医師の転職先の探し方 - ページ5

JU082_72A
小児科の求人募集
小児科医は新生児から中学生くらいまでの子供達を診察していきます。新生児期、乳幼児期、幼児期、学童期、思春期と発育は異なり個人差もあります。治療もそれぞれのニーズに合わせて細やかに行...すべて読む
JU018_72A
小児科医の募集
医師不足が慢性化する近年、小児科医の人手不足は一層深刻化を増しています。労働条件などの面から小児科を敬遠する医師がいることや、新たに小児科を目指す医師も減少するという悪循環を招きつ...すべて読む
af9940032582o
小児科医の求人について
小児科医の求人はどこで見つければいいのでしょうか? 転職を考えている人や、就職を考えている人にとっては重要な問題ですね。小児科医としてある程度キャリアがあり、他の病院の医師との人脈...すべて読む
JU120_72A
病院の求人
開業医の方はともかくとして、勤務医の場合、生涯同じ病院やクリニックに勤め続けることはまずないでしょう。 例えば、最近では、結婚や住宅購入、引っ越し、子育てなど、自分のライフステージ...すべて読む
JU041_72A
クリニックでの求人を探すには
クリニックでの求人を探すには一体どうすればいいのかご存じでしょうか?あまり知られていないようなのでご紹介します。 まずは、クリニックに直接問い合わせる方法があります。これは地道では...すべて読む
医師
眼科医の転職
医師は、同じ診療科目でも、勤務する医療機関によって給与に差が生じます。 例えば眼科医の場合、大学病院に残って研究や教育をすると、年収は1200万円~2000万円程度ですが、研究職に...すべて読む
af9980031371o
眼科医の募集について
眼科医の募集はどのように行われているのでしょうか。各々の病院によって行われている場合もあれば、いわゆる転職をサポートしてくれる運営会社などもあるため、そういった運営会社から眼科医の...すべて読む
af9980023191o
眼科の医師の求人について
最近は日本国内において、医師不足が深刻な問題となっております。そして、少子高齢化も問題の一つとなっております。 こういった点から、今後のお年寄りの特有の病気を治療する医師は必要にな...すべて読む
JU191_72A
眼科医の求人について
近年は、医師不足が深刻な問題となっていますが、眼科医はどうでしょうか。 実際に眼科医の求人は他の科に比べるとやはり、少ないのは事実です。コンタクトレンズを作るにしても、医師の処方は...すべて読む
??????????????
医療現場における現状と外科医の求人について
現在の日本の医療現場では、病院の数は減り、同時に医師不足の状態が続いています。この状態は社会問題化し深刻な状況となっています。 病院は経営難によって破綻していき、その上、卒業後の臨...すべて読む
JU156_72A
医療現場の人材紹介サイト
医療現場の専門の人材紹介サイトというものがあります。利用してみたという方は多いかと思います。なぜなら今医療現場では人材紹介=インターネットの専門サイトを調べるというのが常識となって...すべて読む
JU155_72A
医療専門の求人サイト
今医療現場で求人を探す際、医療専門の求人サイトを活用するのが主流となってきました。それには3つの理由があります。 1つめの理由としては無料で多くの情報を得ることが出来るということで...すべて読む
JU142_72A
医師の転職サイト利用について
一般のサラリーマンが転職するとき、まずは転職サイトや雑誌などを見て次の職種を探しますが医師も同じように転職したいとき、雑誌を見たりサイトを見たりして探します。 しかし、一般の求人よ...すべて読む
af0150022836o
医療関係のバイトを探すなら
医療関係でバイトを探す人は多いのではないでしょうか。医師、看護師、助産師、リハビリ関係、歯科関係、医療事務、医療に関する職種は多いですね。もし、医療に関する資格を持っていれば医療に...すべて読む
JU119_72A
医師が病院でのバイト先を探す手段について
病院でのバイト、すなわち非常勤勤務を探している医師の方も多いと思います。 例えば私の友人の例として「留学予定があり、そのための事前勉強や留学先の言語勉強の時間を確保したい。」とか「...すべて読む
af0150012870l
医師が個人で病院でのアルバイトを探す方法
最近は医師の勤務形態も大きく変化し、かつては「大学病院の医局に在籍して、定期的に人事に応じて各関連病院で働く。」ケースや「病院に就職してその病院でずっと働く。」という常勤医師が中心...すべて読む
af0100012536l
産業医の募集を見つけるのは
近年、企業は常勤として産業医を雇おうとしている働きが多く見られます。それはなぜでしょうか? 労働安全衛生法13条によると企業はどんな場合でも50人以上では1人、3000人以上の従業...すべて読む
JU106_72A
医療従事者の求人情報
現在、医療現場では医師不足や看護師不足が深刻な問題となっています。医療従事者の離職率は、非医療従事者の離職率と比べて明らかに高く、さらに在籍期間にいたっては約半分というデータがあり...すべて読む
af0100012657o
医師に求められる美容クリニックの求人内容
美容クリニックでは健康な身体の患者に施術するので、安全性と仕上がりの美しさを重要視しています。そのため、美容クリニックが求人する医師は外科や麻酔科出身など救急医療に従事して多くの症...すべて読む
xf0635025495o
転職希望の医師が選ぶクリニックの求人情報
医師の方にもそれぞれ事情があり転職を考えている方も多く、クリニックの求人募集を探しているのが現状です。このような場合、闇雲に探すのではなく、まずは転職にいたるまでの自分の動機と状況...すべて読む

