小児科の求人募集

小児科医は新生児から中学生くらいまでの子供達を診察していきます。新生児期、乳幼児期、幼児期、学童期、思春期と発育は異なり個人差もあります。治療もそれぞれのニーズに合わせて細やかに行って行かなくてはいけません。
大人の病気と違い発達期にある子ども達には特別な視点が必要となります。

このようにさまざまな発達に合わせた治療が求められるため、成人のように症状によって循環器科、呼吸器科というような分類ではなく、怪我などの外傷以外は小児科というまとまりで受診することになります。
よって子供の病気を中心に他沢山の病気の知識も必要となります。そして小さな子供の治療は手がかかる上に、症状を正確に伝えられないこともあり、時間がかかるだけでなく多くの体力や特別な工夫も必要です。

近年少子化が叫ばれる時代ですが、休日夜間にかかわらず小児科を受診したいという声が高まっています。ただし、緊急ではないような場合もあり、親のモラルにも疑問を抱くといったこともあるようです。そんな中では、余計に心身的なストレスを抱えてしまうかもしれません。

しかし、そういう時代だからこそ、子供達の将来のためにがんばりたいという医師が少なくないのも事実です。
近年、医局制度が縮小されたため、医師の職場は自由に選択しやすくなり、医療機関の側も優秀な人材を求めやすくなりました。小児科医は現在も不足しているため常に沢山の求人があり、高額な給与を提案しているところも少なくありません。

そんな中、医師求人の専門サイトを利用することでさらに効率的な就職、転職が可能になります。

「小児科」に関する記事を読む

医師
女医の転職
現在、医師国家試験の合格者数における女性医師の割合は3割を超えており、医学部の入学者における女性の比率が4割を超えるところもでてきています。このように女性医師の割合は急激に伸びてきており、特に20代の...すべて読む
JU115_72A
小児科臨床の大変さ
臨床研修医になって、自分がどのような進路をとるべきか悩むこともあるでしょう。その中には、将来小児科医として活躍していきたいと思っている人もいるかもしれません。 その場合には、小児科の臨床研修プログラム...すべて読む
Nurse/Doctor
小児科の医師に必要な環境
近年、産婦人科や小児科の医師不足は深刻な問題となっています。 核家族化や少子化によって、保護者の育児不安による経験不足・知識不足からちょっとしたことでも病院に連れていくことが多くなっています。このよう...すべて読む
転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。