている地域周産期母子医療センターの維持及び確保に努める方策を行っています。

静岡県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		静岡県のコンサルタントに求人紹介を依頼する