医師の転職先の探し方 - ページ3

af0100000877l
産業医に転職するには
医師の中には、産業医への転職を希望する人も多いといわれています。産業医は一般企業で働く医師のことをさします。 産業医になると、いろいろなメリットを期待することが可能になります。 医...すべて読む
doctor putting on gloves
医療系の転職エージェントを活用する
医師の方で、転職をしようと思っている人もいるでしょう。 そのような人の中には、自分で医師の求人情報を収集しようと思っている人もいるはずです。 しかし、自力で求人情報を探すとなると、...すべて読む
xf0635025497o
メディウェルの求人サービスを利用する
医師の方で転職を検討している人もいるでしょう。 しかし、医師としての仕事をこなしながら、転職活動をするのはなかなか大変です。 そこで医師で転職を希望する人は、転職エージェントを利用...すべて読む
JU127_72A
ドクターが転職するタイミング
転職エージェントの人の話を総合してみると、ドクターは3~4回程度平均して転職する傾向があるといいます。 ところで、ドクターはどのタイミングで転職を考えるものなのでしょうか? 転職の...すべて読む
JU163_72A
地方のドクターの就職事情
ドクターの皆さんでも、日本全国にどのくらいの病院があるか知っている人は少ないのではないでしょうか? 少々アバウトですが、8500前後の医療機関があるといわれています。 これだけの医...すべて読む
af0100037564l
最も求人数が多い診療科目とは
ドクターで転職を希望する人はまず、求人情報を収集するはずです。 求人サイトなどをチェックしてみるとお分かりになるでしょうが、診療科目で求人の出ている件数に差があることも少なくありま...すべて読む
JU039_72A
医師の求人の全般的傾向
どんな業種にでもいえることなのですが、医師の業界内でもいえるのは、需要の多い仕事・アルバイト、専門性の高い職種、 希少性があること(土日や夜間勤務ができるなど)で有利な立場になりま...すべて読む
JU195_72A
病院が募集する職種に応じた求人情報
一口に病院といっても、医師・看護師・薬剤師・臨床検査技師・レントゲン技師・・・・などなどかなりの職種の医療従事職があります。 一昔前に比べ、こういった職種の転職サイト、人材紹介会社...すべて読む
JU115_72A
小児科臨床の大変さ
臨床研修医になって、自分がどのような進路をとるべきか悩むこともあるでしょう。その中には、将来小児科医として活躍していきたいと思っている人もいるかもしれません。 その場合には、小児科...すべて読む
看護士・女性・カルテ持ち
産業医になるには
一般企業に医師として就職を希望する人も多いでしょう。このような企業で働く医師のことを、産業医と呼ぶことがあります。 産業医の求人情報は、求人サイトにはなかなか掲載されていないのでは...すべて読む
JU194_72A
女性の医師の転職で注意すべきこと
最近では、医師の中でも女性の方が増えてきています。女性の医師の中で、転職を検討している人もいるのではないでしょうか? 女性の医師が転職を検討する場合には、将来の人生設計のことも十分...すべて読む
JU111_72A
臨床研修医としてイメージできない中の病院探し
臨床研修医として、これからプログラムを受けようと思っている人の中で、まだ具体的な将来像をつかめていないという人もいるでしょう。その場合に、臨床研修の病院はどのようにして選べばいいの...すべて読む
おすすめする医療従事者
産婦人科医になる方法とは
医師になるには大学の医学部(6年制)を卒業して、医師国家試験に合格する必要があります。 医学部に入学して、いきなり産婦人科専門の学部があるものではありません。内科や脳外科など他の診...すべて読む
JU136_72A
産婦人科の求人のポイント
産婦人科の仕事の内容は、外来、分娩、婦人科健診、妊婦健診、がん検診など多岐にわたっています。大規模・小規模病院、クリニックなどいろいろな形態の医療機関があり、雇われている産婦人科医...すべて読む
Three Doctors Standing Outside A Hospital
臨床研修マッチングと就職
一昔前までは、出身大学の医局で研修を受けるのが普通でしたが、医局制度に対する批判が集まったこともあって、2004年から出身大学関係なく研修が受けられます。 そこで、医学部4年生にな...すべて読む
握手をする女性医師
医師の転職理由
医師が転職をする場合でも、基本的に他の一般的な会社員の転職と変わりません。職務経歴書や履歴書を作成して、希望する病院に応募します。書類選考をクリアすることができれば、面接試験に進み...すべて読む
tg0010008810l
研修医の研修先の選び方
産婦人科で医師としての活動をしてみたいと考えている人は多いのではないでしょうか? もしそうであれば、臨床研修として産婦人科を希望してみましょう。 総合病院や大学病院をはじめとして、...すべて読む
xf0635025515o
転職エージェントの活用
臨床医として仕事をしてきた人が産業医に転職するためには、どのようにすべきでしょうか?いろいろな方法がありますが、医師会経由で企業の紹介を受ける方法があります。 医師会からの紹介を受...すべて読む
healthcare and medicine: doctors shaking hands
医療転職サイトの活用
医療関係者の中には、転職を検討している人もいるのではないでしょうか? しかし、自分で転職情報を探すことが、なかなかままならない人もいるはずです。特に現在仕事を抱えながら転職活動をす...すべて読む
Asian Woman
肝臓専門医とは
現在わが国では、国家試験に合格した医師は、自由に標榜科目を選ぶことができるようになっています。日本医学会加盟学会で組織した専門医認定協議会では、医師国家試験に合格後、学会などが指定...すべて読む

