埼玉県内に転職を医師におすすめします

全国的に医師不足と言われていますが、過疎地では特に医師不足に悩んでいる事を知っていますか?

過疎地の医師は全国で見ても特に不足しています。その中でも産科、小児科はリスクが大きいことから産科医や小児科医になる医師が全国的に不足しています。そんな状況の中、埼玉県は、人口当たりの医師の数が最も少なく、10万人に対し130人ほどの人数の医師がいるだけになります。それに続くのは栃木、千葉となります。東京都は埼玉県の2倍ほどの割合で医師がいます。その差は大きいですね。埼玉は東京に近く、住環境も良く産業の発展もしています。現在埼玉県の人口は住環境や東京に近いなどからでしょうか、人口が増え続けています。その人口増加に医師の数が追い付いていないのが現状です。

埼玉県では医師の転職に積極的に取り組んでいます。夜勤勤務や休日診療の負担、女性医師には復職支援、育児支援などの対策も行っています。

埼玉には医大が2つありますが、大学が2つでは医師を養成するには絶対数が足りない状況になっています。医学部定員削減が撤回され、全国レベル的に600人ほど増員されましたが、まだまだ、少ない状況です。

県をあげて支援策があるのも勿論、転職をする側からすればうれしい事です。市民レベルの求人も安定した医療機関など十分納得のいく物が多いです。医師が転職を埼玉県内に絞って決めるのはねらい目だと言えるのではないでしょうか。しかし、自分で各病院の求人担当者と交渉するのは大変、時間や労力がかかります。そんな交渉事を引き受けてくれる。求人会社があるようなので、公募の求人以外に医師求人会社も当たってみてはどうでしょう。

医師の転職先の探し方」の他の記事を読む

快適な医局で仕事をするには特性を知った上での調査が必要
1.医局とは医師の待機所・控室の事も指す 〈待機所、控室としての医局〉 この場合の医局とは、大学病院などで教授を中心とした人事組織の事をいうのでは無く、各病院に少なくとも一つは存在している医師の待機所...すべて読む
病院の医局の状況も転職先選択に重要な要素
1.転職目的の達成と転職先での働きやすさとは別問題 〈転職の目的と転職先の職場の働きやすさとのギャップは一般の転職でもよくある重要な点〉 転職を考えていらっしゃる先生方には、様々な目的をお持ちになった...すべて読む
af0100037564l
医師の労働環境の改善に向けて
日本の医師の過酷な労働環境 現在転職を考えているほとんどの医師の方が『転職サイト』に登録をしているかとは思いますが、現在、転職サイトは無数に存在しており、先生方の労働環境を改善することを目標として転職...すべて読む

108記事の「 医師の転職先の探し方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。