開業医は得なのか?

医学部卒業後には、医師としての活躍の場が色々な場所で待っています。大抵の人は、医師となった当初は勤務医としての道を選ぶのではないでしょうか。

その上で、ある程度の年月にわたり勤務医として医師の経験を積み、やがて開業医として自分の病院を立ち上げるというケースも多々ありますよね。では、その人たちはなぜ開業医になるのか?

それは人により理由はあると思いますが、収入面も大きな要因であることは否めません。勤務医と開業医の収入格差は、1.5倍~2倍といわれています。

勤務医の場合は、病院側から毎月貰える額が決まってしまいます。もちろん基本月給のほかにも特別な手当もあるとは思いますが、ある程度限界はあります。

しかし、開業医ならどうでしょうか。患者さんを多く診れば診るほどに病院自体が賑わい、その分自分の年収も高くなるのです。ただし、開業医の場合は、その分責任は重くなります。自分の上には誰もいない、その病院で起きたことは全て院長が最終責任を取る必要があります。それらを考えると、「勤務医の方が楽」と考える医師がいても不思議ではありませんよね。

開業医に向いている人というのは、経営までしっかりと自分で管理できるような人です。とにかく外来ばかり、診療ばかりなどという人にとっては、自信で病院を経営するのは少し難しいかもしれません。

ある程度の経営管理力がないと、いくら腕が良くても患者が集まらずに自分の技術を生かせない可能性もありますから、そのあたりの経営知識は開業前にしっかりと学んでおけるといいですね。

医師の働き方」の他の記事を読む

healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む
JU141_72A
医師という職業の未来はどうなるか
転職を考えているのなら 我々医師転職ドットコムでは、先生の専門としている知識や技術を必要としている医療機関を独自のネットワークから調査し、先生方に提供することができます。先生に負担がかかりすぎないよう...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。