整形外科の開業

整形外科の開業時は沢山の高額な医療機器があっても使用頻度が少ない場合もあり、初めから多くを購入する事はおすすめしません。
医療機器メーカーなどの開業に伴う無料支援なども、冒険を伴ってしまう場合もあるので注意しましょう。ご高齢の患者様の待ち時間などを考えても、理学療法士による患者様のニーズに合わせたリハビリテーションの方が、症状を早く改善でき喜ばれるため、経営が上手く行くことも考えられます。

立地条件は、駅の近くまたは広く診療できる郊外がいいでしょう。
駅の近くの場合、徒歩2、3分の歩く距離が少ない建物の一階が好ましいのですが、二階以上の場合は車いすを考慮したスペースの広いエレベーターが必要になります。
郊外の場合はアクセスのいい幹線道路沿いで広い駐車場スペースを確保できれば、その地域の主要な医院として多くの患者様に来ていただくことができるようになります。

整形外科の開業はある程度の敷地面積が必要なのとX線室の工事費や、放射線技師、理学療法士、看護師など様々な人件費も考慮しなければなりません。そこで他の科と比べて資金が割高になる可能性がある上、近年は電子カルテなどのネットワークシステムの導入まで考えると、開業前の段階から念入りな計画を立てなくてはなりません。

さらに、高齢者の多い地域では、医療と福祉を合わせたビジネスを展開したり、スポーツなどが盛んな地域の場合、運動疾患のリハビリケアに重点を置いたり、独自の特徴を明確に打ち出しながら個性的な戦略を打ち出していくことで、よりよい結果を導くことができるでしょう。

医師の働き方」の他の記事を読む

healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む
JU141_72A
医師という職業の未来はどうなるか
転職を考えているのなら 我々医師転職ドットコムでは、先生の専門としている知識や技術を必要としている医療機関を独自のネットワークから調査し、先生方に提供することができます。先生に負担がかかりすぎないよう...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。