全108件中 41〜60件目を表示

1 2 3 4 5 6

無料会員登録はこちらから

おすすめ記事

内科で開業した場合の本当の年収とは

内科の勤務医と開業医 内科の勤務医の皆様は、自分の現在の待遇や年収をどのようにお考えでしょうか。 研修医のうちは、臨床経験を積むので精一杯かと思いますが、ある程度実力が伴ってくると、やはり意識するのは ...すべて読む

皮膚科の開業医が得る年収の本音、直面する理想と現実とは

皮膚科医であれば誰でも考える「開業」 現在、皮膚科医として勤務している方は、必ず「開業」という事を考えることがあると思いますが、皮膚科を開業するメリットとは一体何でしょうか。 開業医となれば、当然、「 ...すべて読む

精神科は開業をすれば年収が上がるのか

精神科医の必要性 医師の中でも精神科医は、ストレスやうつ病が社会問題となっている現在の日本には欠かせない診療科です。研究によると、生涯の中でうつ病になり、病院で治療が必要な患者の割合は、全国民の10人 ...すべて読む

年収と待遇から考える小児科の開業とは

開業医か勤務医か 現在、日本の小児科医、特に勤務医の小児科医に関しては、長時間の労働からくる待遇の問題や、年収の関係で、開業への道を模索する方も多いようです。 では実際に小児科を開業した場合の待遇や年 ...すべて読む

眼科医の収入が高いわけ

眼科医の方は、どれくらいの収入を稼いでいるのでしょうか? 一般的に開業医の方が、売り上げがダイレクトに自分の給料に反映される傾向があります。このため、ある程度の集客を確保できれば、かなりの収入になるわ ...すべて読む

美容整形外科で働く医師の年収

美容整形外科の医師は他の科の医師よりも年収がよいといわれています。外科や内科など他の科に勤める勤務医の平均年収は、大体1200万円から1500万円ほどです。開業医で勤務医の1.7倍ほどの年収であるとい ...すべて読む

開業医としての耳鼻科の年収について

耳鼻科の開業医の状況 耳鼻科は内科や小児科などに比べると、専門性が強い医科になりますので、当然医師の数も他の科に比べ少ないようです。しかし、実際に市場が必要としている耳鼻科医の数には足りていないのが現 ...すべて読む

公立病院の勤務医の年収はいくら?

勤務医は、開業医の反対で医療施設である病院や診療所に勤務する医師を言います。 平成23年6月に行われた医療経済実態調査で中央社会保険医療協議会からの報告によると勤務医の平均年収は約1500万円と報告さ ...すべて読む

脳外科医の年収

脳外科には、頭痛、めまい、頭部外傷、脳血管障害などに悩む患者さんが訪れます。脳神経外科疾患、すなわち脳や脊髄、末梢神経、脊椎などに関する疾患を治療する診療科です。 外科医の中でもとりわけスペシャリスト ...すべて読む

転勤する勤務医の実状

医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ ...すべて読む