小児科医の年収は割に合っているのか

小児科医は医師の中でもとても大変な業務内容をこなしています。特に大変だと言われているのが救急対応をしている病院の小児科医です。
救急対応をしていると24時間いつ患者が来るか分かりませんし、休みの日も出勤しなければなりません。そのため、小児科医はかなりの重労働で苦しんでいます。

その重労働を前提に小児科医の年収をお話します。小児科医の年収は約1000万円前後で、他の医師の平均とほぼ変わりません。

しかし、他の医師よりも激務で、場合によってはほとんど休まず働いてこの年収なので割にあっているかどうかと言われると、そうではないのかもしれませんね。もちろん、一般的なサラリーマンに比べるととても多く感じますがサラリーマンの方も小児科医と同じように働けと言われたら、いくら年収が上がるからと言っても無理と答える人がほとんどでしょう。

この問題はかなり深刻で、小児科医は休みが取れないとやはり健康状態も悪くなりますし、ミスが起こる可能性も高くなってきます。しかも、他にやってくれる人がいない場合、自分でやるしかありません。そしてさらに状況は悪化してしまいます。
もちろんこのような環境ですから、耐えられず辞めてしまう医師も多くいます。辞める医師が増えれば増えるほど残った医師が苦しめられているのが現状です。せめて小児科医がもっと魅力的と感じてもらえるように年収をもっと上げてもいいように思いますが、なかなか難しいようです。

もし、小児科医の中で少しでも年収を上げたいと思うのであれば求人を探して転職する場合もあるかと思います、その際はより条件のいい環境下で働いてほしいものです。

メディウェルの専門コンサルタントに求人探しを頼んでみませんか?

メディウェルでは47都道府県の医療機関にコンサルタントが直接足を運び収集した『リアルな情報』の提供に徹底的にこだわっています。インターネットに掲載されている求人情報が、先生の転職の為に必要な情報のすべてであるはずがありません。
ご登録いただいた方のみにご紹介する非公開・匿名求人では経営者の考え方・人事の方針、同僚の人員構成、職場の雰囲気など、求人票では伝え切れない本当に必要な情報をご提供させていただきます。

キャリアの考え方は、人の人生そのものであり、わたくしどもが紹介できる医療機関の数が、先生が選択できる未来の数と考え、先生にもっとも適したフルオーダーメイドのご提案をさせていただきます。

「小児科」に関する記事を読む

医師
女医の転職
現在、医師国家試験の合格者数における女性医師の割合は3割を超えており、医学部の入学者における女性の比率が4割を超えるところもでてきています。このように女性医師の割合は急激に伸びてきており、特に20代の...すべて読む
JU115_72A
小児科臨床の大変さ
臨床研修医になって、自分がどのような進路をとるべきか悩むこともあるでしょう。その中には、将来小児科医として活躍していきたいと思っている人もいるかもしれません。 その場合には、小児科の臨床研修プログラム...すべて読む
Nurse/Doctor
小児科の医師に必要な環境
近年、産婦人科や小児科の医師不足は深刻な問題となっています。 核家族化や少子化によって、保護者の育児不安による経験不足・知識不足からちょっとしたことでも病院に連れていくことが多くなっています。このよう...すべて読む
転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。