そもそも医師の仕事内容とは?

そもそも医師は、毎日どのような仕事内容をこなしているのでしょう?

医療関係に携わっていない人々にとっては未知の世界ですが、基本年収が1,000万円を超えている世界だけに、1つ1つの仕事が大変なことだけは予想が付きますよね。

無論、医師といっても、その科目によって仕事内容も違います。

一般的に知られている分野には、内科、外科、小児科、整形外科、産婦人科、婦人科、眼科、耳鼻咽喉科…などがあります。

他にも心療内科、呼吸器科、消化器科(胃腸科)、循環器科、アレルギー科、リウマチ科、精神科、神経科、神経内科、形成外科、美容外科、美容皮膚、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、気管食道科、皮膚科、泌尿器科、性病科、こう門科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、病理、救命救急(ER)、ICU、NICU、CCU、ホスピス、老人科、健診、検診センター、産業医…と、全部で42科目もあります。

聞いた事が無いような分野もきっとあるかと思いますし、近年では口臭外来科など新たに作られる分野もあります。また、勤務医や開業医、それに常勤、非常勤によっても仕事の内容は違うものです。

基本的には、患者さんの診察や指導、入院患者の往診、手術が医師の仕事内容となります。入院患者がいる大規模な病院になると当直といい、病院に泊まって何かあった場合に備えます。

開業医ならば診察に来た患者のみ対応すればいいのですが、必要な時は紹介状を書いて大きな病院に行くように勧めなければいけません。

時に重要な判断を求められ、知識や経験が問われる世界。誰も頼ることが出来ないというのは医師ならではですね。

医師の働き方」の他の記事を読む

healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む
JU141_72A
医師という職業の未来はどうなるか
転職を考えているのなら 我々医師転職ドットコムでは、先生の専門としている知識や技術を必要としている医療機関を独自のネットワークから調査し、先生方に提供することができます。先生に負担がかかりすぎないよう...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。