全108件中 81〜100件目を表示

1 2 3 4 5 6

無料会員登録はこちらから

おすすめ記事

内科で開業した場合の本当の年収とは

内科の勤務医と開業医 内科の勤務医の皆様は、自分の現在の待遇や年収をどのようにお考えでしょうか。 研修医のうちは、臨床経験を積むので精一杯かと思いますが、ある程度実力が伴ってくると、やはり意識するのは ...すべて読む

皮膚科の開業医が得る年収の本音、直面する理想と現実とは

皮膚科医であれば誰でも考える「開業」 現在、皮膚科医として勤務している方は、必ず「開業」という事を考えることがあると思いますが、皮膚科を開業するメリットとは一体何でしょうか。 開業医となれば、当然、「 ...すべて読む

精神科は開業をすれば年収が上がるのか

精神科医の必要性 医師の中でも精神科医は、ストレスやうつ病が社会問題となっている現在の日本には欠かせない診療科です。研究によると、生涯の中でうつ病になり、病院で治療が必要な患者の割合は、全国民の10人 ...すべて読む

年収と待遇から考える小児科の開業とは

開業医か勤務医か 現在、日本の小児科医、特に勤務医の小児科医に関しては、長時間の労働からくる待遇の問題や、年収の関係で、開業への道を模索する方も多いようです。 では実際に小児科を開業した場合の待遇や年 ...すべて読む

眼科医の収入が高いわけ

眼科医の方は、どれくらいの収入を稼いでいるのでしょうか? 一般的に開業医の方が、売り上げがダイレクトに自分の給料に反映される傾向があります。このため、ある程度の集客を確保できれば、かなりの収入になるわ ...すべて読む

美容整形外科で働く医師の年収

美容整形外科の医師は他の科の医師よりも年収がよいといわれています。外科や内科など他の科に勤める勤務医の平均年収は、大体1200万円から1500万円ほどです。開業医で勤務医の1.7倍ほどの年収であるとい ...すべて読む

開業医としての耳鼻科の年収について

耳鼻科の開業医の状況 耳鼻科は内科や小児科などに比べると、専門性が強い医科になりますので、当然医師の数も他の科に比べ少ないようです。しかし、実際に市場が必要としている耳鼻科医の数には足りていないのが現 ...すべて読む

公立病院の勤務医の年収はいくら?

勤務医は、開業医の反対で医療施設である病院や診療所に勤務する医師を言います。 平成23年6月に行われた医療経済実態調査で中央社会保険医療協議会からの報告によると勤務医の平均年収は約1500万円と報告さ ...すべて読む

脳外科医の年収

脳外科には、頭痛、めまい、頭部外傷、脳血管障害などに悩む患者さんが訪れます。脳神経外科疾患、すなわち脳や脊髄、末梢神経、脊椎などに関する疾患を治療する診療科です。 外科医の中でもとりわけスペシャリスト ...すべて読む

転勤する勤務医の実状

医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ ...すべて読む