眼科の開業医の年収について

眼科の開業医の年収は他の科の医師と違いはあるのでしょうか。
実際に調べてみると、日本においては、診療科目による医師の年収の違いはそれほどないようです。これが日本の医療医師の特徴ともいわれているようです。

しかし、手術の技術や、手術回数といったキャリアや勤務時間や病院の体制といったものから、違いは生まれてきます。そして、日本独自である、医師への謝礼金といったものも未だに存在するとこともあるようですから、そういったもので収入を得ている医師もいるようです。日本においては、眼科の開業医の年収は、1500万円程度に方もいれば、5000万円の方もみえるようです。

こういった金額をみると、かなりの幅があるように思われます。開業した場所にもよりますし、患者の数や、手術の有無など上げられるので、そのあたりははっきりとしていません。そして、金額だけみると、眼科の開業医の年収は、勤務医などに比べて多いように感じますが、この年収が実際の手取りはないため、一眼に開業医の方が年収が高いとは言えないようです。機器の整備も必要ですし、その設備を維持するためのコストはかなりのものであると思います。

雇っているスタッフの給与も支払わなければなりませんし、開業医ともなると、病院の経営を成り立つようにしなければならないため、ただ診察や手術を行っているだけではないので、違う意味での気苦労も多いです。開業医の腕にかかっていると言っても過言ではないため、経営を成り立たせるもの大変でしょうし、医師と患者との信頼関係を得られるといった点では、こうした開業医のほうがよい場合が多いように思います。

医師の年収・収入について」の他の記事を読む

JU018_72A
人間関係や休みの有無、収入などで不満を持っている勤務医の方へ
より良い職場へ 今の職場から転職を考える際、今勤務している病院から、より条件の良い病院に転職するために役立つ情報を得る必要があります。 今の職場での人間関係、休みの有無、収入などで不満をお持ちではない...すべて読む
JU078_72A
転職時に医師が行う源泉徴収の対応
源泉徴収とは 源泉徴収とは、給与や賃金 を支払う側が、従業員に給与等を支払う際に支払金額からあらかじめ所得税などを差し引いておく制度を指します。 そして通常の場合は勤務先にて「年末調整」を行います。こ...すべて読む
af0100000795l
医師が開業前に税金他諸々の事務を学ぶには
勤務医からいきなり開業医は負担が大きい 勤務医として長くキャリアを積んできた医師にとっては、税金とは「勤務先で源泉徴収され年末調整で戻る」「消費税がアップして困る」程度の認識と思います。しかし勤務医の...すべて読む

86記事の「 医師の年収・収入について 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。