勤務医は辛い仕事

医師の職場は、大きく分けると勤務医と開業医に分かれます。では実際、あなたはどちらが大変だと思いますか?

当然、どちらにもそれぞれ魅力的な部分と大変な部分があって一概には言えませんが、昨今は特に勤務医1人あたりの仕事量がとてもヘビーになってしまっている現状があり。勤務医人材の不足が問題視されています。

勤務医というと、大学病院や総合病院などで働くことですね。なかには個人のクリニックなどで勤務している人もいますが、基本的にクリニックは院長が一人で行っていることが多いです。

勤務医の場合、多くは勤務表に従って勤務をすることとなりますが、患者さんの容態が急変したり、緊急手術が生じたりと、想定外の事態はたくさん起こりますので、それらに対して臨機応変に対応していかなくてはなりません。つまり、まず勤務表のとおりにいかないのが現実なのです。

その結果、残業、残業、また残業というように、勤務時間がどんどん長くなっていきます。これらの劣悪な環境に耐えられずに、勤務医を辞めていくといった事象が切り返されている結果、勤務医不足は悪化していく一方です。

やはり、どこかで勤務医の労働条件を見直さなければ、さらに勤務医不足がエスカレートし、現在働いている医師にますます負担がかかってしまいます。頼れる医師がどんどん減っていくことは、患者さんにとって大ピンチです。

今現在、患者さんのために激務をこなして頑張っている勤務医の負担軽減のためにも、この状態はなんとかしなくてはなりません。医療をもっと発展させていくために、無理なく働ける環境づくりが必要不可欠ですね。

医師の働き方」の他の記事を読む

healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む
JU141_72A
医師という職業の未来はどうなるか
転職を考えているのなら 我々医師転職ドットコムでは、先生の専門としている知識や技術を必要としている医療機関を独自のネットワークから調査し、先生方に提供することができます。先生に負担がかかりすぎないよう...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。