後期研修医は基礎作り

研修医には2段階あり、初期研修医の期間を終えると、後期研修医の期間に入ります。ここで収入がグンとアップをして、おおよそ700万円~800万円はもらえるようになることが多いです。もちろん病院によって差はありますが、初期研修医時代から比べると収入は格段にアップすることになります。

すでに一人前の医師として認められることになりますので、実践できる医療行為の範囲も大きくなります。とはいえ、もちろんまだまだ新人という扱いを受けますので、ベテラン医師と同じようなスタイルで働くわけにはいきません。教わることもたくさんあるでしょうし、吸収することもまだたくさんありますね。

研修医としてメインは、あくまで研修を行うこと。まだまだたくさんのことを学び、たくさんの経験を積むことが責務の基本です。大学の医学部で習えることは、医師に必要なことの机上論です。実際には現場に出てみないとわからないこと、やってみないとわからないことばかりですので、体感しながら覚えていくしかないのです。それを行う期間が研修期間ですね。

医師は人の命を預かる仕事ですので、一般的な仕事よりもずっと研修期間が長いのは、言わば当然のことです。その長い研修期間を活きた時間として使えるかどうかは、その研修医次第。

まずは医師になるための土台をしっかりと作り上げ、先々晴れて正規の医師となれば、平均年収は1000万円を超え、上に行けば行くほどにどんどんアップしていきます。つまり、時間を有効に使えば、結果と年収は自ずと伸びていくということではないでしょうか。

医師の働き方」の他の記事を読む

healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む
JU141_72A
医師という職業の未来はどうなるか
転職を考えているのなら 我々医師転職ドットコムでは、先生の専門としている知識や技術を必要としている医療機関を独自のネットワークから調査し、先生方に提供することができます。先生に負担がかかりすぎないよう...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。