後期研修医の年収とは

研修医には、「初期研修医」と「後期研修医」の2分類がありますが、初期研修医の期間を終えた後期研修医は、初期よりはかなり年収的に上がる立場ではあります。一般的には、新卒のような立場、まだまだ「現場での実経験がたくさん必要な立場」ということになりますが、一人前の医師になるためには、どうしても必要、かなり重要な段階であるわけです。
ベテラン医師について、技術指導をみっちりとしてもらうことになります。

年収的には、医療機関によって幅はありますが、おおよそ650~850万円程度。初期研修医の月収20万程度に比べるとはるかにアップします。
特に大学病院での初期研修医の水準は月収20万円に達していないところも珍しくありません。

後期研修医は、時間があれば、サイドビジネス(アルバイト)ができる立場ですので、インターネットで求人を探そうと思えば探すことができます。もちろん、知人を通じて、頼まれて当直のアルバイトをしたりというのもごく一般的によくあることです。
ただし、勤務している機関によって、バイトを禁じているところもありますので注意が必要です。

後期研修医も、ベテラン医師と同じく、首都圏や関西圏の都心部では、病院や開業医の数が多く、どうしても給与ベースが低くなる傾向があります。
地方都市の交通の不便な場所にはどうしても医院そのものが少ないため、希少価値が生まれて、アルバイトの給与水準も高い傾向にあります。 少々遠いけれど、足を伸ばして地域医療に貢献してみようか・・・と思われる医師の方はきっと歓迎されることでしょう。
医師の数が少ない診療科の医師も有利な立場になるかもしれません。

医師の年収・収入について」の他の記事を読む

JU018_72A
人間関係や休みの有無、収入などで不満を持っている勤務医の方へ
より良い職場へ 今の職場から転職を考える際、今勤務している病院から、より条件の良い病院に転職するために役立つ情報を得る必要があります。 今の職場での人間関係、休みの有無、収入などで不満をお持ちではない...すべて読む
JU078_72A
転職時に医師が行う源泉徴収の対応
源泉徴収とは 源泉徴収とは、給与や賃金 を支払う側が、従業員に給与等を支払う際に支払金額からあらかじめ所得税などを差し引いておく制度を指します。 そして通常の場合は勤務先にて「年末調整」を行います。こ...すべて読む
af0100000795l
医師が開業前に税金他諸々の事務を学ぶには
勤務医からいきなり開業医は負担が大きい 勤務医として長くキャリアを積んできた医師にとっては、税金とは「勤務先で源泉徴収され年末調整で戻る」「消費税がアップして困る」程度の認識と思います。しかし勤務医の...すべて読む

86記事の「 医師の年収・収入について 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。