小児科臨床の大変さ

臨床研修医になって、自分がどのような進路をとるべきか悩むこともあるでしょう。その中には、将来小児科医として活躍していきたいと思っている人もいるかもしれません。
その場合には、小児科の臨床研修プログラムがしっかりとしている病院で研修を受けるべきです。

小児科医になるためには、ほかの診療科とは少し違ったスキルを身に着ける必要があります。
何しろ診察をする相手は、子供たちだからです。

大人であれば、こちらの言うことをきちんと聞いてくれるはずです。
しかし、子供の場合、スムーズに診察が進められないこともあるでしょう。
子供が診療に対して、恐怖心を抱くこともあるからです。

そうすると診療前に泣き出すとか、とにかく嫌がって暴れだすということもあります。
年齢が下の方にいけばいくほど、聞き分けのない子供が出てくる可能性が高くなります。
ですから、普通に診察をすること自体が、かなり難しくなるケースもあります。

また子供の場合、まだコミュニケーションスキルが発達していません。
自分がどのような痛みや辛さを抱えているのか、うまく表現できない可能性もあります。
そこで、ただ単に患者の症状を聞くだけでなく、相手の苦しみを察してあげないといけません。

このように小児科医は、ほかの診療科とは違った苦労を味わうこともあります。臨床研修医として働き始めた当初は、今まで習ったことが通用しないこともあるでしょう。
そうして悩んだり、戸惑ったりすることもあるかもしれません。

ただし、ひとたびコツをつかめれば、親御さんからも絶大な信頼を受けられるかもしれません。
やりがいのある診療科とも言えます。

「小児科」に関する記事を読む

医師
女医の転職
現在、医師国家試験の合格者数における女性医師の割合は3割を超えており、医学部の入学者における女性の比率が4割を超えるところもでてきています。このように女性医師の割合は急激に伸びてきており、特に20代の...すべて読む
Nurse/Doctor
小児科の医師に必要な環境
近年、産婦人科や小児科の医師不足は深刻な問題となっています。 核家族化や少子化によって、保護者の育児不安による経験不足・知識不足からちょっとしたことでも病院に連れていくことが多くなっています。このよう...すべて読む
F
小児科での医師の求人
最近は、医師不足の問題がよく聞かれます。 特に田舎の病院での医師不足は深刻なようです。同様に、産婦人科や小児科出の医師不足も他の科医に比べて深刻なようです。なぜならばこれらの診療科が他の科に比べて大変...すべて読む
転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。