外科医の年収

医療技術が発展していく中で、手術を行うにあたっては、外科医の存在は大変重要です。一般的に医師の年収は、年齢や経験などにもよりますますので、300万の方もいれば、1000万円以上の医師もいます。外科医の年収もそれに該当します。

しかし外科医とはいえ、外科医の中でも専門職があり、心臓外科医もいれば、脳外科医もいます。手術の難易度はそれぞれ患者さんにより違いますし、手術内容により手術にかかる時間も変わるため、外科医の年収ははっきりとした断言はできません。

そして年齢や経験はもちろんの事、外科医の年収は働く場所によっても変化があるようです。開業医は、その病院の状況がはっきりしないため、はっきりと断言することができません。

大学の医局の場合は、大学側からの一定金額が保障されています。民間の病院の場合は、大学の医局に比べて高額になる場合が多いです。病院の規模などにもよりますが、外科医の不足している病院においては一人でも獲得したい存在です。そのためには、医局よりも高い年収は必須です。

もちろん手術を行える外科医となるためには、かなりの技術を得て初めて立派な医師となります。そのため、研修医の時代には、多くの勉強をし、技術を身につけなければなりません。外科医においては、日本古来の伝送文化などの稽古事と同じように、師弟関係を成り立たせて、先生の技術をしっかりと学んでいくといったパターンが多いです。そうすることにより世間に認められる外科医となるわけです。外科医は年収だけで働く病院を選んでしまうと、後々自分自身が苦労することになります。

医師の年収・収入について」の他の記事を読む

JU018_72A
人間関係や休みの有無、収入などで不満を持っている勤務医の方へ
より良い職場へ 今の職場から転職を考える際、今勤務している病院から、より条件の良い病院に転職するために役立つ情報を得る必要があります。 今の職場での人間関係、休みの有無、収入などで不満をお持ちではない...すべて読む
JU078_72A
転職時に医師が行う源泉徴収の対応
源泉徴収とは 源泉徴収とは、給与や賃金 を支払う側が、従業員に給与等を支払う際に支払金額からあらかじめ所得税などを差し引いておく制度を指します。 そして通常の場合は勤務先にて「年末調整」を行います。こ...すべて読む
af0100000795l
医師が開業前に税金他諸々の事務を学ぶには
勤務医からいきなり開業医は負担が大きい 勤務医として長くキャリアを積んできた医師にとっては、税金とは「勤務先で源泉徴収され年末調整で戻る」「消費税がアップして困る」程度の認識と思います。しかし勤務医の...すべて読む

86記事の「 医師の年収・収入について 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。