医師の仕事内容は

医師の仕事は、病気の治療やリハビリテーションにあたる臨床医と、大学などで研究をする研究医の大きく2つに分かれます。

研究医の仕事は、まだ解明されていない病気に関する治療法などの研究を行うことです。一方、臨床医の仕事は、直接患者さんを診察して病気の治療やリハビリを行うことになります。

さらに、臨床医には、病院や診療所に勤める勤務医と、自分で医院を開業し経営する開業医にさらに分かれます。しかしどの分野の医師であっても、仕事内容は大変ハードで、休みもほとんどなく過重労働であるといえます。

一般的に、若い医師は大学病院や一般の病院などに勤務し、厳しい労働条件の下で診療にあたっています。勤務医には、当直や夜間診療などもあり、24時間以上の連続勤務などの極めて過酷な労働を強いられます。しかし、多くの医師は仕事に対するプライドが半端なものではありませんし、また人の命を救うという大変責任のある仕事でもあります。ただ、そうではあっても、あまりの激務のために、勤務中に眠気を覚えたことのある医師や、眠気のせいでひやりとした経験のある医師も少なからずいるというデータがあります。医療の安全や、医師自身の健康のためにも医療現場の労働条件をみなおす工夫も必要です。医師というと、収入がよくて頭もよく華やかな仕事のイメージであって、大変名誉ある仕事であるのと同時に、先程述べた労働時間の問題や、また患者や家族からのクレームへの対応、さらに人の命を預かるという大変なプレッシャーやストレスもあり、大変過酷な仕事であるといえます。

医師の働き方」の他の記事を読む

healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む
JU141_72A
医師という職業の未来はどうなるか
転職を考えているのなら 我々医師転職ドットコムでは、先生の専門としている知識や技術を必要としている医療機関を独自のネットワークから調査し、先生方に提供することができます。先生に負担がかかりすぎないよう...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。